« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

月末、無タバコ 2年12ヶ月、、って3年だ

 早いもので今年も5月の月末が来てしまいました。この調子では、直ぐに夏休みが来て秋が来て冬になるのでしょう(気が早いか)。

 このシリーズも、気がついたら2年12ヶ月、、って3年だ。3日、3ヶ月、3年の3年に到達した訳です。始めたときはずっと先だと思っていたのに、過ぎてみると速いものです。 真っ黒だったはずの肺も、多分グレーぐらいにはなったでしょうか、ピンクにはほど遠いとしても、、、。

 ということで、満願になったのでこの話題は今回まででしょうか。もっとも、喫煙具の話題は、たまには出てくるとは思います。

 

| | コメント (0)

商工祭りのレコード 桜貝の歌 追記

 ひとつ前に書いた、桜貝の歌のレコードですが、ジャケットの写真も良いですね。裏も同じような写真ですが裏は紺絣の写真で、丁度伊豆の踊子のイメージです(私がそう思っているだけかな)。

 買った足でギターの練習に行くので持って行ったのですが、100円と言ったら中身が入っているの?と聞かれました。即ち、ジャケットの写真が良いからジャケットだけで買ってきたのかと思われたみたいです。
 まあ、それでも良いですけどね、裏側の写真はもっと素敵です。え、なぜそちらを出さなかったのかって?、それは偶然見つけた方の楽しみにしておきます(笑)。

 

| | コメント (0)

商工まつり

2009-05-31(日)晴れ、曇り

 昨日と本日は文化会館の周囲で商工祭りとか行われて、沢山の露店が出ていました。朝には花火が鳴っていたようにも思います。空模様は今一危なかったのですが、幸いにも振り出さず、子供には楽しい2日間だっったと思います。若干、蒸し暑いもののかんかん照りよりは良かったのではないでしょうか。

 私も本日、ギターの休日練習に行く途中に寄ってみました。

Dscx728a

 文化会館の周りは玄関前の広場から歩道、駐車場の一部まで、沢山の露店が出ていました。露店を商売にする人はもとより、近くの商店や会社、個人まで色々です。

Dscx731a

 こちらはフリーマーケットです。色々なお店があります。

Dscx730a

 歩道脇には子供も展示しています(笑)、、って違うか。色々買って貰っておいしそうに、嬉しそうに食べています。こういう風景は良いですねえ、、。普段出番の少ないお父さんも、こういうときは大張り切りでしょう(笑)。

Dscx732a

 私もフリーマーケットで、ついこんなものを買ってしまいました。LPレコードです。レコードを売るお店というより、他の物を売る方が片隅においていたものという感じです。できれば売れれば良いなあ、、でしょうか。1枚100円、倍賞千恵子さんの桜貝の歌、日本の詩シリーズみたいです。30何年前のものですね。まあ、100円なら程度が分からなくても良いかなと買ってみました、、、、、、って書きながら聞いてみました。う~ん、良いなあ、こういう唄も倍賞千恵子さんも好きだから、良い買い物だったと思ってます。

 

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

エディタ スペースと改行の表示編 その2

2009-05-30(土)曇り、晴れ、曇り

 昨日の話題の続きです。

(2)スペース(半角スペース)を表示する。

 スペースのコード(0x20)に何らかの文字(スペースを表す文字)を入れたフォントを作成して使用することを考えました。
 この方法ですと長所は
  ・どのエディタでも使える(表示できる)。
短所は、
  ・フォントを作成しないといけない
  ・エディタ以外の画面でも表示されてしまう
ことです。

 当初、ファイル読み込み時にスペース(0x20)を別のコードに変換し、それを表示すればエディタ以外では無関係になる、、かなと考えましたが、編集時に入力したスペースのコードは0x20なので、これが表示されなくなるので駄目ですね。

 私の使っているフォントの場合、0xf800 と0x2423 のスペース表示(□の下だけ切り取ったような形)を0x20にコピーしてみました。コピーした後に拡大縮小で微妙に調整しないと、若干の違和感があります。
 結果的には0x2423 のものを貼り付けてから、縦100%、横55% に縮小すると丁度良くなりました。0xf800 のはボールド(太字)らしく、これで表示させるとうるさくなります。

Sscx0490   Sscx0492

 左が縦80%、横50% 、右が縦100%、横55% のものです。右の方が、他の文字との幅が丁度良いようです。

Sscx0491   Sscx0505

 左は0xf800 のものですが、元が太字なので表示が若干強すぎるようです。
右は、関係ない画面でもスペースが表示されてしまうという見本です。

Sscx0504_2

 昨日の改行表示と合わせて使用している画面です。スクリプトを見ることに関しては便利になったと思います。

 

| | コメント (0)

2009年5月29日 (金)

エディタ スペースと改行の表示編 その1

2009-05-29(金)雨/曇り/晴れ がめまぐるしく変わっている

 またまた、役に立つのか?と言うようなことを、こまごまとやっています。

 最近、簡単なテキストエディタを作ってますが、スクリプトを実際に入力しているのはPCのエディタです。当然頭の中では比較してしまいます、特にスクリプトの入力時の見やすさをです。 そのなかで、作っているテキストエディタで気になったのは、インデントとキーワード間のスペースの問題です。

 即ち、携帯電話でリストを見たときに
  (1)インデントされていても、いくつスペースが入っているのか分からない。
  (2)インデント用のスペースだけが入力されている行(注1)では、スペースが入って
     いるのか改行だけされているのか分からない。

    注1:挿入メニューでキーワードを挿入すると、それに続く行もインデントされた
       状態で入力されるため。

という点です。これは、スペースも改行も表示されないからです。下図を見て、どういう風に入力されているか分かりますか?

Sscx0489 これでは、スペースや改行の位置が、ちょっと分かりませんよね。
 

 PCのエディタは改行が表示されていますし、上部にはルーラー(桁数のゲージとなる目盛りのバー)がありますから、大体分かります。

 ということで、何か手はないかと考えてみました。
    (1)改行を表示する。
    (2)スペースを表示する。

あたりが思い浮かびます。

今回は、(1)の改行表示についてです。

 今使っているフォントは、以前にいくつかパターンをを追加したもの(注2)で、改行コードに相当するところ(0x2029)に鍵矢印フォントを入れてあります。が、表示されていません。    通常の状態では、改行(コントロールコード)は表示されないようです(注3)。また、実際は無駄ですが、試しに0x0a(LF)にも入れてみましたが、やはり関係ないですね。無駄というのは、Pythonで画面に表示している時の文字はunicodeで、改行は0x2029に変換されているからです。

   注2:以前フォントを追加したのは0x2029と0x2028です。0x2028は
      line separator、0x2029はparagraph separatorです。

   注3:リスト表示(appuifw.listboxの表示データ)にしたときは、各データは1行表示
      しますが、その中に改行があれば、0x2029の鍵矢印が表示されます。

 下の画像は、試しに0x0aに鍵矢印を入れてみたところです。

 Font_add0a1

 さて苦肉の策として、読み込んで画面表示するときに、改行の前に特別なコードを挿入してその文字を改行と見なすことです。今回は0x21b2(down arrow with left tip 下左向き鍵矢印)を使用してみました。
 画面からこれを入力する手段はないので、コントロールコードみたいな感じで代用できるかなと思ったわけです。
ファイルに戻すときは、そのコードを削除します。

この方法の長所は
 ・特別なフォントは不要である
短所は
 ・対応したエディタだけしか表示できない
という点です。

 これを考えるにあたっては、Pythonで小さなスクリプトを書いて、読み込み直後、コード変換後、画面表示後などの各状態のコードを16進表示で見て検討しました。

Sscx0500 これはまともに表示させた時です。
   

 Sscx0501  Sscx0499

  左は16進表示させたときです。unicodeに変換した直後は、改行は0x0aですが、画面表示させたときに0x2029に変換されます。右は、改行の直前に0x21b2(下向き左向き鍵矢印)を入れてやったときです。

 とりあえず、PyMyEditorには入れてみることにしました。

 Sscx0494   Sscx0496

 これがPyMyEditorには入れて表示させてみたところです。これだと、改行の位置が見えるから、前よりは良いように思います。ただ、煩わしいときもあるかもしれないので、今のところオプションで指定できるようにしています。

 

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

また買っちゃった、Python教科書 「初めてのPython 3版」

 これも昨日の事ですが、せっかく東京に出たついでだからと、新宿ヨドバシでPC関連の本をみて廻りました。あそこには、オライリーの本のコーナーがあって、色々とおいてあります。で、結局、、、

Dsc02379a

 第3版(最新版ですね)を購入しました。丁度、今読んでいるテキストが読み終わりそうだから、と言うのもあります(何ヶ月前に買ったか忘れたけど、、(汗))。
 また改めて買いに出ると、(東京でも横浜でも)1300円(電車賃)は高くなるし、、。まあ、ネットで買うという選択肢もありますが、在庫をおいて手にとって見られるようにしてくれているお店の努力にも敬意を表さないといけないですしね。そういうのも、本を置いて販売しているお店を減らさないためにも必要です。ま、これは後付の理屈かもしれませんけど、、。

 

| | コメント (0)

東京でストームにあった。再起動の嵐ね、、。

2009-05-28(木)雨

 昨日は書ききれなかった話題を、、。27日は東京に行ったわけですが、ストームに遭いました、ソフトバンクのネットワークでの再起動の嵐のことです。

 確認用に準備して持って行ったのは

(1)X02NK + SBM (旧Vodafone)のSIM
(2)Nokia 5700 + HongKong 3 SIM でSBMローミング

ですが、、、、見事に両方とも再起動が次々と、、、。Nokia 5800 はログの準備をしていきませんでした。

Sscx0497   Sscp0107

 左がX02NKの再起動ログ、右がNokia 5700の再起動ログです。冗談で作ったPythonスクリプトが役に立つとは、、、、、正直言うと情けないです。新宿ー両国駅ー東京駅ー有楽町 と動いた結果が上記のログです。
 18時40分から20時半までは、催し会場にはいるためオフラインにしていますから、その時間は除くと、短時間に次々と出ています。

 知らないうちに立ち上がっているなら良いのですが、、

・路線検索しようと駅名や条件を入力して、さあ検索とボタンを押したら画面が
 ブラックアウト、、、
・あ、ブログによい写真ネタ、、と写真を撮ろうと撮りだしたら再起動中で、立ち上がった
 時にはカメラがあっても仕方がない(もう終わってる)

 だと、ちょっと腹が立ちます。台湾からヨーロッパ方面(アメリカ方面はなし)に、ん十回出かけていますが、こんな素敵な目に遭うのは日本でだけでした(泣)。

 さて、どうしたものかなあ、、、。修理に出した後でも再起動が出ているという情報(数少ないが)もあるしなあ。修理に出したものか、東京に行くのを諦めるか(笑)、ふたつにひとつか、、、? 

 

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

隅田川と両国

 先ほどのマイスター講座に行く前に、若干時間が余ったので両国へ行ってみました。両国には国技館もあるし、江戸東京博物館(今、手塚治虫展をやっている)があります。一度行ってみたいと思っていました。

 駅について、今電車で渡った隅田川(歩いて1分)へ行ってみました。川岸の風景です。

Dscx718a

 今乗ってきた次の電車が走ってきました。

Dscx719a

 隅田川ですから、当然こんなのがあります。今、練習で苦労している曲なので、直ぐに目がとまりました。それに、今日はギターの練習日だけどさぼってきているし、、、。

Dscx720a

 国技館前ですから欄干には、こんなのがず~っと付いてます。相撲48手が乗っているのでしょう。

Dscx721a

 当然こんなのも川岸の壁にあります。川岸がプロムナードになっているわけです。ベンチには何組も腰掛けていました。水上バスの乗り場前では、何語かで会話している若いカップルもいました。水上バスの時間の間なので、他に人はいませんでした。

Dscx722a

 これは国技館前です。国技館は大きすぎて写真に入らないので、幟の方を撮りました。

Dscx723a

 江戸東京博物館は、国技館の隣です。いずれも両国駅のすぐ前です。閉館間近の時間に行ったので、残念ながら手塚治虫展は別の機会に譲ることになりました。

Dscx725a

 今度は、相撲をやっているときに相撲を見に来たいなと考えています。

 

| | コメント (0)

音質マイスター講座 ケンウッド有楽町ショールーム

2009-05-27(水)晴れ
            (帰りが午前様で次の日にアップです

 同級生に誘われて、10数年間のアメリカ出張から日本に戻った同級生を交えて題記の催し物に行ってきました。

 これはケンウッド有楽町ショールームの視聴室(試聴室)で、概ね毎月行われているもののようです。ケンウッドの音質マイスター萩原光男氏のお話を交えながら、ケンウッドの機材で色々なCDを聞くものです。新機種がある場合は、その紹介や開発話なども出てきます。

 今回の案内では、下記のような内容でした。
-----------------------------------------------------------------
内容:今回はJAZZの専門雑誌「スイングジャーナル」の今月のゴールド
ディスクを紹介します。その他SHM-CD/HQ-CD/Blu-specCDなどの新素材
CD、マイスター選曲のディスクなどをお楽しみください。
※ご参加の皆様:お聴きになりたいCDをお持ち下さい。
お客様持込み試聴コーナーもございます。
協力:スイングジャーナル社
-----------------------------------------------------------------

 今回は新機種の紹介もありました。スピーカー内蔵のCDプレーヤ(他のものも付いてるのかな?)です(写真撮るの忘れちゃった)。
 コンポアンプのような四角い形の、いうなればラジカセみたいな機器です。価格は3万弱ぐらいとか言ってましたかね。が、音は格段に良いです。話を聞くと、中に入れたスピーカーは木製のボックスに入れてあるのだそうです。だから、プラスチッキーなペラペラした音はしません。最初、前に並べてあるスピーカーを使っているのかと思いました。

 こんな感じです。

Dscx727a

 最後に女性が記念撮影してました。萩原氏も以前、NHK等の番組(ケンウッドのオーディオ事業再生かなにかの番組)で随分出てましたから、、。

Dscx726a

 有楽町駅から歩いて2分くらいの、立地の良いところにあります。外の歩道には木陰やベンチもあるし、一休みできます。
 駅から新橋駅方面(だったか)へ歩けば、夕方には店先から道路の方(裏道側だから人しか通らない)へ椅子やテーブル(ビールのケースを積んで板を載せたもの)を出し、それを囲んで凄く賑やかにやってます。勤め帰りの若い男女が楽しそうにわいわいやってました。
 我々も入りたかったけど、どの店の前のところも満員でした。

 また行きたいスポットです。

 

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

丹沢アートフェスティバルとバンブープロジェクト

2009-05-26(火)晴れ

 先日から何回かで撮った写真ですが、散歩の時にこんなものを見つけました。

Dscx714a

 大きな竹を使い、なにやらのオブジェのようです。その竹も、太い竹でず~と波形の穴を開けてあります。近くから一見すると、なにやら不思議な感じがします。

 この写真では人はいませんが、3人の若い人が製作しておりました。で、何回目かに通ったときに聞いてみました。「度々聞かれて迷惑かとは思いますが、、、何ができるんですか?」 すると、では良かったらこれをどうぞ、とパンフレットを渡してくれて説明してくれました。

Dsc02375a

 こういうのになるのだそうです。バンブープロジェクトジャパンと書いてあります。綺麗なオブジェになるのでしょう。

 で、なんで作っているのかというと、、、

Dsc02376a

 丹沢アートフェスティバルとかをやっているのだそうです。多くのお店が集まって1ヶ月間のマラソン行事をやっているようです。上記のオブジェも、他の場所(丹沢の山方面への途中)にもあるのだそうです。見に行ってみないといけないかな、などと思っています。

 ここに制作中のも楽しみにしています。

 

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

プロジェクト管理 タグスケ2 へ更新

2009-05-24(日)晴れ

 DOSマシンを使わなくなった方には古い話題ですが、、、。HP200LXというPDAを使っていますが、予定管理には内蔵の Appointments と題記のタグスケを使っています。

 タグスケは「あかべこ」さんの作で、grep、sort、sedのアプリを活用したプロジェクト管理のシステムです。

 前回書いたタグスケの話題はこちらです。  「タグスケ雑記

 今回、作者のあかべこさんがバージョンアップされました。改訂後に送っていただき、違うマシン(違う環境)での動作テストを行って結果報告を行いました。問題なく動作しましたので、私のタグスケ雑記にもフィードバックして、ダウンロードページも設けました。上記「タグスケ雑記」に有ります。

 私の場合、Appointmentsは一ヶ月表示で、会議とかギター練習時間とか飲み会とか、月日と時間が特定された用件を入れて、だぶらないようにするのに使います。一ヶ月のテーブルですと、見やすくて管理しやすいです。

 タグスケでは、もっと長いスパンの用件を管理します。例えば、5月20日までに自動車税納入とか、9月20日までに何かを実施とか、実施の月日、時刻が特定されているわけではないが、ある時期に実施しないといけない内容を管理します。

 作者のあかべこさんは、両方をタグスケで管理されているそうです。
 タグスケは過去の内容も用件、或いは種別ごとに蓄積でき、プロジェクト管理資料として使用できます。予定は、その中から抽出して表示してくれます。

 今回の改訂は、用件の表示を見やすくする改訂でした。今までも、用件が1行だと良かったのですが、長いと複数行になり見にくかったのを修正されました。

 (1)今回の改訂後、(2)最初の頃のものでの表示、(3)前回少し手を付けた改訂途中、の各表示の内容を画像にしてみました。

Tagsche2jpg

 HP200LXは初号機を購入してから13年経過しますが、まだまだ手放せないマシンです。

 

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

画像リサイズアプリ PyResizeJpg を更新しました。

2009-05-24(日)雨、小雨

 今朝早くに近くで大きな花火の音がしました。これは、市民体育祭の運動会を実施するとの合図でしょう。本当は先週だったのですが雨で順延になってました。
 さて、その後うつらうつらしてから目が覚めたら、土砂降りの音が、、、関係者の方は大変だなあ。
 と言うことで、学校の校庭の方には足が向かず、図書館でぐずぐずしていました。体育祭はどうなったのかな。

 さて、大分前に修正してほったらかしてあったスクリプトを「Python スクリプト雑記」に載せました。

 画像リサイズアプリ PyResizeJpg、PyResizeJpgS V002_0 です。これは携帯電話でブログ更新するとき、写真をアップロードようにリサイズするものです。
 実質的なところは変更していないのですが、フォルダを扱えるようにしたとか、設定ファイルの場所の変更とかです。

手抜きで来歴からの抜粋です。

 ・設定ファイルの読み込み処理を改善した。(データによりエラーになるのを防いだ。)
 ・画像ファイルリスト作成時に、拡張子(.jp)の判定を入れ、余分なファイルを
  リストアップしないようにした。
 ・iniファイルの場所を変更した。  E:\Data  -->  E:\Data\masa
 ・スタート画像ファイルの場所を変更した。(PyResizeJpgのみ)
    E:\Data  -->  E:\Data\masa
 ・画像フォルダを選択できるようにした。(PyFbuiutilを使用)
 ・フォルダ内の画像ファイル有無のチェックを入れた(エラー防止)。

ファイルは「Python スクリプト雑記」の下記項番に貼り付けました。
   6.fubuki で WEB 作成
   (3)PyResizeJpg、PyResizeJpgS

 

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

花とおじさん、じゃなかった、、花と猫さん

2009-05-23(土)晴れ、曇り

 暑いのか涼しいのか分からないような日が続いてます。風があると、結構涼しい気もするのですが、時々は蒸し暑かったりもするので難しい天候です。

 それでも、皆さん運動公園や水無川沿いを歩いています。健康には歩くのが良いようで、、、。自分としては、本当は野良仕事も良いんだけど、やらないから雑草の天国になってます。

Dscx711a

 運動公園の外れで、最近では珍しい三毛に出会いました。ちょっと警戒していましたが、写真の間はじっとしていてくれました。直ぐ上にある住宅街の飼い猫でしょうか。綺麗な毛並みの猫でした。

Dscx712a

 そこから水無川に降りると、土手には名も知れぬ花が咲き誇っています。って、私が名前を知らないだけですが、、ごめんなさい>花さん。

 歩き回るには丁度良い季節です。適度に汗をかいて、夕食前のビールがおいしいですね。

 

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

Python 何が悪いのか(悩)、、何かのバグかな。

 前回のエントリの簡易テキストエディタでは、当日の日付挿入機能を入れました。で、そのフォーマットは、リスト先頭で変えられるようにしました。

で、テストしたのですが、うまく動かないケースが出て悩みました。本やWEBで見ても、良さそうに見えるのですが、、。

 問題点は年月日出力のフォーマット指定です。

date_fmt = time.strftime("%Y-%m-%d", time.localtime(time.time()))
date_fmt = time.strftime("%y-%m-%d", time.localtime(time.time()))

1行目の期待値は 2009-05-22
2行目の期待値は 09-05-22   

です。即ち、%Yと%yの違いです。ところが、

1行目の値は 2009-05-22
2行目の値は 10-05-22   

となっちゃうんですよね。2桁で出す「年」の部分が正しくないんです。

Sscx0484   Sscx0485

 左は上記の1行目と2行目をコピペしてはテストした結果です。右は、同じ2行目を使い、携帯電話の年の設定を、2009年と2008年に変えてテストした結果です。

 どうも、私の環境では「%y」(小文字の方)はうまく動かないようです。ということで、PyMyEditorのドキュメントにも、「%y」は使わないで下さい、と追記しました。

 

| | コメント (2)

Pytnon 簡易テキストエディタ(PyMyEditor) を更新しました。V.000_2

2009-05-22(金)晴れ、曇り

 先日作成して(ベータ版で)記事にしたたばかりの簡易エディタですが、色々と弄っています。で、自分としてはかなり最終版に近い形にしたと思います。とはいえ、弄っているところはもう一点あって、多分次のもので最終版(機能的にです、バグは残るでしょうが(汗))の予定です。

 モジュールは「Python スクリプト 雑記」の「17.簡易テキストエディタ」に載せました。

今回の変更の特徴は

  ・メニューから新規テキストを開始できるようにした。(File-New メニュー)
  ・Find next / Find all / Find all again のメニュー追加

 でしょうか。検索関係を使いやすくした(つもり)、新規ファイルを開始することで、(自分の)クリップボードを介してペーストできるようにするためです。

手抜きで来歴の掲載です(汗)。

000_2 2009-05-22
  ・japanese codecs のimportをチェックして、importできない場合はSJIS関係の
   メニューを出さないようにした。
  ・Save as で上書き保存できるようにした。
  ・メニューから新規テキストを開始できるようにした。(File-New メニュー)
  ・Find next / Find all / Find all again のメニュー追加
  ・挿入メニューに date を追加
  ・Find の処理方法変更(compile.search方法へ変更)
  ・その他、処理ルーチンの見栄え対策

 自分用としては、かなり出来上がってきたと思います。もっとも、普段はどの程度使う機会があるか、疑問ではありますが。活用のメインは旅行の時でしょうか(携帯電話でブログ更新するときです)。

 

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

いい気持ちだにゃん

 運動公園を歩いていると犬や猫を多く見かけます。犬は、皆さんが連れて散歩している犬ですね。で、猫は、、よく分かりませんが、多分ここに住みついているのでしょうか。

Dscx710a

 暑くてのびている訳ではありません。気持ちよさそうに居眠りです。昼寝タイム?、いや時間的には夕食が終わったくらいの時間ですねえ。夕食も終わって、のんびりしているのでしょうか。

 さて、早く帰って夕食を食べないと、、、。

 

| | コメント (0)

景気はともかく、草は元気が良い

2009-05-21(木)晴れ、のち曇り

 まあ、題名のとおりです。例によって良く通る水無川沿いですが、運動公園を外れたところからは、草の元気がよいようです。運動公園側はシルバー人材センターのおじさん方が、よく機械で刈っています。

Dscx708a

 そろそろ夏本番も近いのでしょうか。
 しかし、この草を見ると、子供の頃山羊を飼っていて、毎日のように河原に草刈りに行った事を思い出します。(山羊の餌ですね)

 

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

どういう意味かなあ、、Charanger..

2009-05-20(水)晴れ

 大きな道を通っているときに工場の横に止まっている大きなトラック、そのボディに大きな標語が書いてあります。英語らしいのですが、、よく分かりませんでした。私も英語は得意ではないのですが、それでも中学、高校生くらいには学んできたのですが。

Dscx709a

「 Big Charanger
  Be  Passionate 熱気
       Postive   やる気
       Persistent 根気」

 と有ったのですが、、、Charanger、Postiveが分かりませんでした。夜、ギターの練習に行くついでに図書館でオックスフォード英英辞典で見たのですが、有りませんでした。

 会社の車で、でかでかと書いているのだから何か意味を持たせていると思うのですが(苦笑)、どういう意味でしょうか。Char-womanにならってChar-angerというのも考えましたが(angelのつもり)、これじゃ炭の怒りだし、、Cha-rangerは茶・レンジャーだなあ、、、。どなたか、分かったら教えて下さい。

 と言うことで、結局分かりませんでした。でも、この車の運転手には余りなりたくないなあ、、、。

| | コメント (6)

2009年5月19日 (火)

Python 時刻セットアプリ PySetClock更新 と誤差の話

2009-05-19(火)曇り

 それほど必要ではないと言いつつ、いじり回してバージョンを2つほど更新しました。

 モジュールは例によって「Pythonスクリプト雑記」の「16.時刻合わせスクリプト 」に載せました。

 今回の変更は、下記を入れました。

001_1 が
  ・回線のディレイの補正を入れた。
  ・正常時のログに各種時刻値を追加した。

001_2 が上記に加えて更に
  ・設定ファイルに、時刻補正値を書くことができるようにした。

 即ち、なるべく誤差を少なくしようというものです。回線のディレイの補正はHiisiさんのPyNTPを参考にさせていただきました。これは、ディレイを計算して自動的に補正するものです。
 何日かログで見てみましたが、実際は補正に影響するほどの遅延は無いようです。大体60ミリ秒ぐらいですから、秒単位のセットでは影響しません。

 設定ファイルに入れる時刻補正値は、原理的に発生する誤差を少しでも補正しようとするものです。

 ログは、これらの値を見てみようかというために入れてみました。こんな感じになります。

Sscx0483


誤差について:

タイムサーバから時刻データを取得してセットしますが、原理的に0~2秒弱の遅れが発生します。「2秒弱」は正しくは「1秒強」かもしれませんが、表示の上では2秒の遅れに見えるときがあります。
 これは、タイムサーバの時刻取得方法は不明なのでさておいても、タイムサーバからの時刻データは秒単位、携帯電話での時刻セットも秒単位、の2点からどんなに頑張っても0~2秒近く(1秒強?)の遅れが出るわけです。携帯電話の中での扱いによっては若干進むこともあるかもしれません。即ち、時刻セット時に、タイマの小数点以下の部分もリセットされるのか、前の値の延長でカウントしてゆくのかで変わります。

 と言うことで、強制的に0.5秒ぐらい足し込んで、誤差を -0.5秒~0.6秒(ぐらいか)にしたいなということで、足し込む値を設定できるようにしました。

 まあ、今の方法(タイムサーバから取得してセットする)をとる限り、それほど神経質になっても仕方がないのですが、、。

 

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

Python ブラウザとエディタの連携、 パラメータ引き渡し編

2009-05-18(月)晴れ

「パラメータ引き渡しとスクリプトのままでの実行について」

 先日書いた、簡易テキストエディタ「PyMyEditor」は、自身からファイルを開く機能はありません。原則として、その前に書いたファイルブラウザ「Filebrowser」の「開く」から拡張子連動でテキスト関連ファイルを開いて閲覧、編集します。

 現在、拡張子連動に使えるのは(.pyスクリプトのまま使う必要があるので(注1))、以前から使っている「py60tex」と、今回の「PyMyEditor」の2つです(2つになりました、と言えるのが嬉しい(笑))。「Filebrowser」では、それらを切り替えて使用できます。

  注1:ファイル名をパラメータとして渡すためには、今のところこれしかないためです。

 すなわち、ここで問題になるのが、パラメータ(ファイル名)の引き渡しです。両方でアクセスできるものを介する必要があります。
 案として、下記を考えました。

 (1)変数 sys.argv に入れて渡す。
 (2)C:\@@pmed_tmp.dat などという、勝手なテンポラリファイルに書き込んで渡す。
 (3)OSのクリップボードに書き込んで渡す。

 (1)のsys.argvはpythonインタプリタが管理している変数(と書いてあった)のため、SIS化してインストールした場合は読めませんでした。従って、.pyスクリプトのまま使うことになります。

 (2)では、エディタ側も改変してからSIS化すれば、SISインストールでも大丈夫ですが、py60texも改変しないと対応できません。それに、何となくスマートではないように思います。

 (3)は、(2)よりはスマートですが、クリップボードへの書き込みが難しいです。下記(注2)サイトのスクリプトで、英字は書き込めますが、日本語が入ると駄目です。代案としては(2)との折衷案で、メモリ D:\ のどこかにテンポラリファイルを書き込むという手もあります.
まあ苦肉の策ですね。それほどスマートではないのと、(2)と同じく互換性が問題です。

  注2:http://discussion.forum.nokia.com/forum/showthread.php?t=117567
     この情報はレオナパパさんに教えていただいたものです。とはいえ、日本語を
     使うにはハードルが高そうです。

 ということで、当面はファイルブラウザもエディターも、pyスクリプトのまま使用することを考えています。
 

「ランチャーの利用」

 さて、そうするとブラウザも、Pythonを立ち上げて、ScriptShellから起動、、と言うのも面倒です。そこで、利用するのがランチャーです。一番簡単なのは「Filebrowser」をすぐ立ち上げるためのランチャースクリプトとか、エディターを直ぐ立ち上げるランチャースクリプトとかを作って、SIS化すれば良いわけです。が、それだけでは何なので、、と作ったのが、以前書いた「PyMyShell」です。これのSIS版をインストールして置いて、ここから「Filebrowser」を起動してファイルをブラウズし、必要なものを拡張子連動でエディタで開く、、という使い方です。もちろん、エディターも登録しています。

 と言うことで、「PyMyEditor」も作って、全部自分のスクリプトで完結できるようになりました。

現在の、自分の環境は以下の通りです。

PyMyShell   ---- ふぶき       fubuki_m.py
(sis版)     -- ふぶき変換   fubuki2htm.py
         -- 画像リサイズ PyResizeJpgS.py
         -- ファイル転送 PyMyFTP.py
         -- 電話帳       jContactsM.py
         -- ノートNdb    PyNoteNdb.py
         -- ノートPad    PyNotePad.py
         -- 買い物リスト PyShopper.py
         -- Filebrowser  Filebrowser.py ----エディタ PyMyEditor.py / py60tex.py
         -- エディタ     PyMyEditor.py

 後は、これらをフルに活用するしかない香港へ行く手だてを考えるだけです(笑)。なんか、卵と鶏の関係になってますが、、、(汗)。

 

| | コメント (0)

2009年5月17日 (日)

休日練習

2009-05-17(日)曇り、雨

 今日の午後は、ギター合奏の休日練習です。先生に来ていただく数少ない日なので、何としても出席します。やはり自分たちだけでやっているときに比べて、先生に見ていただくとぐっと演奏が良くなります。

 今日は雨模様と言うこともあり、他の用事ができなくなった方も参加したので、出席率は良くなりました。各パートが複数人になると、練習していても音の厚みが厚く深くなります。弾きながら聞いていても、なかなか良いなあと思います。

 今日は、練習している合奏曲全部(6曲)をやったので、最後は指先が痛くなりました。普段の練習が足りないのでしょう。でも、今日は良い練習になりました。途中のお茶会(休憩)も楽しかったし、、、。

 

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

寒い、図書館に避難

 先日までの真夏日が何処に行ったのかと思うような寒い(大げさ?、いや本当に寒い)日になりました。こういう日は足下から冷えて、血圧が際限なく上がります。仕方がないので図書館に避難です。家の暖房は、上の方は暖まるけど足下がねえ、、だから思い切って図書館です。

 それに図書館の方が、雑念に惑わされず本やスクリプト改造に専念できます。で、出てきたのが、、先日書いたお弁当箱です。図書館の周りには、食堂というかレストアランは2カ所しかありません。良く行っていると、選択肢が無くなるんですよね。

Dsc02367a

 ん十年前のように、2段重ねのお重のようにしてみました。といっても、面倒なので手抜きで野菜炒め定食弁当ですかね。ま、食えるだけで有り難や、腹に入れば皆同じ、、、←これは、アニメからの言葉です(笑)。

 

| | コメント (0)

Gmailに振り回された。 LZHは最強?、、編

2009-05-16(土)曇り、夕方から小雨

 いや~、Gmailに振り回されてしまいました。
友人からメールでファイルを戴き、テストしてテスト結果とそれにより変更したファイルを添付して返信したのですが、、、CCで入れた自分にメールが返って来ないのです。サーバで送信されなかったのかと何回も送ったり、別のサーバから送ったりとしました。結果から言うと、たぶん全部届いていると思うので、友人には迷惑をかけたかもしれません。

 そこで、LZH(LHA圧縮)は最強だなあ(笑)と感じたことでした。

自分にCCのメールが届かなかった原因は:
 Gmailは、添付ファイルにバッチファイルやexeファイルが入っていると、送信・受信ともブロックする(送受信しない)と言う点でした。これは、GmailのヘルプというかFAQにあります。zip、tar、tgz、、などの圧縮ファイルにしてあってもブロックされると書いてあります、rarも駄目でしょうね、きっと。

 私のメール関連図は、以前も書いたのですが下図のようになっています。プロバイダAで送受信し、受信メールは(CCで自分で送ったものも含めて)Gmailに転送しててスパムをおとし、プロバイダBに転送しています。

Dscx705a

 この、Gmailでカットされていたわけです。CCのメールは、プロバイダAのメールアドレスをGmailの送信でも使うことになっているせいか、ブロックの注意メールが(A宛に)送信されていないようでした(自分から自分に送ることになるから?)。この辺の動きは、外からだけでは見えませんでした。

 しかし、惑わされたのは、、、最初の友人のバッチファイル入りの圧縮ファイルが届いたことです。だから、ブロックが適用されているとは思いつきませんでした。下図のごとくテストして、やっと納得がいきました。

Dscx706a   Dscx707a

 そして、分かったこと
 バッチファイル入りの場合、zip、tar、、などの圧縮ファイルはブロックされるが、LZH(LHA圧縮)ならば送受信できると言うことです。恐るべし、最強のLZH??(笑)、    純国産の圧縮アプリだからでしょうかねえ。確かに、友人から受信したのはLZH、自分で添付したのはzipでした。
それにしても、2日にかけて悩んではテストしました。

 ちなみに、プロバイダAのスパムフィルターもGmailと同等になったので、Gmailを通して受信、と言うのも考えないといけないかもしれません。会社関係ではバッチファイルやexeファイルの送受信はないけど、趣味の世界だと(DOSをかなり使っていると)随分とあるような気がします。良い勉強になりました。

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

Pytnon 簡易テキストエディタ(PyMyEditor) を作りました。

2009-05-15(金)晴れ

 myeditor.pyという、Filebrowser.py にエディタを追加しようとしたスクリプトがありました。それを見て、簡単なエディタを作ろうと思い立ちました。

 目的は
(1)自分で作成したFilebrowserから拡張子連携で起動するエディタに使う。
  小さくて軽いものにする。

(2)fubuki.pyやfubuki2htm.pyでブログやWEBの原稿を作成する(注1)のですが
  その編集に活用できるようにしたい。すなわち、定型の記述を挿入できる
  メニューを沢山設けたい。
    注1:「fubuki.pyや...~を作成する」については、同じく「Python スクリプト
       雑記」に載っています。

 このエディタは、先日も書いた「Filebrowser」と一緒に使い、拡張子連動でテキストを開くことを目的にしています。エディタ部分しかありません。従って、エディタを直に起動すると、新規ファイルか決めうちのテンポラリファイルを開きます。エディタからファイルをブラウズして、あるファイルを開くという機能はありません。ファイルブラウズ機能は「Filebrowser」に任せています。

  当初は、UTF-8のみの対応で簡単なものにしたのですが、あれも欲しいこれも欲しいと追加して、あまり軽快なものではなくなったかもしれません。

 一口に言う特徴は
  ・簡易なエディタ
  ・定型の記述の挿入を沢山設けることができる。
  ・ファイルオープン時はUTF-8、Shift-JISが自動検出される。
  ・出力時にUTF-8、Shift-JISを選択できる。
  ・選択、コピー、ペーストなどがメニューから行えます。

 スクリプトは、例によって「Python スクリプト雑記」の「17.簡易テキストエディタ」に載せました。

 せっかくなので、画面のショットを、、、。

Sscx0479    Sscx0480

Sscx0481    Sscx0482

 3番目のメニューから開いた最後の画面が、定型文を挿入するメニューです。画面の部分は、Pythonスクリプトを書くときに便利なようになっています。

 

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

Python 簡易ファイルブラウザ(Filebrowser) を更新しました。

2009-05-14(木)晴れ、のち曇り

 先日更新したばかり(この記事)の簡易ファイルブラウザですが、また更新しました。ユーザインタフェースも含めて、色々と試行錯誤して来ましたが、概ねこの内容でフィックスすると思います。これでm使用してゆきたいと思っています。エディタとの、拡張子連動でのファイルオープン連携もバッチリですし、、、。

今回の一番大きな変更は
  ・左ソフトキーで選ぶメニュー方式に変更した。

事でしょうか。今まではファイルとかフォルダ(の表示”.”)をクリックすることで操作していましたが、オプションキーのメニューから選ぶ方式にしました。これにより、使いやすく、かつフォルダ操作メニューも増やすことができました。画面上でも”.”が無くなり、すっきりしました。

その他の変更は

 ・open app(テキストを開くアプリ)を複数指定可にした。
 ・ini_fileを使用できるようにした。
   起動時に開きたいパスの指定   :def_path
   前回開いていたパスを記憶する機能:last_path
 ・メニュー追加(Go to def dir)
です。

例によって、モジュールは「Python スクリプト 雑記」の「12.簡易ファイルブラウザ」に掲載しました。

 

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

来月なのにボロボロ?、、

2009-05-13(水)晴れ

 今夜もギターの練習に参加して来ました。さて、そこでの話、。

 今年初めから、6月には工場外ので演奏会(関係者ぐらいしか来ませんが)をやろうと言ってました。例によって、我が団体の準備の悪い癖が出て、来月(の28日)なのに、準備がボロボロかも(?、幹事の方、ごめん)。場所は先月、何とか1カ所押さえました(抽選が入るので、なかなか決めにくいのはあります)。

 さて、5曲やろうという合奏のうち、一曲は今回初めて音あわせをしました。昔かなりやった曲と言うことで、スタートが遅かったのですが、、、やってみたらボロボロ。忘れてますわ、40%もひけませんでした。
 合奏以外の曲は、、、今日、あれやこれやの案で対象者に声をかけてましたが、どうなる事やら若干心配ではあります。それでも、良く弾いている人もいますから、追い込みで何とかしてしまうのが、我が団体の悪いところ(いいところ?)です。

 といいつつ、自分は、、と振り返ってみると、まあ準備は悪いです。5月連休に1回ぐらいは自分で練習しておけば良かったのですが、、、。できないところが人間らしいところ(んんん???)でしょうか。さ~て、今月は練習しないとなあ、、、。

 

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

カウンタがWEB側を抜いた。

2009-05-12(火)晴れ

 ふと、昨年まで使っていたWEB(今も入口としては使用中)のカウンタ(85,348)とブログ(ここです)のカウンタ(87,162)を見たら、既に追い抜いています。WEBは何年かの結果ですが、ブログは丁度1年です。

 WEBの時代は、本当に数人の方しか知らなかったですし、ブログになってからはRSSも使えるし、という違いもあるとは思いますが、、、見に来て下さる方に感謝です。大した内容もないのですが、これからもよろしくお願いします。

 Pythonスクリプトを弄っているのですが、まだまとまっていないので、こんな事を書いています。ちなみに、今作成してテストしているのはテキストエディタです。今更の感があるスクリプトですが、自分の使いたい機能を盛り込んだものです。(と言うことは、他の方から見ると使いにくいのかもしれませんが。)
 次回香港行きの時に活用できるようにするため、書いてはテスト、バグを出しては改造、、、を繰り返しています。

 

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

にゃんですか?

 昨日、図書館からの帰りがけに運動公園内を散歩していた時の光景です。

Dscx704a

 公園内には、数匹の猫がいます。野良だと思います(年中、冬でもいるし)。食べ物は、、どうもどなたかが持ってきているようです。ここでは、その是非を云々(でんでん ← なぜか変換できた 注1)という話ではありません。

  注1:うんぬんで、云々(でんでん ← なぜか変換できない)ってのが、某掲示板では
     流行っていたのでパロディってみました。

 生き物は全て、衣食住が足りると性格が穏やかになるようです。この猫たちも、衣(は関係ないか)、食(これは貰っているみたい)、住(公園は、冬は寒いけど誰も逐わないから)が何とかなっているみたいで、性格が穏やかです。近寄ったりしてものんびりしているし。
 写真を撮るため近づいたら、ちょっと迷惑そうな顔をして、「にゃんですか」と言いたげでしたが、逃げないでのんびりしていました。

 

| | コメント (0)

Python ちまちまと更新 jContacts と PyWakeUpSP

2009-05-11(月)晴れ、のち曇り

 今日も暑かったですね、さすがに長袖は、、ちょっとという感じでした。

 さて、大した訳もなく変更したものですが、「Python スクリプト雑記」に張り付いているので更新しました。(自分のアーカイブも兼ねていますので、、、。)

jContacts 1.04 (電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト)
  ・設定ファイルの格納フォルダ変更
  ・Aboutの追加

 と内容のない更新です。

■PyWakeUpSP (目覚まし)
  ・文字コードの理解不足から、音楽ファイルパスが間違っていたときに使うファイルで
   エラーになるのを修正しました。(音楽ファイルに、存在しないパスを指定したとき
   発生します。)

Python スクリプト雑記」を更新しました。(項番7.2 と 1.3 です。)

 

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

空港の検疫も大変ですね。

 新型インフルエンザの件も、日本人の患者も出たようですね、感染したのは国内ではないようですが。
 さて、空港での検疫も大変ですよね、みただけで分かるわけではないですし。機内確認もしているのに、結構すり抜けていたり、分かってもトランジットだと法律の範囲外で手が出せなかったり、、まだまだ不備があるのかな。 

 これで、思い出したことがありました、随分昔の話ですが。

Dsc02360a

 これ、有名なスイスのアーミーナイフですが、、、プラスティックがグニャグニャになって、ナイフの金属から離れているのが見えますでしょうか。これ、その時の名残です。せっかく、彼女(と自分では思っていた)が、ヨーロッパへ行ったときに買ってきてくれたナイフなのに、、。

 これをもって、とある中東の国へ旅行したときです。自分のツアーや、同じあたりを動いていた別の旅行会社のツアーとかが、軒並みお腹を悪くしたわけです。森の木陰でドンジャラ、、じゃないけどお祭りです。即ち、(お腹が)ピーヒャラドンドンドン、皆さん、かなり寝込んだりしました。ドクターを呼んで貰ってブチュッと注射されたりした若い女性もいました。

 で、帰国したときに、私は自分の身体が大切だから申告して検査して貰いました。ただ、その場で結果は出ないんです。で、他の方は、、、何かあったら電話下さいねと言って、大丈夫でしたよと申告してさっさと帰りました。私は帰宅して次の日だか、その次の日に市役所から人が来て、そのまま隔離病棟に検査入院です(無料ね)。家とか消毒にきました。会社とかも消毒して廻ったようです。家の消毒と言っても、玄関ドアのノブとトイレのドアのノブを拭いて帰っただけですが。おいおい、布団は良いのかい、風呂はどうするの、、と言いたくなりましたけど、黙ってました。

 検査入院は、問題有りというのは直ぐ分かりますが、問題なしというのは何日も連続して問題が検出されないことが必要でした。即ち、中身3日間連続して、問題なしの検査結果がでないといけないわけです。少なくとも5日はかかります。しかし、問題あった場合、帰った方達の周りはどうなったんでしょうね、いま思うと。

 そして、出てくるとき持ち物はすべて消毒して後日返還すると言われました。それでもむりやり携帯電話とHP200LXは持ち帰ったので、無事だったのですが、、、、ナイフはご覧の通りです。薬品をかけて、特殊な光(熱と紫外線)をかけるのだそうです。着物はすべて変色、縮んでいて、返還された箱のまま次の日に燃えるゴミに出しました。これなら、最初から焼却に回しますと言ってくれればいいのに、、と思いました。

 今は懐かしい思い出です。それにしても、ここ20~30年の日本は清潔な環境が整い、それに慣れすぎた人が多くなりました。食事の前に手を洗う人がいません。当時の旅行でも、日本にいるような感じで、殆どの人がレストランで手を洗わないのです、がパンは手でちぎって食べています。歩いて廻った外のことを考えると、ぞっとするような話でしたが、お腹をこわすまでは、だれも気にしませんでした。気をつけたいものです。

 

| | コメント (0)

連休で一番役に立ったもの

2009-05-10(日)晴れ

 今日は暑かったですね、真夏日の場所も多かったとか、、暑い(熱い?)母の日になったようです(あは)。

 さて、この連休中に一番働いた(一番役に立った)ものは何かというと、、、車ではなくてこれかなあ。洗ってしまいこむので写真を撮ってみました。またちょくちょく使おうと思います。

Dsc02363a

 そう、お弁当箱です、それも30年前のものです。図書館へ行くときのお弁当は、普通はおむすびとタッパーに入れたおかずなのですが、手間を省くためにお弁当箱にしてみました。ということで、30年間眠っていたお弁当箱が起き出してきたわけです。

 これ、2段あるのですが、フルに入れると多すぎ、1段だと少ないんですよね。昔は、2段入れたのを食べていました。下にご飯、上がおかずですが、作ってもらったとき下のご飯がぎゅうぎゅうに入っていました。これ、会社で食べてると、でかいから目立つんですよね。弁当箱を買ってきて作り始めた嫁さんに悪いから、毎日しっかり食べたのですが、最初の一週間で音を上げまして、以後は7割詰めにして貰いました。懐かしい思い出です。

 で、この連休も毎日のように持参で図書館に通いました。おかげで、サイフを出す機会がめっきりと少なくて済みました。

 

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

思索の道、、、、ほどでもないが。

 大分以前に「思索の道」として、いくつかの散歩道を書いたのですが、それにならって、、書いてみました。

 この連休は、本当によく図書館に行きました。おかげで、スクリプトも色々と勉強になりました。さて、その図書館は運動公園の一角にありますから、その周りは散歩するにも快適です。

Dscx702a

 こんな道を歩きながら、アイデアを練ります。図書館の椅子に座って考えていても駄目ですが、考え事は歩きながらに限ります。もちろん、普通の道路では交通事故が怖いですが、ここは人しか通りませんし、それも殆ど歩いていませんから、考え事には快適です。

 まあ、結果として凄く良いアイデアが浮かんだかどうかは別ですが(笑)、、、少なくとも健康には良かったと思います。

 

| | コメント (0)

Python 簡易ファイルブラウザ(Filebrowser) を更新しました。

2009-05-09(土)晴れ

 今まで遊び半分で弄っていた簡易ファイルブラウザ(Folebroeser)ですが、結構真面目に改訂を繰り返してみました。
 その理由は、、、Nokia 5800XM で使えるファイルブラウザが欲しかったからです。

 下記は同梱テキストからの抜粋ですが、3つめの目的に向かっているわけです。

-------------------------------------------------------------------
 目的は3つ有ります。
  1つめの目的は、テキスト関係のファイルをクリックした場合py60texというエディ
 タでオープンさせたいためです。

  2つめの目的は、Pythonのスクリプトをクリックしたら、そのまま実行できるよう
 にして、自分で作るShellスクリプト用のブラウザにしたいためです。

  3つめの目的は、Nokia 5800XM で使えるファイルブラウザが欲しかったからです。
 ふつうの使い方では内蔵のファイルブラウザでも良いのですが、内蔵のものですと
 たとえばC:\Python が見えません。他の機種でよく使われている Y_Browser は左右
 キーがないと、フォルダ階層を上下できません。
  SYmSMB のファイルブラウザだと".."があるので、フォルダ階層を動けますが、縦
 のスクロールバーが動きませんでした。
------------------------------------------------------------------------

 例によって、モジュールは「Python スクリプト雑記」の「12.簡易ファイルブラウザ」に「掲載しました。

 もっとも、またいじり始めているので、直に古くなりそうですが、、、。

 

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

Python 時刻セットアプリ PySetClock

2009-05-08(金)雨、のち曇り

 5月連休の図書館がよいの結果、のひとつです。携帯電話の時刻あわせを行うスクリプトを作成しました。

 今までメモしてきた小ルーチン(時刻セット部分とか、アクセスポイント読み出しとか、それのリストアップルーチンなど)を消すのも勿体ないし、ちまちましたまま保存しておくのも面倒なので、ひとつのスクリプトにして記録しておくことにしました。そういう勉強のためのスクリプトです。

 モジュールは例によって、「Python スクリプト雑記」に貼り付けました。

 実行したときの画面はこんな感じになります。実際は、見ていないときに動作させるので、あまり関係はないのですが、、、。 

Sscx0473_2 
 

■概要  ← 同梱テキスト抜粋(手抜きです。)

  タイムサーバにアクセスして時刻データを取得し、それを携帯電話にセットするスクリプトです。実行した結果はログファイルに出力しておいて、後でチェックすることができます。うまく取得出来なかったときのチェックには有効かもしれません。

  既に色々な時刻設定アプリやスクリプトが出ていますので、今更の感がありますが、自分の勉強のために作成しました。設定ファイルの書き込みルーチンなど、今後使えそうです。
  また、内容が分かっているので、自分では使いやすいです。

■手動で起動するほか、Hiisi さんの PyTaskServer で時刻指定で起動させるなどの使い方をします。もっとも、 PyTaskServer を使うのでしたら Hiisi さんのPyNTP を使うことをお勧めします。私のは、まだ勉強段階ですから、、、。

  PyTaskServer、PyNTP → http://hiisi-proxy.blogspot.com/ です。

 

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

珍しく再起動に出会った

2009-05-07(木)雨、曇り

 今日の話ではないのですが、市内では珍しく再起動に出会いました。とあるPythonスクリプトのテストの関係で、PyBootLog(再起動時の日時記録スクリプト)のログを見て気がつきました。とあるPythonスクリプトは、また近日中に書く予定ですが、それは別として、、再起動の話です。

 PyBootLogのログによると、5月5日の午前中にリブートしています。最初は自分でかけた再起動かな、と思ったのですが、その時間は触れない時間なのでそんなことはありません。その時間は、、、金属製のロッカーに入れた直後の時間帯です。休日のプール公開が始まる時間の直後なので、間違いようがありません。

 と言うことで、以前の例(秋葉原で出会った例)でいうとメール受信と被るとか、ネットワークを見失うと言ったようなネットワークにアクセスするような時とか、に危ないんですかねえ。近いうちに、また横浜とか東京に行ってみたいと思っています。

 PyBootLogスクリプトとPowerBootアプリは役に立つなあ、、PowerBootの作者さんには感謝しています。PyBootLogの作者さんにも、、あ、これは不要か、、、。PyBootLogは数ステップのものです、これは作成よりアイデアの勝利かな(笑)。

 

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

懐かしい本、石森章太郎、、

2009-05-06(水)雨
     (遅くなったので、次の日のアップです。)

 今日も図書館でした。帰りがけにいつものポスターが目に入りました。手塚治虫展、、近いうちに行かないとなあ、でも江戸東京博物館は遠いなあ、、などと思いながら帰路につきました。

 で、ふと思い出して古い本(漫画)を漁ってみました。っていっても、本棚2つ分くらいしかないのですが。私が漫画にとりつかれた、きっかけの漫画が出てきました。

Dscx220a_3

 石森章太郎・作「奇人クラブ」です。もちろん、最初に読んだのは単行本で出てからではなく、少年漫画週刊誌に掲載されたときです。それ以来、週刊誌の古本を漁っては、切り抜いて収集したものです。今から40年も前の事になるのでしょうか。
 その後、単行本が出てからは、そちらに切り替えてしまいましたが。

Dscx219a

 これも古いもので、当時なかなか好きな作品でした。石森章太郎氏も他の方もそうですが、最初のころは少年漫画と少女漫画の境界当たりの雰囲気があります。当時、純然たる少女漫画の世界は「わたなべまさこ」氏あたりでしょうか。


 次は珍しい本です。

 Dscx217a    Dscx218a

 少女版・ミュータントサブ です。サブが少女なのではなくて(笑)、少女漫画の本に掲載された版なのだそうです。
 単行本では出版されなかったため、これは「石森章太郎ファンクラブ」が2周年記念として復刻発行したものです。私はクラブ員ではありませんでしたが、何かのつてで譲っていただいた記憶があります。
  当時、ありがとうございました。>>克伸さん

 眺めていたら、次々と懐かしくなってしまいました。しばらく、続きそうだなあ、タバコネタもなくなってきたし、、、。

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

Python 懲りもせず書き換えばかり、、

2009-05-05(火)晴れ

 今日も図書館に行ってきました。運動公園いの横や水無川沿を通ったら、こどもの日の催しをやっていました。川沿いにテントが張られ、鯉のぼりが何百メートルかにわたって飾ってあり、大勢の子供連れの方が集まっていました。
 しかし、あいにくの天気ですね。昨日までの天気が、後1日持ってくれればいいのに、皮肉なものです。でも、子供の心には、そんな雨の中の風景も遠い日の記憶として残ってゆくのでしょう。

 この連休は図書館に入り浸りです。昼前から弁当持参で行ってますから、この連休の出費は少なくて助かったなあ、、、(笑)。なんせ、いつも良く行くコーヒーショップとかマクドナルドにも行かないのですから、、。
 さて、そんなに長時間入り浸っていても、上には上がいるもので、私より先にきて私より後までいる方がいらっしゃいます。やはり、PCと色々な資料を持ってきて入力したり勉強したりしています。

 さて、そういうことで、この連休はPythonのスクリプトを改造しては、また書き直しなんてやりました。最初からきちんと仕様を考えて作ればいいのですが、まあ趣味ですし、勉強を兼ねてますから、書いて動かしてテストしてみる、、の繰り返しです。それに、実際動かしてみると、こうではない方が良いかな、、などとアイデアが出てくるものです。

 とはいえ、頭の中だけで考えられる年齢は過ぎましたから、仕様らしきものをA4の紙に書き殴ってはリストを弄っています。

Dsc02355a_2

 これは、メニューと動作をメモしたマトリクスです。いずれはEXCELに入れて、それを見ながらテストする、、という手はずです。(実際、そんなにきちんとやるかどうかはその時の流れです(汗)。)

 

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

Greenfields, forever

2009-05-04(月)晴れ

 忌野清志郎さんがなくなられた記事を読みました(ちょっと遅れてますが)。まだおわかいのに、、と思いました。自分自身は、これがこの方の、、と思って聴いた曲の記憶はないのですが聞けば、あ、これかと思い当たると思います。

 そんなことと、図書館通いで疲れたこともあって古い曲のCDを取りだしてみました。久々に聞いたCDです。私はロックンロールとかフォークの時代でしょうか。ロックンロールですね。ロックというとハードとかヘビメタもロックに分類されし。もっとも、この辺の事情には詳しくありませんが。

Dsc02353a_2 

 久々に聞いて懐かしさに思わず涙、、までは行きませんが、それでも「パフ」とか「500マイル」とかは、ちょっとホロッときました。
 「サンフランシスコ湾ブルース」は調子がよいので、思わず目の前にあったお玉とシャモジを振り回して踊りながら歌ってしまいました、お玉とシャモジは先が重いので、振り回すには丁度良いですよ(笑)。多分、これからもずっと聞いてゆくでしょう。

Dsc02354a

 久々に電源を入れたパワーアンプです。真空管がほんのりと点っているのが見えますでしょうか。これを見ながら聞いていると、なかなか味があります。

 その昔は床が震えるようなボリュームで、「paint it black」あたりを聞いたものですが、近所迷惑だったろうなあ。

 今これを書いている横では鎌倉のFMかな、ハワイアンで「ロシア民謡」、「コーヒールンバ」、「峠の幌馬車」が流れています、凄い組み合わせだ(笑)。

 

| | コメント (0)

2009年5月 3日 (日)

トラックバックを一時的に封鎖しました

 う~ん、最近自動的に付けるとおぼしき、怪しげなサイトのトラックバックが多いですね。仕方がないので、一時的にトラックバックを封鎖しました。暫くしたら開こうと思っています。さて、この設定で閉じたのかなあ(汗)。

 

| | コメント (0)

ローミング、何とかして欲しい SBM

 色々なアプリを改造したり弄ったりして、携帯電話でテストしているのですが、そのとき使う携帯電話が下記の組み合わせです。

(1) X02NK  + SBM SIM
(2) 5800XM + HongKong Three のSIM

 このとき(2)はSBMにつながっていることが多いのですが、パケット通信が動いたり動かなかったりします。先日書いたときは殆ど動かなかったのですが、今日は10回のうち3回位は動きます。う~ん、何とかして欲しい。HongKong Threeのほうの問題かとも思ったのですが、手動でdocomo網につなぐと100%つながりますから、ユーザとしてはSBMに言いたくなるんですよね。

 このため、気がついたときはdocomo網につないでおくのですが、いつの間にやらSBMになっているのです。多分、車のトランクに入れたりするので、網から切れた後につながるときに強い方になってしまうのでしょう。この辺はNokiaの作りの話かもしれませんが、悩ましいところです。

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

python しこしことWEBを更新

2009-05-03(日)晴れ

 今日も渋滞がひどいようですね。図書館も、昨日に比べると混んできましたが、それでもPC持ち込み室は各自ごとに区切られていないせいか、若干人が少ないです。皆さん、各自ごとに区切られた方に行くようです。

 さて、そういうわけでスクリプトの整理やらWEBの整理をしています。自分用のメモとして、下記の記事へのリンクを「テク’ノート」の「Python スクリプト雑記」に記入しました。

 14.携帯でスクリプトのSIS化 -py2sis-     元に記事はこちら
 15.再起動日時記録スクリプト -PyBootLog- 元に記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

Python appuifw.app.menu のワナ

 さて、先ほどのエントリで書いたとおり、渋滞がひどそうなのでこの連休は図書館がよいです。毎日、お弁当とPCを持って図書館へ行っています。で、PCではPythonのスクリプトの勉強やら改造やら、、です。

 で、落ちました、ワナに、、、。S60_theme さんのpy60tex を5800XMで便利に使えるように修正を検討していたのですが、そのテストで半日、足踏みしてしましました。
 そのワナとは、、、appuifw.app.menu で出すために記述するメニュー項目は、メインメニュー、サブメニューの項目合わせて30までという点です。

 キーのない5800XMで、py60texをつかって簡単にコピー/カット/ペーストができるように、メニューを追加しようとしたのですが、、、動かないんですよね。メニューが出ているのに、クリックしても何も起きないのです、エラーになるのでも無し、、。

 ひとつずつ追加したりはずしたりして、最後にもう一度「API reference」を読み返したら、どうも総数で30か?と気がついたわけです。それぞれ30では無かったですね。ということで、31個目から動かなかったわけです。
 エラーになるとか、メニュー表示が出ないとかしてくれると良いのですが、メニュー表示はあって、ただクリックしても動かないだけ、、だから悩んでしまいました。

 となると、メニューの作り方にも気をつける必要があります。

App_menu01

 左の作り方は項目数は4です。ただ、分かりにくいので右のようにメインメニューにまとめると、項目数は6になります。従って、むやみに分類すると項目数が増えて、制限にかかりやすい、と言うこともあります。

App_menu02

 どういう順番にカウントされるかというと、メインメニューが先にカウントされ、次ぎにサブメニューがカウントされるようです。上図では Main menu 10 は実行できますが、Sub menu 32 は実行できません。Sub menu 32 のほうがMain menu 10 より先の方のメニューにありますが、カウントされるのがメインメニューが先だからです。

 いや~、半日悩んでしまいました。おかげで、お弁当がおいしく食べられました(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速料金の割引って、、

2009-05-02(土)晴れ

 今日は暑いくらいの、そして良く晴れた行楽日和ですね。大渋滞が始まっているようで、、、ご苦労様です。

 実は、先日まで勘違いしていました。ETCを付けようかな、、などと考えたのですが機器はないし、、、で、先日の兄との飲み会で話したら勘違いに気がつきました。それまで、割引は平日限定だと思っていたのです。

 平日は、一般の人の使用が少ないから割り引いて、平日の客を増やす/或いは休日から平日に分散させる、、ためだと思ったのです。でも、休日限定、、それで無くても渋滞する休日に出かけるのか?、、となって、ETC探しは終わりになりました。
 休日にんんん時間の渋滞の中をのろのろ走るなら、平日に一般道を走った方が良いのでは?と言われてしまったからです。

 5月連休は、やはり大渋滞しているようですね。高速料金を割り引かれても、ん十キロの渋滞に入ってガソリンを無駄に燃やして、体力も燃やして、サービスエリアで余分にお金を使って、、、いるのでは無いのかなと思ってしまいます。それなら、150%の混雑でも新幹線の方が良いのかも。でも、子供連れだと色々な荷物もあるし、、、。難しいところです。

 でも、これで出かけてもサイフは締めるから、お金が一杯落ちる、、というのは難しいかも。総量が増えるのではなくて、落ちる場所は変わるとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

Python スクリプト起動用スクリプト(PyMyShell)を更新しました。

2009-05-01(金)晴れ

 ついでなので、Python スクリプト起動用スクリプト(PyMyShell)を更新しました。あまり変更の必要はなかったのですが、appuifw2への対応が主なものです。

変更来歴から、、、(手抜きです)。
002_1:  2009-04-27
 ・appuifw2を使えるようにした。これは、主に Nokia 5800 XM への対応です。
  appuifw2をインストールしていれば、リストボックスでスクロールバーが表示され
  ます。appuifw2をインストールしていなければ関係ありません。
  なお、appuifw2 は Nokia 5800XM 以外でも使うことはできます。

 モジュールはテク’ノートの「Python スクリプト 雑記」に載せました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »