« st2chを使う(2) フォントと表示の大きさを弄る・編 | トップページ | st2chを使う(4) 定義ファイルとまとめ・編 »

2009年10月 5日 (月)

st2chを使う(3) エラー対応ほか・編

2009-10-05(月)曇り、雨

 本来やりたい(変更したい)内容は、前回までの2回で終わりですが、後はエラーがまれに出るケースなどへの対応です。

(1)LandScape 表示の時に、まれにエラーになるのを防ぐ。

(2)Nokia 5800XM でBlueTooth KeyBoard を使っているとき、メニューからBookmark
  を選択したときに表示が変わらない(ブックマークリストにならない)のを対策する。
  X02NKでは問題がない。

の2点です。(1)についてはbuzzafiさんのサイトにも報告済みです。

・変更部分のリスト

(1)
Nokia 5800XM でBlueTooth KeyBoard を使っているとき、メニューからBookmark を
選択したときに表示が変わらない(ブックマークリストにならない)のを対策する。
X02NKでは問題がない。

canvas=appuifw.Canvas(redraw_callback=lambda rect:window.draw_state())
のredraw_callbackが、Nokia 5800XM ではうまく動かないときが有るのかもしれない。
(BT KeyBoard やドライバとの関係もあるかもしれない。)

-------------------------------------------------------------------------

    def state4(self):
--
        appuifw.app.title=unicode("Bookmark")
        self.bookread()
        #need for 5800XM, because "redraw_callback" doesn't work in 5800XM
        self.draw_state()     #*01

-------------------------------------------------------------------------

(2)LandScape 表示の時にエラーになるのを防ぐ。

-------------------------------------------------------------------------
    def draw_state(self):
--
        #Board Title
        elif self.status==1:
            dsA=self.BDstaNo
            dsY=0
            
            if self.BDexp>=0:
                canvas.rectangle((0,0,85,800),fill=0xAAAAAA)
            else:
                canvas.rectangle((85,0,800,800),fill=0xAAAAAA)
            
            dsB=0      #*01
            
            while dsY < self.GYOU:
-------------------------------------------------------------------------

 現状は、この内容までを入れて使用しています。

 

|

« st2chを使う(2) フォントと表示の大きさを弄る・編 | トップページ | st2chを使う(4) 定義ファイルとまとめ・編 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/46402845

この記事へのトラックバック一覧です: st2chを使う(3) エラー対応ほか・編:

« st2chを使う(2) フォントと表示の大きさを弄る・編 | トップページ | st2chを使う(4) 定義ファイルとまとめ・編 »