« st2chを使う(3) エラー対応ほか・編 | トップページ | 台風とギター »

2009年10月 6日 (火)

st2chを使う(4) 定義ファイルとまとめ・編

2009-10-06(火)雨、曇り、雨

 題名の件も最後です。フォントの指定、表示の大きさ指定を定義ファイルでできるようにします。

(1)定義ファイル名変更、元のst2chと別にするため、定義ファイルを st2ch_m.conf と
  します。

(2)定義ファイルへの追加内容

の2点です。
 

(1)定義ファイル名変更のための変更部分
-----------------------------------------------------------------
定義ファイル名を変更

    def confread(self):
        try:
            f=open('e:\\python\\st2ch_m.conf','r')    #*01
            fData=f.read()
            f.close
        except:
            return
-----------------------------------------------------------------
 

(2)定義ファイル(st2ch_m.conf)への追加内容
-----------------------------------------------------------------
FONT_TPL=heisei Kaku gothic S60, 22, 17
ENTER1=0x000d
ENTER2=0x000d

-----------------------------------------------------------------

FONT_TPLの説明:

FONT_TPL=フォント名、高さ(ピクセル)、フラグ

です、高さ指定を変えると文字の大きさが変わります。フラグの数値「17」は
FONT_BOLD と FONT_ANTIALIAS のOR指定です。それぞれの数値を加算した数値を指定します。(1+16=17) 数値は、ここの最後に貼り付けた定義ファイルの中を見て下さい。多分、フラグの指定は変える必要はないと思います。

高さ指定を変更したら、HABA、GYOU、MOJI等の数値を調整する必要があります。

まとめ:

 今まで分けて書いてきた変更内容がまとまって書いてあるリストと、5800XM用の定義ファイルの例を貼り付けておきます。st2ch_m.py そのものを貼り付けて良いのかどうか不明なので、それは載せていません。変更部分リストで見て下さい。 
 作者の方に許可を戴いていたので、後日アプリのファイルを貼り付けました。説明テキストがないので、4回の記事を参考にして下さい。

----------------------------------------------------------------
「chnage_list.txt」 変更部分のリスト
「st2ch_m.conf」  5800XMで使用している設定ファイル

「st2ch_m042.py」 」 アプリケーションファイル
-----------------------------------------------------------------

 読みにくい記事におつき合い下さって、ありがとうございます。

 

|

« st2chを使う(3) エラー対応ほか・編 | トップページ | 台風とギター »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/46414186

この記事へのトラックバック一覧です: st2chを使う(4) 定義ファイルとまとめ・編:

« st2chを使う(3) エラー対応ほか・編 | トップページ | 台風とギター »