« Python 簡易ファイルブラウザ(Filebrowser) を更新しました。 | トップページ | Gmailに振り回された。 LZHは最強?、、編 »

2009年5月15日 (金)

Pytnon 簡易テキストエディタ(PyMyEditor) を作りました。

2009-05-15(金)晴れ

 myeditor.pyという、Filebrowser.py にエディタを追加しようとしたスクリプトがありました。それを見て、簡単なエディタを作ろうと思い立ちました。

 目的は
(1)自分で作成したFilebrowserから拡張子連携で起動するエディタに使う。
  小さくて軽いものにする。

(2)fubuki.pyやfubuki2htm.pyでブログやWEBの原稿を作成する(注1)のですが
  その編集に活用できるようにしたい。すなわち、定型の記述を挿入できる
  メニューを沢山設けたい。
    注1:「fubuki.pyや...~を作成する」については、同じく「Python スクリプト
       雑記」に載っています。

 このエディタは、先日も書いた「Filebrowser」と一緒に使い、拡張子連動でテキストを開くことを目的にしています。エディタ部分しかありません。従って、エディタを直に起動すると、新規ファイルか決めうちのテンポラリファイルを開きます。エディタからファイルをブラウズして、あるファイルを開くという機能はありません。ファイルブラウズ機能は「Filebrowser」に任せています。

  当初は、UTF-8のみの対応で簡単なものにしたのですが、あれも欲しいこれも欲しいと追加して、あまり軽快なものではなくなったかもしれません。

 一口に言う特徴は
  ・簡易なエディタ
  ・定型の記述の挿入を沢山設けることができる。
  ・ファイルオープン時はUTF-8、Shift-JISが自動検出される。
  ・出力時にUTF-8、Shift-JISを選択できる。
  ・選択、コピー、ペーストなどがメニューから行えます。

 スクリプトは、例によって「Python スクリプト雑記」の「17.簡易テキストエディタ」に載せました。

 せっかくなので、画面のショットを、、、。

Sscx0479    Sscx0480

Sscx0481    Sscx0482

 3番目のメニューから開いた最後の画面が、定型文を挿入するメニューです。画面の部分は、Pythonスクリプトを書くときに便利なようになっています。

 

|

« Python 簡易ファイルブラウザ(Filebrowser) を更新しました。 | トップページ | Gmailに振り回された。 LZHは最強?、、編 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Python 簡易ファイルブラウザ(Filebrowser) を更新しました。 | トップページ | Gmailに振り回された。 LZHは最強?、、編 »