« 久々にフィルムカメラ(ミノルタ編) 続き | トップページ | Python メモスクリプトのVer up (PyNoteNdb と PyNotePad) »

2009年4月 8日 (水)

サブサブPC顛末記 : ブルートゥーススタック

2009-04-08(水)晴れ

 このPCでは、小さなブルートゥースアダプタを使うことにしたのですが、どうも今一使いにくいことがありました。どの携帯電話でもFTPでファイルの交換はできるのですが、いくつかの携帯電話では、Explorerのようなブラウザ画面で操作ができないのです(Explorerに表示が出ない)。

 X02NK:○  Nokia5700:× Nokia5800:×

 何か設定が良くないのかとチェックしたのですが分かりません。ブルートゥーススタックはToshiba です。と言うことで、スタックを変えてみました。

 といっても、自分でごにょごにょ(*1)するのもハードルが高そうなので、違うスタック(できればwidcomm)が付属したアダプタがないかと探しに行ってみました。でも、パッケージでは分かりませんね。と言うことで、展示品投げ売りみたいな残り物を買ってみました。

 *1:手持ちのアダプタでも、widcommのスタックを入れていくつかの設定をいじって
    使う、、と言う記事もありましたが、難しそう、、、。

Dsc02349a

 左が前回試していたもの、右が今回買ったもの(Planex BTMicroERD2、旧モデルらしく半額でした)です。

Dsc02350a

 なんか、印刷は違うものの(ハードの)中身は一緒みたいな感じですね(笑)。

 出してみたら、スタックはBlue Soleil でした。Blue Soleil は一時期、あるゴニョゴニョのために必要と言うことで有名なスタックですね。

 最初心配したのですが、結果的には大正解、とても使いやすくなりました。

(1) 全部の携帯電話ともExplorerのような画面でも操作ができるようになりました。(本来のExplorerの画面の中には表示されないのですが、同じような画面が出るので操作は楽です。)

(2) 携帯電話とのやりとりが、凄く速くなりました。今までのだと2~3秒検索してから表示されていましたが、今回のは殆ど瞬時に出ます。

(3) ダイヤルアップの設定が簡単にできました。Toshibaスタックの場合、モデム設定がエラーになるため細工(*2)が必要でしたが、そんな必要もなくなりました。

 *2:一旦、普通のモデムでダイヤルアップ設定を作り、その後モデム設定で
    携帯電話モデムを作ってから、モデム設定部分を入れ替える。
 

Bluesoleil

 こんな感じです。これで、楽になりました。

 

|

« 久々にフィルムカメラ(ミノルタ編) 続き | トップページ | Python メモスクリプトのVer up (PyNoteNdb と PyNotePad) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/44614666

この記事へのトラックバック一覧です: サブサブPC顛末記 : ブルートゥーススタック:

« 久々にフィルムカメラ(ミノルタ編) 続き | トップページ | Python メモスクリプトのVer up (PyNoteNdb と PyNotePad) »