« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

台風とか選挙とか不注意による怪我とか、、元気でない

2009-08-31(月)雨、曇り/台風

 台風は、夜になった今も千葉より東北側は大変らしいですが、幸い当地(神奈川の山側)は、多少の風と雨で済んだようです。夕方は傘をさして散歩もできました(雨も殆ど降っていなかったし、風もありませんでした)。
 それより大きな風は、昨日の衆議院議員選挙の結果ですね。

 まあ、個人的に何処に投票とか結果がどうとか言うのは、ここのブログでは考えていないので触れません。が、民主党も、今まで苦労してきた量より、これからの1年の方が大変で正念場でしょうね。マニフェストは、目の前に(政権という)人参がぶら下がったため浮き足立って、あれもこれもとばらまきを入れた感がありますが、これからは本当に結果まで考えて実行して欲しいものです(実行して欲しくないものもあるけど)。まあ、今後の日本のため、国民のために頑張って欲しいものです。

 数日前の新聞で読んだ話ですが、「勝ちは6分の勝ちでよい、8分、9分の勝ちは要らない。大勝ちは大負けの下ごしらえなり」と言った武将がいるとか(武田信玄だったか)。4年前の自民党がそうだったかもしれません。過去に学んで気をつけたいものです。

 今日は、余り元気が出ないのでこの位かな。、、、と言うのは、昨夜選挙結果を見ながら夕食を食べていて、食べる方に不注意になった瞬間に舌をかんでしまいました。夕食を始めたばかりなのに血がなかなか止まらず慌てました。一瞬、救急車を呼ぼうかと思っちゃいました。何故かというと、最近は足の治療のため、血が固まりにくくする薬を飲んでいるからです。止まらなかったらどうしよう、、、、(怖)。
 その昔、風邪をひいて咳をした瞬間に鼻血が出て止まらなかったことを思い出しました。2日目も止まらず、休日だったので友人に救命救急センタにまで連れて行って貰いました。その時は、家のごみ箱は真っ赤になったティッシュで一杯でした。仮治療をして貰い帰りましたが、まだじわじわとでて次の日、救命救急センタで紹介して貰った先生のところへ行って、やっとなんとかなりました。都合、3日間止まらなかった訳です。

 鼻は、気をつけないと粘膜や血管が傷つきやすいので注意が必要です。私がよく、鼻をすすり続けている人に言及するのは、そういう点もあるからです。

 さて、昨夜の件ですが、それだけで直ぐどうこうなるわけではないのですが、怪我や病気をすると気が弱くなるものですね。因みに、昨夜の結果は30分後に止まって、食事も食べにくいけど、まあ食べてます。でも、良く噛まないから胃に負担がかかっていそうです。食べるより喋る方が大変です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

SymPlayer : Music Player

2009-08-30(日)晴れ、曇り(一時雨)、晴れ

 今日はギターサークルの休日練習の日でした。出かける前に凄い雨が降ってきたので嫌だなあと思っていたら、でる直前に晴れてきたので助かりました。先生が来られる日なので、半日みっちりと練習です。

 そんな訳で、今日もSymNCの続きです。
 SymNCにはMusic Player も入っています。単独のアプリで言うと SymPlayer です。Player 機能としては、通常のMusic Player と同じですが、ひとつ違うのは携帯電話のフォルダのものも、ネットワーク先のフォルダのファイルも再生できます。

 Sscx0551  Sscx0550

 左のようにローカルでもリモートのフォルダ、ファイルでも選択してからメニューの「音楽再生」を選択すると、右の画像のように再生が始まります。

 単独アプリとして SymPlayer をインストールした場合の事は分からないのですが、SymNCは全て入りなので、合わせての操作性は良いかもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

SymNC 携帯電話の選択を間違えたかな、、

2009-08-29(土)晴れ

 昨日書いた SymNC の件、ひとつ持っていたライセンスは 5800 XM 用にして 5800 XM にインストールしたモノでした。S60 3rd 5th Edition の方が試し甲斐がある、、と思ったわけです。S60 3rd 5th Edition 専用のアプリもありますし(SymRDP)。

 入れてから気がつきました。まずったかな、、と。 5800 XM だと日本語メニューでは入らないのです。5800 XM は中国語/英語バージョン(香港版)ですし、Symシリーズは中国語ローカライズはされていないですから、英語版で入ってしまいます。
 これでは、日本語メニューのチェックができない、、、。チェック用に貰ったライセンスなのに、、、(大汗汗汗)。

 と言うことで、急遽N95にインストールしました。(ライセンスをもう1個貰いました。フィードバック事項をフォーラムにも投稿しているし、事情を話したら、快く了解してくれました。)
 使ってみると、、日本語がおかしいわけではないが、直した方が良いのかな、、、と思うところもあります。リストの方で直すと、何処と何処に影響するか分からないから難しいんですよね。最悪は画面のスクリーンショットでフィードバック原稿を作ることになりそうです。

 日本語版の画像をいくつか、、。

Sscx0541  Sscx0543

 左は最初のメイン画面、右は設定の中です。日本語になっていますが、全角だと字数が少なくなるから苦しいですね。かといって、半角カナは使いたくないです。
 左の「近くのネットワーク」は、カーソルをそこに動かすと左右に動いて全部を表示しますが、右のアイコンの下の文字は表示されないから、ちょっと分かりにくいかもしれません。

Sscx0546_2 

 メニューの中です。

 さて、ネットワーク・ファイル・ブラウザの中で、便利な機能に気がつきました。それはサーチというかフィルター機能です。

Sscx0547  Sscx0548

 左はフォルダが全て表示されています。ここで文字を入力すると、その文字から始まるフォルダ、ファイルだけが表示されます。

Sscx0549

 文字は日本語でも対応しています。ちょっと便利かな、、と思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

SymNC (Network Commander)  は、全て入りのアプリ

2009-08-28(金)晴れ

 無線LANに携帯電話をつなぎたい方のアプリ SymSMB は以前、権利関係の問題があってからは今でも購入できないのですが、代わりになるアプリがそろってきました。

 以前、「SymSMB の代わりに SymNAS」でも書いたとおり、無線LANでつなぐためだけならSymNASですね。ファイル/ネットワークブラウザ機能は無くなり、無線LAN につなぐ機能だけですが、通常はそれで充分なようにも思います。

 さて、そんな中で telexy.networks のアプリ全て入りのアプリが
   SymNC (Network Commander)です。

 ライセンスを取得してからまだ使ってなかったのですが、今回インストールしてみました。まだ、無線LANにつないでみただけで使いこなしていないのですが、見た目の紹介だけ、、書いてみます。

まず、WEBでの紹介文によると

SymVPN : PPTP VPN client.
SymNAS : Transform your S60 phone into the Wireless Network-Attached Storage.
SymRDP : Symbian Remote Desktop Connection Client for S60 5th edition.
SymSync : Easy file synchronization between mobile phones and network computers.
SymPlayer : Play your MP3 files from any network location on your S60 phone.

SymNC : Network Commander All of the above PLUS Network File Browser.

 上記全部とネットワーク・ファイル・ブラウザと言うことでしょうか。
 

Scym0012  Scym0013

 左の画面の一番右下がSymNCのアイコンです。起動すると右のようになります。従来のファイルブラウザとコントロールパネルが一緒になったような画面です。

 Network を開くと、LAN上に接続している他の機器が(Settingで接続を設定していて、相手側が共有を設定していれば)見えます。
 

Scym0014  Scym0015

 左はファイルブラウザ機能です。Touch サポートになったので、スクロールバーが出ます。右はSetting の内部です。設定は、以前(SymSMB)に比べて、かなり簡単になっています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

Python 携帯電話同志のBlueToothシリアル通信

2009-08-27(木)晴れ

 携帯電話同志の、BlueTooth経由シリアル通信が(半分は)できたのですが、半分は挫折しています。

 大分前に、ゴトウさんのブログ「けいたいごっこ」の「S60におけるPythonでのBluetoothシリアル通信」と題した記事でBTシリアル通信のスクリプト例を拝見しました。

 これは携帯電話がクライアント側で、PC(のハイパーターミナルなど)との間でBT経由でシリアル通信を行うものです。これを見て、携帯電話同志で通信したら、何かアプリができるのでは??と思い試してみました。その時は、何も知らない状態なので失敗しました。

 で、socketモジュールの仕様を読んだり、WEBで例を探したりして、またずっとテストをしていました。

WEBでは、ずばりの例がありました。以前、FTPでもお世話になったサイトです。
  → 「Python for Series 60 tutorial

 お二方のスクリプトをみて、自分のテスト用にしたものが下記のスクリプトです。

   「BT_Test_Server.py」
   「BT_Test_Client.py」

 これで、動くようになったのですが、動かないケース(機種)があるので、道半ばです。まずは動いた画像を、、。

Sscs0219_2  Sscs0218  Sscx0540

 一番左はサーバ側、接続完了画面です。完了すると真ん中のようにウインドウが出るのでアルファベットを入力します。右はクライアント側で、その入力したテキストを受信して表示したところです。これで、両方ともスクリプトは終了します。

 で、動かないのは新しめの携帯電話を使ったときです。自分のテスト用をグループ分けすると下記のようになります。

旧グループ: 705NK、 5700XM (注1)
新グループ: X02NK、 5800XM
  注1:旧はS60 3rd、新はS60 3rd FP1以降でしょうか。なお本来、5700XMは新しいと思うのですが、これは日本語バージョンで、年月日を見ると大分前の年月日なので古い方にはいるのかなと思っています。

 使用したPython S60 はVer 1.4.4 と Ver1.4.5 です。

このテスト結果をまとめると下図のようになります。

Bt_test01

 即ち、旧グループがサーバ側になったときは動くのですが、新グループがサーバになるとクライアント側の新旧に関係なく動かないのです(クライアント側がPythonごとダウンしてしまう)。

 現象:クライアントが socket.bt_discover を実行してBlueToothがつながったときにPythonごとダウンしてしまう。サーバ側のスクリプトは起動してあっても、なくても関係なしです。

 と言うことで、ここでダルマ状態(手も足も出ない、、と言う意味です、ハイ)です。

 下の図は各組み合わせのテスト結果です(自分のメモ、、というかファイルの格納のためです、図書館からも見られるように、、、)。

Bt_test02_2

  凡例: 機種名の欄  705NK  ← 機種
                 (144)   ← Python S60 のVer

      テストモジュール欄  rfcomm 「Python for Series 60 tutorial」のモジュール
                   空白   自分のモジュール

      C :クライアント側
      SV:サーバ側

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

サルスベリの花と白足袋さん

2009-08-26(水)晴れ、後曇り

 今日も夜はギターサークルの練習です。練習に行く前に時間調整で、運動公園内を歩いていて2枚ほど写真を撮ってみました。

Dscx826a

 若干、時期を過ぎてしまいましたが、あちらこちらにサルスベリの木の花が咲いています。昔は、何の木か、どういう花か、、などと気にしなかったのですが、最近は木谷は野分にあるプレートを覗き込むようになりました。

Dscx827a

 こちらはいつもたむろしているうちの一匹です。写真の左側に立っている小さな女の子が頭を撫でていて立ち上がってしまったのですが、お座りしていると、、、。

 昔、会計や出納の窓口で、算盤を持って腕に黒い腕カバーをしている親父さんの腕にそっくり、あと手(足か)の先だけ白いので、白足袋さん、、。思わず、笑いながら写真を撮っていたら「何だよ~」というように睨まれてしまった(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

かな漢字に変換 PyR2KKJ を 001_1 に更新しました。

2009-08-25(火)晴れ、後曇り

 ローマ字をかな漢字に変換...の PyR2KKJ を 001_1に更新しました。

 今回のメインの変更は、変換途中のテキストを保存するときに、変換済みと未変換の間にデリミタを記憶させるようにしました。これにより、次ぎにオープンしたとき未変換部分から変換できるようにしました(あまり使い道はないんですが、、、(苦笑))。

 モジュールは例によって「Python スクリプト 雑記」の「18.ローマ字をかな漢字に変換 PyR2KKJ」に載せました。

変更来歴より:

 ・Save -> Save mid file で変換途中のテキストを保存する場合、変換済みと未変換
  の区切りにデリミタを入れるようにした。これにより、再度オープンした時に未変
  換の部分から変換開始できるようにした。
 ・ローマ字変換テーブルに「jji」「ddi」「zzi」を追加した。

Sscs0215  Sscs0216

左が変更前です。変換途中で保存したファイルを開いても、先頭から変換対象になります。右が新しい方です。保存したときの続きから変換に入ります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

消えたカラタチの木

2009-08-24(月)晴れ、一時雨、曇り

 いくつかの散歩道のうちのひとつに、色々な木があるルートがあります。久しぶりに歩いたルートで気がつきました。消えたカラタチの木、、、。

Dscx804a

 綺麗に手入れされた畑、、以前は結構草が茂っていたりして、この写真の真ん中あたりにはカラタチの木が生えていました。残念ながら整理されてしまったようです。生涯で見た2本のうちの一本だったのですが残念でした。(最初の一本は育った田舎の家の裏にあったやつです。)最近は整地されると、いつの間にか宅地になったりするので、ここもどうなるのかと思いつつ見ています。

Dscx821a

 上の写真の右の方にはクルミの木とかもありましたが、今はやはり無くなっています。でも、その隣にあったのはグミの木のようです。高さ4M位ありそうな大きな木です。こんな大きなグミの木は、やはり生涯でみた2本目です。一本は、やはり育った田舎の家の西の畑の脇にありました。確か、夏の終わり頃には(小学生の頃)何人も登ってグミの実を食べた記憶があります。

 見たら、この木の葉っぱには沢山の蝉の抜け殻ありました。あっちの葉にもこちらの葉にも、、という感じです。

 
Dscx805a

 その先では、、大きな畑だったのが半分にされて左側は宅地に変わりつつあります。毎年、落花生が作られていた畑で、何回も写真を撮ってはブログに載せてきたのですが、、、。

 あっちもこっちも宅地になり、マンションも一杯出来ていますが売れるのかな、、と思ったのですが需要はあるのでしょう。団塊の世代の子供達が家を買う時期ですし、昔なら3世代で一軒だったのが最近では世代毎に一軒、いや一人ずつ一軒かもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

X02NK 再起動その後、と電池の持ち具合

 昨日、東京有明ビッグサイトにゆくときに3台ほど携帯電話を持ってゆきました。再起動の件を確認するためです。

(1)X02NK(ファーム更新の修理済み)+SBM SIM
(2)705NK(ファームは昔のまま) +SBM SIM
(3)5800XM + 香港「3」 SIM

 新宿、東京、新橋、有楽町など、以前だとかなり再起動していたポイントを廻ったのですが、(1)~(3)とも、一度も再起動していませんでした。

 X02NKのファーム更新は効果がありました。また、705NKは元々再起動問題に強いようです。この結果、705NKはこのまま、修理に出さないで使用する予定です。

 というのは、、X02NKですが、修理から戻ってからは電池の持ちが悪いような気がします。今までですと5~6日くらい持っていたのが、3日持たない感じです。ファームの対策というのも、判定ロジックが良くないから変更した、、というよりRFとか通信の制御部分を変更したとかで、電力を余計に消費するようになったのか?などと思ったりもしています。電池の持ちについては、705NKとの差が益々開いてしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2009 続編

2009-08-23(日)晴れ

 昨日のハムフェアの話題の続き、載せられなかった写真を2~3枚です。

Dscx812a

 昨日は色々言いましたが、やはりまだまだ自作して楽しむ方も多いです。上の写真は、自作コンテストの入賞作品です。自作するにはかなりのエネルギーが必要ですね、こうやって自作している方には頭が下がります。

 

Dscx815a

 こちらは「電気の散歩道」の展示のひとつです。「電気の散歩道」は色々な実験の展示です。例えばコイルに磁石を出し入れして、発電できることを目に見えるようにするとか、子供さんを科学好きにしそうな内容です。

 上の写真はマルコーニ時代の、火花による送信とコヒーラ検波器を使った受信機の模型です。コヒーラ検波器なんてみるのは2回目くらいでしょうか。

 

Dscx825a

 どのブースでもジャンク品とか小物品とか真空管とか、色々なものを販売しています。今回買ったもの、小型の直流電源によるファンです。金100円也、暑い日にノートPCを使うときPCの下に風を送るのに使おうかと買ってみました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

ハムフェア2009

2009-08-22(土)晴れ

 今日も暑い一日でした。そんな中、有明のビッグサイトまで行ってきました。新橋からゆりかもめに乗ると、駅入り口から凄い混雑です。電車の中では、お台場駅は超混雑なので手前の海浜公園駅でお降り下さい、、とアナウンスしています。確かにお台場駅は、電車からみているとレミングの大群の行進のように見えました。

 何があるのか、、うっかりしていました。お台場駅の先で林の向こうに見えたモノで気がつきました、ガンダムです。

Dscx806a

 ビッグサイトに向かうところも混雑しています。何でかなあ、、と思ったら、ここもいくつもの催しをやっているからでした。4つぐらいの看板が出ていました。

 私の目当てはこちら、アマチュア無線です。

Dscx809a

 こんなの(下)もあったので混んでいたんですね。ガンダムでした。どうりで、お台場もここも子供連れが多いわけだ。お父さん、お母さんも大変そうでした。ま、子供がにこにこして色々話していたから、親も嬉しそうでしたが、、、。これが、8年後ぐらいには「親父と一緒は嫌だ、、」などと突っ張る年代が来るとは、、、、何も言うまい(笑)。二十歳を過ぎるとまた、親父と一緒に酒を飲んでわいわいやるんでしょうが、、。あ、本題からそれちゃった。

Dscx810a

 肝心のハムフェアも賑わっていました。

 こちらはJAIA(日本アマチュア機器工業会)の出典です。以前に比べると会社数は少ないような気がします。

Dscx813a

 それにしても、最近の機器は進歩しすぎて中身が分からないから、興味が湧くか難しいところです。手探りで機器を作って、何処まで電波が飛ぶのか、、という事ができた時代は探検の時代です。大変だけど自分の手で色々できたから(それも世の中の先端の部分で)楽しかったのかもしれません。電話も満足にない時代ですから、遠くと話ができる、、何となく夢がありました。

 今は、IC1~2個でだって機器は(簡単なモノなら)できてしまうし、、。みんなの手元に電話機だってありますからねえ、、。

 でも、皆さん色々なところに楽しみを見つけているようです。今でも、昔と同じような機器を自分で作って楽しんでいる人もいます。メーカー製と同じ機器を作る必要もないわけですから。

 こちらは色々なクラブの出展です。地道に楽しんでいるわけですね。

Dscx814a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

X02NK 無事復帰

2009-08-21(金)晴れ

 X02NKを修理に出してから、3週間ほど705NKを使用してきて、大分手に馴染んできました。電池の持ちも良いですし、電波のつかみもいいし、モノブロックの携帯は安心感があります。ただ、カメラに関してはX02NKの方が使いやすいようです。

 ということで、一昨日修理から戻ってきたX02NKの本格的な復帰作業を行いました。

Sscx0538

 無事、戻りました。

(1)メモリカードにバックアップしてあったものを戻すと、アプリも戻りますが全部ではありません。戻らないアプリもあります。また、既に使っていないアプリの残骸なども戻ってしまいます。アクセスポイントの設定は戻りません。また、AllFiles化は復元できないのかな。インストールしてあったものも、一部しか戻りませんでした。

(2)再度ハードリセットして、PC SuiteでPCにバックしてあったモノを戻しました。が、全ての項目を選択して戻したら(1)と同じです。

(3)結局、もう一度ハードリセットして、PC SuiteでPCにバックしてあったモノを戻したのですが「User Data」は除外しました。アプリも一部のモノが復元され、設定やメールなども復元されますが、ゴミ類は余り入らないようです。この状態から、アプリをインストールしてゆきました。復元されないアプリも何らかが残っているようです。インストールすると、元々あったフォルダに現れてきます。

(4)AllFiles化は、HelloCabideをファームウエアのV21用にすれば、以前と同じ手順でできました。

 上記の(3)で復元されたアプリが10個くらい、残りの30数個は一つ一つ入れました。やはり、結構面倒ではあります。

Dscx802a

 こんな風な紙を使用して作業してゆきます。アプリの管理表と、下の2枚は復元作業時にやったことを記録していった紙です。記憶でやってゆくと、引っかかった時にチェックするのが大変です。あと、数個残っていますが、今までの日常と同じに使用するには問題なくなりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

みんな青春、青春18きっぷ、、

2009-08-20(木)晴れ

 駅前の本屋の前を通ったときに、ふと寄ったらこんな本が目について買ってしまいました。

 ああ、青春、、、いくつになっても青春だあ~(笑)。人生も、青春、朱夏、白秋、玄冬で言えば、白秋のあたりですが、気持ちは青春です。

Dsc02509a

 ところでこれ、以前は、てっきり未成年の方のためのものだと思っていました。友人(会社の同僚)がよく使っていて、別に未成年限定じゃないと教えてくれました。友人は、実家とかに帰るとき、よく利用していたようです。普通とか快速しか乗れないから、速く行きたいと言う方には向かないですが、ゆっくり旅を楽しみたいという方には良いかもしれないですね。

 これを読んで、今度使ってみようかと思っています。まあ、なかなか使い方は難しいですが、、、。(注)

 注:難しいというのは、最近JRもなくなったり、途中で第3セクターの路線しかないようになったりしているところも多いからです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

X02NK帰還、、

2009-08-19(水)晴れ

 再起動の修理に出していたX02NKがようやく戻ってきました。ハローnokiaに電話したら、「X02NKについてはSBMにお問い合わせ下さい」ということでした。で、いつものショップに電話したら折り返し、修理完了して届いていますとのこと。速く電話して欲しかったなあ、、。

で、受け取ってきました。が、まだ電源が入って電話がかけられるかどうかの確認しかしていません。ギターサークルの練習があって何もできていませんが、これから、色々と試してみないといけません。環境も、バックアップによって何処まで戻るか、興味あるところです。

 肝心の再起動については、東京へ行くまで確認はできないですね。こちらも興味あるところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

律儀な花?とか猫じゃら(猫じゃらし)とか、、

2009-08-18(火)晴れ

 庭の雑草、何とかしなければ、、などと思いながらみていたら、律儀な花に気がつきました。

Dsc02506a

 毎年、夏になると顔を出す、山百合でしょうか。弘法山に登ると、裏側の山道でよく見る花です。植えたわけでもないのですが、ここともう1カ所の2本、必ず顔を見せてくれます。風で種が飛んできたか、家の土台の盛り土に紛れ込んできたか分かりませんが、暑いねえ、、と言いながらみています。

 まあ、考えようによっては雑草(と言う名の草はないから失礼な言い方だけど、、)も花も一緒なんですが、やはり花の方が良いかな。裏の家(同じ時に開発し家を造ったところ)にも、2本ぐらい顔を出しています。やはり、盛り土に入ってきたのかなあ。

Dsc02508a

 で、肝心の雑草の方ですが、今年も猫じゃらしが一杯です。猫がいれば、これで遊ぶのですが、、。昔は良く、これで猫と遊んだものです。これを動かすと、ちょろちょろ動く動物に見えるから、猫も結構本気になって追っかけたりしてね。楽しかった記憶があります。

 、、なんてこと言ってないで、何とかしないとなあ。空き家か幽霊屋敷に見えてもいかんですしね(大げさ)(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

BlueSoleil の落とし穴

2009-08-17(月)晴れ

 先日、モバイルプラザまで足を伸ばして購入してきた「BlueSoleil付きBT USB Dongle」
を使用してみました。すんなりと動いて、使いやすかったのですが落とし穴がありました。 
 BlueSoleil 6 はPC Suite と一緒に動かないのです。WEBを見たら、あちこちに書かれていますね。「Nokia Japan のここ」を見ると、少なくともBlueSoleil 5.0.5 では動くようです。WEBにも経験談が書かれていました。(但し、現在販売しているのはBlueSoleil 6です。)

 結論としては、現在は(PC Suite も使うPCでは)MicroSoftのBT スタックで使うことにしました。PC Suite を使わないPCでは(BlueSoleil 6のファイルブラウザが使いやすいので)BlueSoleil 6を使うことにしました。色々と勉強になりました。

 今まで動かないと悩んでいたシリアル通信はすんなりと動いたので、これを使い続けたかったのですが、PC Suiteが動かないと困るので仕方がないですね。
 なお、今まで動かないと悩んでいた、MSのスタックでのシリアル通信は、設定が足りなかっただけと、判明しました。

(1)BlueSoleil 6 と PC Suite の競合

 BlueSoleil 6 だけ立ち上げた時は動いていますが、PC Suite を立ち上げると双方がスタックして、両方とも動かなくなりました。(BT)スタックがスタックして動かない、、って笑い話にもならないなあ。

(2)BlueSoleil 5.0.5

 BlueSoleil 5.0.5 を入れてみました。これは、(BlueSoleil  と PC Suite )両方とも動きました。但し、BlueSoleil 5.0.5 のライセンスがない場合は、これを入れるのは考えた方が良いです。BlueSoleil 5.0.5 はライセンスがないと評価版と言うことで5MBまでの転送しかできません。しかも、アンインストールしても、その後アダプタ付属のBlueSoleil 6を入れても「評価版なので5MBまでしか使用できません」と言われます。BlueSoleil 5.0.5 は既に購入もできませんし、どうやったら解除できるのか、今のところ不明です。(注1 一番下に追記)

(3)東芝スタック
 これも入れてみました。すんなり動き、PC Suite も共存できました。しかし、シリアル通信が動かないし(設定関係が分かりにくくて手が出ていない)、インストールしただけでUSBポートが8ヶも増えてしまい、USBポート関係が訳分かんなくなっちゃっています。このため、シリアル通信を調べるのも大変です。たしか、こういう点が嫌で使わなかったことを思い出しました。結局、アンインストールしました。

(4)結論

 結局、MicroSoftのスタックが、一番すっきりしていて、かつPC Suite も問題なく動いています。以前、動かなくて困っていたシリアル通信は、ポートの追加をしていなかったためでした。
「タスクバーのBTマーク → BlueToothの設定を開く → COMポートタブ → 追加」 でポートを追加したらすんなりと動きました。

 結果としては、あれほど避けていたMSのスタックが一番使いやすかったという、落語の落ちのような話でした。
 また今回のPCは、BlueSoleil の「評価版なので、、、云々」が消えなくなったので、今後ともBlueSoleil をインストールすることはなさそうです。

 注1:BlueSoleilのサイトのここによると、バンドルは1.x/2.x/3.x/5.x までみたいですね。解除するには6を買うしかないのかな。いずれ、必要になったときに買うことにします。メールして聞いてみようとも思っているのですが、面倒かな、、あ、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

Filebrowser 002_2 と PyMyeditor 001_3 に更新しました。

2009-08-16(日)晴れ

 先日の「Python(失敗事例) execfileでの変数スコープ」で書いた問題対応のため、Filebrowserを更新しました。合わせて、拡張子連動で使うPyMyEditorの起動を速くするように変更しました。

 PyMyeditorを最初の1回だけimportして使うので、テキストファイルを開く2回目以降は、かなり速くなります。

 この起動を速くするために、PyMyEditorの方も若干変更しました。組み合わせて使う場合、Filebrowserが古い場合はPyMyEditorは新旧どちらでもOKですが、Filebrowserが新しい場合はPyMyEditorも新しくする必要があります。(PyMyEditorが古いと、Filebrowserから起動した場合は設定ファイルの読み込みができません。設定ファイルを使わない場合とか、単独で起動する場合は問題ありませんが、、。)

モジュールは「Python スクリプト 雑記」の「12.簡易ファイルブラウザ」、「17.簡易テキストエディタ PyMyEditor」に載せました。

簡易ファイルブラウザ Filebrowser 変更概要(002_2):

 ・拡張子連動で使うエディタが「PyMyEditor」であれば、最初にimportして使用するようにしました。これで。テキストを開くのが速くなりました。PyMyEditor はバージョン 001_3 以降が必要です。

 ・グローバル変数名を、他のスクリプトとだぶらないように変更しました。(Aboutでみたスクリプト名やバージョンが間違うことがあるのを対策しました。)

 ・sys.path 内でc:\python\lib や e:\python\lib がどんどん増えないように検索してダブりを削除するようにしました。

簡易テキストエディタ PyMyEditor 変更概要(001_3):

  ・他のアプリから、importで実行できるよう対策しました。(設定ファイル読み込みをmainモジュールからrunモジュールへ変更した。)

  ・ファイルをオープンした時そのディレクトリを記憶するようにして、その後のファイルオープンのデフォルトディレクトリにするようにしました。

  ・Aboutのcopyright表示を短くしました(queryウインドウに収めるようにした)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

8月15日の行事

 今日は8月15日、ですね。8月15日、、ということで話し出せば100人100様の意見があると思いますが、ここではその話ではなくて今夜行われるであろう行事の話です。

 文化会館の横を通ったら、こんな準備をしていました。

Dscn0252a_2

 ペットボトルを切った中に水を入れて、そこにキャンドルを浮かべてあります。夜になったら火を灯すのでしょう。子供達が並べていました。書いてあるのはTANZAWA(丹沢)とか、音楽関連の絵柄とかが多いでしょうか。

Dscn0254a

 これは、、、、そうです、ト音記号ですね。他にもオタマジャクシ(音符の事ね)とか書いてありました。子供達が一生懸命にデザインして並べているのでしょうか。

 こういうのを見ると、戦争でなくなった方や、当時苦労した親や伯父さん達のことが思われたり、そして今こうしていられる平和のありがたさが身に染みます。
 朝、学校へ行った子供達が戦火で返ってこられないかもしれない、、なんて心配はないですが、世界にはそういう国が沢山ありますから、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BlueToothアダプタのBTスタック

2009-08-15(土)晴れ

 昨日、新宿や秋葉原まで足を伸ばしたのは別の理由もありました。それは「BlueSoleilが添付されたBlueTooth アダプタ」が欲しかったからです。

 家で使っているPCのアダプタが古くて、500KBPSしか出ない仕様なので新しくしたかったのです。で、WIN2000の持ち出し用PCで使っているBlueSoleil付きのアダプタが使いやすかったから、同じものにしようと思いました。それは、スタックがBlueSoleilです。
 実は、Tohshibaスタックのが棚にあるのですが、使いにくいのでお蔵入りにして、BlueSoleil添付のアダプタにした記憶があります。何が使いにくかったのかは忘れました。

 しかし、今売っているのはみんなTohshibaスタックになっていますね。WIN2000 PCで使っているのはBT-MicroEDR1xですが、今はTohshibaスタックになっています。最近は、パッケージに書いてないので分からないですが、WEBでマニュアルをダウンロードしてインストール手順の図を見てチェックすると、下記のとおりでした。

会社 型名 スタック 備考____
BUFALO BSHSBD02 Tohshiba
BUFALO BSHSBD03 Tohshiba
コレガ CG-BT2USB01 Tohshiba
コレガ CG-BT2USB02 Tohshiba
PLANEX BT-MicroEDR1x Tohshiba 注1
PLANEX BT-MicroEDR2x Tohshiba 注1 
PLANEX BT-MiniEDRW Tohshiba
サンワサプライ MM-BTUD22 Tohshiba
サンワサプライ MM-BTUD23 Tohshiba
10 サンワサプライ MM-BTUD11 Tohshiba
11 Logitec LBT-UAN01C1 Tohshiba
12 Logitec LBT-UA400C1 Tohshiba
13 IO DATA USB-BT21 Tohshiba
14 Princeton PTM-UBT5 Tohshiba
15   ? BlueTooth USB Dongle BlueSoleil 注2

 注1:以前はBlueSoleilだった。最近変わったみたい。
 注2:
モバイルプラザで購入

 秋葉原を歩き回って、最後にモバイルプラザで見つけました。とりあえず、昨日の目的は達成できました。

 BlueTooth USB Dongleです。

Dsc02503a

 もちろん、BlueSoleil を個別に買うという手もありますが、添付されている方が購入も価格的にも一番良いということになります。

 買ったのはまだ使用開始していませんが、明日あたりつないでみようかと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

X02NK修理と705NK

2009-08-14(金)晴れ、曇り

 今日の夕方は、家よりも新宿よりの駅で飲み会です、と言っても、定例の兄との飲み会ですが。で、せっかくなので新宿、秋葉原と足を伸ばしてみました。

 先日X02NKを再起動の修理に出してから、最近は705NKを使っているのでどうなるかというお試しでもあります。X02NKだと再起動していたポイントでも、今のところ705NKでは再起動していません。機種によって差異はあるのでしょう。この調子なら705NKは修理に出さなくても良いかな、などと楽観視しています。
 メイン機を705NKに戻して慣れてきたら、こちらのままでもいいかなあ、、なんて思うほど使いやすいですね。

 さて、肝心のX02NK、、修理に出してから20日ほどになります。まあ、この一週間ぐらいは夏休みでお休みだろうから、実質2週間でしょうか。でも、ユーザーからの修理依頼が何週間分も溜まるような状態なら、休み返上でやって欲しいと思うのは日本人的発想でしょうか。

 今回、修理に出してみて、当分は機種変更をしないことにしました。現在持っている2回線の契約上の機種は705NKとX02NKです。705NKは随分と長くなりますので、何かの機種に(安く)機種変更しようかと思ったときもありました。
 しかし、NOKIAの機種も無いですし、今後修理に出したい場合、契約機種になっている方が何かと都合が良いかもしれません。日本には、外国にあるようなNOKIAカスタマーセンターがないから、キャリアに持ち込める方が良いでしょう(もちろん、メーカー保障も切れているから、できても有償でしょうが)。

 これからは(機種の)契約期間が何年、何十年、、と言うのを楽しみにするかな(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

続 ちょっと怖い?、、東名

 結局、復旧がずるずると延びていますね。15日なんて無理じゃないでしょうか。腹を決めて徹底的な対策に入った方がいいと思うのですが、どう思いますか。今月中、、とは言わないが一週間とか10日くらいかけたらどうかと思います。 でも、無理でしょうね、今回のを見ていて仕事のころの事を思い出します。

 多分、現場の人とか設計ができる人は、1日や2日じゃ無理、と分かっているんじゃないでしょうか。でも、多分、「何を言っているか、、ばかもの」、、という感じかな。お盆休みの帰省ラッシュ、そして1000円への値下げが続く日、を控えて、国交省とか中日本高速、、なんとかのトップは、何としても(お盆の間だけでも)通さないといかん、何を言われるか、、政権のも影響があるかも、、(選挙も近いし)、という焦りがあるのではないかなあ。

 大きな対策って、トップが腹をくくって決断しないと、下は無理矢理言われた中で対策を考えるしかないけど、結局はずるずる、、というのが良くあるパターンですね。それで、何度苦い結果になったか、、、。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PyMyShell を更新しました。

2009-08-13(木)晴れ/暑い、、

 この暑さにもかかわらず、、と言っても、図書館にいる間は関係ないですが、、。

 昨日の「Python(失敗事例) execfileでの変数スコープ」で書いた問題対応のため、PyMyShell を更新しました。ついでに、もう一件も変更しました。

 モジュールは「Python スクリプト 雑記」の「8.スクリプト起動用スクリプト」に載せました。

変更内容は
  ・グローバル変数名を、他のスクリプトとだぶらないように変更した。
  ・sys.path 内でc:\python\lib や e:\python\lib がどんどん増えないように
   クリーンナップする処理を入れた。

  どちらも、他のスクリプトを起動する動作には影響しませんが、最初のものは「About」 で情報を見るときに間違ったスクリプト名やバージョンが表示されることがあります。2番目の方は、対策版はスクリプトの起動動作が若干速くなるかもしれません。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

ちょっと怖い?、、東名

 昨日の地震で東名も通行止めになって、帰省する人も大変ですが商売で走っている方も迂回路も大渋滞で大変です。それに、その渋滞の道路を使っている地域の方もそうです。
 当地も、普段東名を避ける車(高速料金の問題とか)で渋滞する国道が走っていますから、身に染みています。

 さて、また帰省ラッシュが始まりますから早く回復して欲しいところですが、、、ニュース映像を見ていたら、、、かなり無理をしていますね、あれは。2~3日で回復なんて無理ではないでしょうか。というより、通れるようになっても通るのが怖いです。

Toumeikouji

 図で書くとこんな感じになってました。これだと、鋼材毎崩れる危険性があるような気がします(もともと崩れるくらい地盤が悪いんだから)。もっと、根本的にやらないと駄目じゃないでしょうか。渋滞でのろのろ通っているときに崩れ始めたら恐怖です。車では逃げられないですから、、。走って逃げる判断が間に合うかどうか、、。無事と安全を願うばかりです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Python(失敗事例) execfileでの変数スコープ

2009-08-12(水)曇り、時々晴

 直ぐ忘れるので自分用のメモとして、Pythonでの失敗事項やこんなノウハウが必要だった、、ということを書いていこうと思います。そして、以前に書いたのも含めて、「Pythonスクリプト雑記」にブログ記事へのリンク集を作ろうと思います。
 なんせ、最近は忘れるのが速くて、、、検索や置換のやり方まで直ぐ忘れますし、昨日の朝食どころか昨日の夕食、ひどいときは今日の朝食に何を食べたかさえ思い出せない事があったりして、、、。

 さて、話を戻すと、「スクリプトからexecfileで他のスクリプトを起動したときの、変数のスコープに注意」という点です。
 具体的に言うと、起動する側とされる側のトップレベルにある変数のスコープ(有効範囲)は同一であり、同じ名前があると置き換わってしまいます

 じつは、execfileで他のスクリプトを起動したときは、OSで言えば 「子プロセスで実行されて、変数領域は重ならない」 と思っていましたが、、実は違いました。きちんと調べて使うべきでした。「初めてのPython」(オライリー社刊)を読み始めたら51ページにはっきりとかいてありました。
「毎回、execfileが呼び出された箇所に、モジュールファイルの内容をペーストしたのと同一です。そして、変数が書き換えられる恐れもあります。」でした。

図で書くと下図のようなイメージでしょうか。

Ex_execfile_2 

 今までのスクリプトで言うと「PyMyShell」と「Filebrowser」で使用しています。一度、「Filebrowser」でその問題に遭遇して手直ししているのですが、今回ほどはっきりと認識していませんでした。
 現在では、それほど深刻な変数は定義していない(スクリプト名とかバージョンなどを定義している)ので良いのですが、「情報」で見たときにスクリプト名やバージョンが違っているという、恥ずかしい結果になります。

 ということで、またまた「PyMyShell」と「Filebrowser」の手直しをしています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

暑いような、暑くないような、、。

 今日は大雨で始まりましたが、幸い台風も遠ざかって晴れ間も出てきました。お昼過ぎあたりは晴れてかなり暑いような感じでしたが、夕方は風もあって、散歩していても比較的過ごしやすいのかな、、などと思いました。

Dscn0248a

 運動公園の猫もぐだっとはしていますが、それほど辛そうではありません。

 が、寒暖計をみると、結構温度は高いんですね。こういうときは気をつけないと、気がつかないうちに熱中症予備軍になります。水を飲んでも飲んでも、、トイレに余り行きたくならないときは要注意でしょうか。時々、頭が痛くなるときもあります。これが、勢い良く沢山出るようになると、頭痛も治ります。

 年をとってくると(まだ、そんな年寄りじゃないですよ、、)、若いときのように暑くてたまらんというより、だんだん感じにくくなります。だから、気がついたら熱中症、、という心配があるわけです。今日も沢山救急車が走り回っていました。そういう、関係もあるのでしょうか。

 ですから、私のチェック方法は寒暖計とおしっこの回数と量です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨、台風、地震、、、なんか続くなあ、、。

2009-08-11(火)大雨、曇り、晴れ

 朝方、目が覚めたら大雨で庭が海(じゃないな、池)のようになっていました。参ったねえ、、と思っているうちに、グラグラグラ、、、と来ました。震度4弱の地域でしょうか。

 先日も地震があって、妙にゆっくりした揺れが長く続いて不気味だったのですが、今回も気持ちが悪い地震でした。先日も本日も早朝ですが、阪神淡路の地震と言い、早朝が多いですね。

 先日も本日も、思わず貴重品を入れたリュックと上着とズボンをつかんで飛び出す身構えをしていました。最近は色々な意味から、夜は一階で過ごしています。家のある場所は、まず浸水は無いし崖崩れもない場所で、一階にいて知らないうちにおぼれるたり土砂に埋まることはないので、飛び出すのに都合の良い一階にいるわけです。とにかく、家の下敷きにならないようにしないと、、、。

 それにしても大雨で地盤がゆるんでいるところへ、またまた台風で大雨、そして地震、、地震の規模と雨の多かった地域の方にはお気の毒です。東名も(一部崩れて)止まってしまったし、、帰省している方にも大変です。

 しかし、こういう話がある度に、私は父親のことを思い出します。それは、これをおもいだすからです。「親父メモ = 年寄りの知恵袋

 東名も、盛り土したところが崩れているようです。路肩と走るレーンが20Mくらい離れていれば良いのでしょうが、そんな余裕はないでしょうしねえ、、。ある意味、無理しているところに被害が出てきている、、ということでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

知らなかった、、ThinkPad X40の赤外線

2009-08-10(月)大雨、曇り、時々晴れ

 知らなかったです、毎日使っているThinkPad X40には赤外線ポートがありました。家で使っているPCは中古のThinkPad X40です。買ったときに、PCの周り中をチェックしたのですが、赤外線ポートらしきもの(注1)は無かったので、てっきり最近のものにはついていないものだとばかり思っていました。
 なので最近でも、時々ハードオフとか秋葉原の中古ショップで古い(2世代くらい前の)ThinkPadとか、その他の赤外線付きのPCを物色していました。

 注1:今までのものだと縦4mm、横6mmくらいのプラスティック板のポートの口が
    ありますよね。

 ふとしたことでX40の仕様を見たら「赤外線 4Mbps MAX」とあるのを見つけました。でも、何処についているのかは見つけることができません。そこで、保守マニュアルをダウンロードして「各部の名称」をみて、初めて分かりました。

Dsc02502a

 SDスロットのところにある「ぽち」っとしたものです。今までの感覚からは想像もしませんでした(笑)。

 今でも赤外線は結構使い道があります。それに、2世代くらい前のNokia携帯電話ではPCとの接続が赤外線だけのものもあります → 結構お気に入りのNokia 8310などです。

 で早速、705NKとPCの接続に使ってみました。今使っているBlueToothより良いかもしれません。携帯電話接続の認識が早いのと、転送速度も相当出ています。仕様を見たら
 ・赤外線 4Mbps MAX
 ・BlueTooth 500Kbps 
でした。
 う~ん、BlueToothアダプタを買い換えないといかんですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

人気スポット、プールとスーパーと図書館と、、

209-08-09(日)曇り、晴れ、夜雨

 「真っ赤にもえた~、、」とか「ぎらぎらと、輝く太陽背に受けて~、、」と歌われたような太陽とは、まだまだ会えない天気ではありますが、暑いことは確かです。蒸し暑いというのかな。

 こんな中での人気スポットはプールとスーパーと図書館でしょうか。運動公園を歩いていると、プールでは子供達が「わ~わ~、きゃ~きゃ~」と楽しそうです。大きなスーパーも、涼しいですし、お昼時とかおやつ時は楽だから随分と混んでいます。子供さん達も機嫌良く食べたり、歩き回ったりしています。子供さん達が機嫌良く遊んだりしているときは、親御さんも楽だし一緒にのんびりとしています。

 隠れたスポット(もっとも、最近はよく知られてたスポットになっていますが)は図書館です。普通の時期は、毎日おじさん達が大勢来ています。大体、新聞や雑誌コーナーあたりで新聞や雑誌や本を読んだり、昼過ぎは本を手に持ったまま居眠りしている方も多いです。
 私が行くのはPCを持ち込める学習室で、見かける顔は概ね固定しています。

 この時期は小学校、中学校、高校の生徒さんなんかも多いですね。受験勉強とか、今だと夏休みの宿題でしょうか。夏休みの時期は会議室も開放しているから、かなりの人数の人が勉強しています。涼しいし、必要なものしか持ってきていないから机の上も広いし、勉強しやすいのでしょう。

 見ていると、子供も大人も色々な人がいます。あまりに気になるときは、つい注意してしまいます。勉強の話なら良いんだけど、遊びの話のおしゃべりとかは、のってくると声が大きくなりますしね。何度もそういうときがあったから、うるさい小父さんがいる、、と思われてるかもしれません(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

PyStnWeather 更新しました(002_4)

2009-08-08(土)曇り、晴れ

 天気予報情報取得・表示アプリ PyStnWeather (HiisiさんのPyStationWeather のMOD版です)を更新しました。動作上は関係ない、見かけ上の変更だけです。

 ・AppSwitch をインストールしてあっても、バックグラウンドに移せないのを対策
  しました。(以前は、実行終了まで画面に表示される。)
 ・'晴曇雨雪雷'以外の場合の表示を'='から'〓'に変更しました。(注1)

 (注1):Hiisiさんの対応版では「〓」でしたが、私の方は目立ちすぎるかな、、と「=」にしてました。が、バランスが悪いので「〓」に変更しました。

モジュールは「Python スクリプト 雑記」の「19.天気予報表示用スクリプト (PyStnWeather)」の項です。
 

Sscs0207  Sscs0205

Sscs0209  Sscs0206

 左が変更前、右が変更後です。違いは「=」と「〓」の表示だけです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

簡易テキストエディタ PyMyEditorを更新しました。

 簡易テキストエディタ PyMyEditor を 001_2 に更新しました。若干の(時によっては致命的な)バグがありました。

変更内容:

  ・下記条件の時、行の最後に追記したり、行の最後を削除するとSAVE時にエラー
   になるのを対策しました。
      条件:テキストはShift-JIS 、かつオプションShow_LF = 1

 「Python スクリプト 雑記」 の「17.簡易テキストエディタ PyMyEditor」に載せました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏向きのテーマ、再び、、

2009-08-07(金)晴れ

 本格的に暑くなってきました。ただ、暑いと言ってもぎらぎらっと暑いと言うより、蒸し暑いという、梅雨の延長のような気もしないではないですけど。まだ、空が本来の夏のような感じではないですが、時々は青い空ともくもくっとした雲が見えて、蝉の声が聞こえると夏かな、、とは思います。

 こうなると出番なのが、このテーマです。

Sscs0211  Sscs0213

 V.J.catkickさんの作成された「Clouds3」です。以前から、いくつかの機種に入れて夏になると使っています。705NKに入れるのは、スタンダード版の携帯電話を使って入れたことを思い出しました。

 V.J.catkickさんの「Clouds3」はこちらです。「clouds3

 その時の記事はこちらです。「夏向きテーマとインスト’法

早く、こんな空になって欲しいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

Python ノート、ショッピングリストのアプリを更新しました。

2009-08-06(木)曇り

 先日の「既知の問題」で書いた、ノートやショッピングリストのアプリを、(やっと)更新しました。

変更点 : 検索時、アルファベットの大文字小文字を関係なく検索するようにする点でした。

Python スクリプト 雑記」 の

 ・4.ノートデータベース「PyNoteNdb」

 ・5.ノートデータベース「PyNotePad」

 ・10.ショッピングリスト「PyShopper」

です。ようやく、ひとつ終わりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

続 「py2sis を使う」 705NK / 5800XM 編

2009-08-05(水)曇り

 Python のスクリプトのSIS化は、以前に書いた(下記の)記事のごとく、X02NKに入れた py2sis というアプリでやっていました。

   「動いた! Python sis化 on 携帯電話 -py2sis-

 しかし、現在X02NKは修理中で使えないので、やむを得ず他の機種で試してみました。機種は「705NK」と「5800XM」です。

 結果としては、心配することなく動きました。が、若干の注意が必要だったので、自分用のメモとして書いておくことにしました。

Sscs0190   Dscn0247a

 絵がないと寂しいので(笑)、、左は705NKで動くようになったpy2sisのアイコン、右は5800XM + SU-8W です。この組み合わせでないと使えません(後述参照)。

 

705NKの場合:

(1)メモリ不足なのかエラーになることがある。
   → 対策は、再起動してから再度実行する。
 705NKのRAMは、最近の機種に比べると、メモリが少ないです。このためか、SIS化の途中でエラーになることがあります。この場合は、再起動させてから直ぐに行うと、ほぼ100%うまくいきます。

(2)若干遅い(X02NK、5800XMに比べ)ので、操作に注意する。
  最初に、オプション → py2sis で画面を変えた後、最初のプロンプトの後「path to script >>>」が出るまで若干時間がかかります。出る前にエンターなどを押すと、うまくないようです。きちんと、待った方が良いです。

(3)エンターキーの反応が遅いので要注意
 これも、動作速度の関係でしょうか。文字を入れて「エンターキー」を押したとき、何も反応がないときがあります(次のプロンプトが出ない)。この場合は、もう一度押します。
 ゆっくりときちんと押すと、大体大丈夫のようです。

(4)最後の「エンター」を押してSIS化が始まると、結構時間がかかります。エラーか正常終了か、いずれの結果が出るまでは待つしかありません。

5800XMの場合:

(1)動作は問題なく動きます、速度もメモリも大丈夫です。しかし、BT Keyboard SU-8Wが必須です

 最初起動した後、オプション → py2sis を選択して次ぎに進むのですが、5800XMにはハード的なオプションキー(左キー)がありません。画面をたたいても反応はありません。従って、BT Keyboard が必要になります。しかも、携帯電話のオプションキーに対応した(青色の)キーがある SU-8W が必須になるわけです。
 この点が落とし穴でした、、、疲れた~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

Pythonアプリ(今まで作ったもの)の既知の問題点、、

 (3件目を追加、題名を変更しました。 2009-08-05)

 忘れないように、というのと、暑いと言っていつまでもさぼらないようにというメモです。

 今まで作って、WEBに貼り付けたアプリで、問題点と修正が分かっているのに、あるいは修正しているのにアップしていない、、というのは、単にさぼっているだけですね。でも、こう暑いと、夕方になるとビールの方にフラフラと行ってしまうのは仕方がないことでしょう(笑)。

・PyStnWeather   (更新完了 2009-08-08)
 (もう一件出てしまいました。でも、実質の不具合にはならないと思います。)
 AppSwitchによる、バックグラウンドへの送り込みができません。実行中画面が表示されます。AppSwitchがインストールされていないときと同じ動きなので、問題は少ないと思います。 原因:AppSwitchへ与えるアプリ名の修正漏れ

・PyNoteNdb、PyNotePad、PyShopper  (更新完了 2009-08-06)
 検索の時、アルファベットがcase sensitive(大文字小文字が区別される)になっていました。若干、使いにくいです。(例:Code を検索したとき code は見つからない。)
 原因:Upper かLower にそろえて検索していないため。

・PyMyeditor   (更新完了 2009-08-07)
 Show_LFオプション指定時に、改行マーク(ダミー改行文字)の後ろに文字を追加すると、エラーになったりダミー改行文字が残ってしまうことがある。
 Show_LFオプションを指定しても、ビューワに使っているだけならば問題なし。
原因:エンコード時のやり方がまずかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気候もおかしいが、天気予報も?、、。

2009-08-04(火)晴れ/暑い

 う~ん、最近は気候もおかしいけど、天気予報も全然当たってないように思えるのは気のせいですかね。天気予報によると今日は一日中雨で、気温は26~27度と寒いくらいの予定でした。

 が、朝からかんかん照りで、35度越えの日でした。上着を持ってあるか無くてよかった。明日はどうなるんだろ、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

PyStnWeather モジュール差し替えました。

2009-08-03(月)晴れ、曇り

 昨日に自分のWEBにアップした「PyStnWeather」(PyStationWeather MOD版)ですが、モジュールを差し替えました。中をみたHiisiさんから問題点などを教えていただいたので見直したら、他にも修正点が何点かあったので、旧モジュールは不都合なので差し替えとすることにしました。

モジュールは「Python スクリプト 雑記」 の 「19.天気予報表示用スクリプト (PyStnWeather)」にアップしました。

 やはり、手抜きは駄目だなあ、、と再確認しました。反省点、、

 ・処理はきちんと最後まで見直すこと。
 ・テストは、きちんと条件を考えたテストデータを作ってテストすること。

を実感しました。(仕事だったときは、きちんとやっていたのになあ、、、(反省)。)

Sscs0201_2  Sscs0203_2

Sscs0202_2  Sscs0204_2

 左側が絵文字あり、右が絵文字使用しない場合です。雷のマークとか、どれにも当てはまらないときの「=」とかが、きちんと出るようになりました。

 それにしても、理解していないので、雷の絵文字のコードや、雷とか「=」のquoated printable のコードを見つけるのに苦労しました。最後は、それらをMMSで自分に送り、携帯電話のPrivateフォルダからメールを見つけてファイルを取りだし、DOSのダンプコマンドでダンプしてコードを求めました(汗)。

今回の変更点

002_3 2009-08-03
--差し替え前------------------- 2009-08-01
 ・ブラウザで表示するデータ(Data\Hiisi\PystationWeather.htm)に、気象データ
  発表日時を表示するようにした。
 ・今後のために、データ取りだし処理を変更した。←内部処理の問題のみです。
  (1日ごとのデータに切り出してから気象データを取り出すようにした。)

--これ以降は差し替え版で入れた-- 2009-08-03
 ・雷のアイコン/表示関係が抜けていたので追加した。
  (PystationWeather.htmへのアイコン表示、
   Quoted-Printableエンコード処理への追加)
 ・'晴曇雨雪雷'以外の場合を'='で表示するようにした。
 ・PystationWeather.htmへの出力も絵文字使用有無の指定が効くようにした。
---------------------------------------------

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

PyStationWeather Mod版 (PyStnWeather) 

2009-08-02(日)雨
   (一部訂正しました。 2009-08-03)

 天気予報表示用のPythonスクリプト PyStationWeather のMod版 (PyStnWeatherという名前にしました) をいつもの

 「Python スクリプト 雑記」 の 「19.天気予報表示用スクリプト (PyStnWeather)」に

アップしました。

 このスクリプトは、HiisiさんのPyStationWeatherを変更したものです。

 それにしても、何というタイミングでしょう。先日X02NKを修理に出し、705NKを使う、その隙間の時にgooの(天気予報の)仕様が変ったとの事でした。だから、先日の「PyStationWeather を弄ってみた。」の記事のごとく、X02NKでは動いていたのに705NKでは動かない、、、と、慌てる事になった訳です。

 本家サイト「Hiisi Proxy 開発後記 跡地」のほうで対応して頂きましたが、Hiisiさんのところでは、今後は今日明日の天気しか対応しないそうです。まあ、確かに使いたい機能はその辺ですが、時々は1週間分も見たいことがあります。

  必要なら改造してもいいですよ、と言うことでした。  元々 GNU GPLで配布されていてGNU GPLに従えば、改変や再配布などが自由なフリーソフトウェアとして公開されていましたので、自分用に改変してみました。(それに、先日のコメントで、必要ならどんどんやって下さい、、ということでしたし 、、、 逆にいうと、必要なら自分でやってねということですね(笑))。
 Hiisiさんもリアルの仕事がお忙しいようなので仕方がないことでしょう。
 ということで、先日の続きでいじりました。週間予報のデータも使えるようになったので、アップすることにしました。

 Sscs0194

 これはブラウザ用に作成されているデータ(Data\Hiisi\PystationWeather.htm)です。何とか、正しくデータが作成できるようになりました。

 今回は2バージョンに分けて作成しました。

002_3 2009-08-01
 ・ブラウザで表示するデータ(Data\Hiisi\PystationWeather.htm)に、気象データ
  発表日時を表示するようにした。
 ・今後のために、データ取りだし処理を変更した。←内部処理の問題のみです。
  (1日ごとのデータに切り出してから気象データを取り出すようにした。)

002_2 2009-07-31
 ・HiisiさんのPyStation_0_2_1に入っているPyStationWeatherを、gooの仕様変更
  (7月29日かな)に対応させた。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

久しぶりにMACの電源を入れてみた。

2009-08-01(土)晴れ、曇り

 先日、余りにも電源をつながないでアノトペンSU-1B を駄目にしてしまいまいました。ので、こちらもたまには電源を入れようと、久しぶりにMACに電源を入れてみました。Power Book 180C です、、なつかしい~。

Dsc02497a

 電源スイッチを入れると、懐かしい「シャラ~ン」という音がしました。壊れてはいないみたいです。でも、設定とかは見事に消えています。

Dsc02495a

 久々に見る起動画面、、、確か漢字TALK 7でした。会社で、私より前から使っていた人は、英語版OSにJapanese Language Kit を入れていました。アメリカへ行っていたこともあって、漢字TALKとして出る前から使っていたわけですね。会社ではWindows PCを配布していましたが、その人と私のチームと、研究所から来ている人が、頑なにMACを使っていました。凄く使いやすいからです。
 このPCは、会社のPCを机に下にしまっておいて、自腹で買って使っていたものです。給料一ヶ月分近くを使った気がします。そんな無駄な、、と思うかもしれませんが、使いやすいPCでやると仕事もやりやすいし、疲れないんです。自分の身体のためです。

Dsc02493a

 マックドロー、マックライト2を起動してみましたが、今でも使いやすいです。このペアで、仕事の資料を作っていました。この非力(今のPCから言えば、、)のPCで、ドローソフトがあれだけ使いやすいのは驚きです。あと、12Mhzの80286(?)のDOS PCで一太郎、花子も使っていましたが、こちらも使いやすかったです。
 現在、ほぼ市場を独占しているソフトは、豪華になっているけど、使いやどうかは難しいところです。

Dsc02496a

 仕事に疲れると、これです。静かなゲーム「まきがめ」です。つい、20分ほどゲームしてしまいました(笑)。

 この、モトローラ68000のPC用のアプリとかゲームとか、このPCがないと使えないものがあるので、大事にしようと思います。そうそう、懐かしいUS ROBOTICSのPalm Pilotの同期ソフトも、ここに入っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »