« 買い物隊in香港 に注文してみた。 | トップページ | Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その3 PyDMViewer »

2010年1月27日 (水)

Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その2

2010-01-27(水)晴れ、のち曇り

 先日書いた「題記の件」は、概ねスクリプトも出来て、popperさんにお願いしたテストでも動いたとのことでした。1回目のは正規表現の再帰制限に引っかかって修正が必要でしたが、まあ、その件だけでとりあえずは動きました。PyDMViewer(Py Deco Mail Viewer)という名前にしてみました。

 が、、、、これは、余り役に立たないかもしれない、、と思い始めました。何故かというと、、。添付ファイル(att1)になったテキスト本文が取り出せないことが多いのです。

 今日はギターサークルの練習日だったので、そこの友人にお願いしてデコメールを送ってもらいました。docomo -> SBM X02NK という経路です。このatt1が取り出せないのです。

Sscx0587  Sscx0583

 取り出そうとすると、左のように言われて取り出せません。かといって、クリックして開くと右のように化けてしまいます。これで、皆さん苦労されているんですね。

 因みに、先日のテストでテストデータを使わせていただいた PyDecoMail で読んでみました *  が、右の図のように化けていました。結論として、PCのメールに転送しないと読めませんでした。 。設定を調整すると下の画面と同じように読むことが出来ました。取りだして読む、、と言うのは、かなり使用範囲が限られるかもしれません。(*以降、後刻に訂正)

 

Sscx0586

 上の画面は、システムのフォルダから無理矢理取りだした att1 を PyDMViewer で読んだところです。PyDMViewer では、なかでエンコーディングのチェックやHTML部分だけを取り出す処理をしているので、取り出しさえ出来れば読めるのですが、、なかなか難しいものです。

-------------------------------------------------------------------
最終まとめは 「Python スクリプト 雑記」 の 「22.デコ(レ)メールを読む」 にあります。

  

|

« 買い物隊in香港 に注文してみた。 | トップページ | Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その3 PyDMViewer »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/47410108

この記事へのトラックバック一覧です: Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その2:

« 買い物隊in香港 に注文してみた。 | トップページ | Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その3 PyDMViewer »