« epocware 日本語化 | トップページ | HP200LX用プロジェクト管理「タグスケ」を更新しました。 »

2009年7月 6日 (月)

誰(何)が掘るのやら、、

2009-07-06(月)雨、曇り、時々小雨

 昔から七夕の季節は雨の季節ですね。明日は青空、じゃないな晴れた夜空が見えるでしょうか。織り姫星、彦星も、なかなか会えないのか、いや会うところを見られたくないのか、、などと考えれば曇りもまた楽し、でしょうか。

 さて、家の庭先ですが、いつ見ても直径10センチくらいのすり鉢形の穴があいています。最初は蟻地獄かとも思ったのですが、そうでもないみたい。

Dsc02433a

 こちらは分かりにくいけど、2つあいてます。

Dsc02434a

 何でしょうね。いつも窓を開けると雀が逃げていくから、雀が餌をとろうとつついて掘ったのかなあ。埋めても埋めても、作るんだよねえ。まあ、別に困らないんだけど。

 

|

« epocware 日本語化 | トップページ | HP200LX用プロジェクト管理「タグスケ」を更新しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>いつも窓を開けると雀が逃げていくから、・・・
スズメの砂浴びだと思います。
今度、こっそり覗いて見てください。

投稿: 全部假的 | 2009年7月 6日 (月) 23時03分

あ、なるほど。「何で、雨よけの下のぱさぱさしたところを掘るのかな、虫ならもう少し外の方がいそうなのに」と思ってました。が、砂浴びなら最適な感じです。気をつけて見てみますか。

投稿: masa | 2009年7月 7日 (火) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« epocware 日本語化 | トップページ | HP200LX用プロジェクト管理「タグスケ」を更新しました。 »