« お買い物リスト PyShopper | トップページ | さくらまつり、、 »

2009年3月27日 (金)

ファイルユーティリティ PyFbuiutil

 昨日の「PyShopper」に同梱したのですが、個別に書いておくことにしました。

 ディレクトリをブラウズしてファイルパスを取得するユーティリティ「PyFbuiutil」を作成しました。
 以下は、同梱テキストの一部を取りだして見ました。(記事用に修正していますが。)

ファイルユーティリティ 「PyFbuiutil」

1.概要
 PyFbuiutilは、ファイルをブラウズしてファイル名(ファイルの絶対パス)などを得るためのユーティリティです。すでに、高機能なユーティリティとしてpyS60uituilがありますが、高機能ゆえに規模も大きく、自分の小さなスクリプトには針小棒大すぎるので、簡易な物を作成しました。
 また、単にファイルパスを返すだけではなく、読み込み用ファイル、書き込み用ファイルのパスに合わせて、確認メッセージなどの処理(上書きOK?など)を行ってからファイルパスを返す機能も設けました。

2.機能説明
 2つのクラスがあります。

2.1 Fbrowserクラス
 ディレクトリをブラウズして、選択したディレクトリまたはファイルの絶対パスを取得するためのものです。

2.2 Getpathクラス
 読み込みファイルのパス、データを書き出すときのファイルのパスを取得するためのものです。書き込みファイルの場合は新規ファイル名を入力させたり、既にあるファイルの場合は上書き許可の確認なども行ってから、ファイルパスを返します。

-------------------------------------------------------------------------

 今までpyS60uiutil を改造したり、或いはfilebrowser を内蔵させたりしていましたが、これでは保守の時に沢山のスクリプトを修正する必要がありました。そこで、ユーティリティとして切り出したわけです。自分のスクリプトに合わせた小さなユーティリティと言うわけです。

 モジュールは テク’ノート Python スクリプト雑記 に載せました。

    「11.ファイルユーティリティ 「PyFbuiutil」

 

|

« お買い物リスト PyShopper | トップページ | さくらまつり、、 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/44483738

この記事へのトラックバック一覧です: ファイルユーティリティ PyFbuiutil:

« お買い物リスト PyShopper | トップページ | さくらまつり、、 »