« 今頃??、、新年会 | トップページ | Python- 再起動日時を記録するスクリプト »

2009年2月22日 (日)

動いた! Python sis化 on 携帯電話 -py2sis-

2009-02-22(日)晴れ、のち曇り

 万歳!、動きました。Python (スクリプト) sis化 on 携帯電話 -py2sis-です。

 携帯電話の上でPythonスクリプトをsis化するアプリ「py2sis」ですが、前回、色々なバージョンで試したのですが動いていませんでした。試したバージョンは
 ・py2sis 090
 ・py2sis 103
 ・py2sis 192
でした。しかし、インストールできて、起動はするものの途中から動いていませんでした。
 今回、再度・py2sis 192をテストしました。何が変わったのか分からないのですが動きました。

携帯電話はX02NK、Python 1.4.4 、Python scriptshellはサインして入れる方のものです。

 ダウンロードはここです。py2sis_1_9_2

 作者のサイトはここです。(操作例など載っています)

1.インストール
  上記からダウンロードしてインストールします。確か、そのままインストールできました。
  今回、気をつけたのは下記です(影響あるかどうか不明ですが)。

  注意点:Pythonと同じドライブにインストールした。両方ともC:ドライブ

  (前回後、py2sisでソースを使っていると書いてあるPEDを同じディレクトリにインストールしましたが、関係ないと思います。これは、自分メモ)

2.操作
  操作例は上記の作者のWEBにある画面例と一番下に示す私の画面例(テキスト)を見て下さい。
  注意点1:path to script (操作例参照)では、拡張子まできちんと記入する。
       スクリプトへのパス名(フルパス記述)が違うと、前回と同じで
       動かなくなります(ハングアップしたように見える)。

  注意点2:余分なアプリは終了させて、メモリが多い状態でやった方が良いかも
        しれません

3.スクリーンショットなど

Sscx0442   Sscx0443

左:一番右下がアイコンです。
右:起動した直後の画面です。Version:1.09は何のバージョンでしょうか。内部バージョンなのかな。ダウンロード時の名称はpy2sis_1_9_2です。この画面では表示が出ていませんが、左ソフトキーがオプションキーです。
 

Sscx0444

 オプションメニューで「py2sis」を選んで、操作を開始します。これ以降の画面は最後の操作例を見て下さい。

 
Sscx0445a   Sscx0445

 左は動かなかったときの画面です。スクリプトのパスを入力したところから進みませんでした。右は、今回の動いた画面です。スクリプトのパスを入力すると次の質問が出ます。

 
Sscx0447_2   Sscx0448

 左は一回目に作成して、何故か動かなかったモジュールです。インストールはできたのですが動きませんでした。右は、動いたモジュールです。両方ともデフォルトのアイコンを指定したのに何故か違います。その後も作成した動くモジュールのアイコンは右のアイコンです。

 とにかく動いて、凄く嬉しいです。何しろ、これで携帯電話だけ持ち歩いても、Pythonスクリプトを修正した後SIS化してテストできるわけですから

 
4.操作例:

 ・最初に動いたモジュールの操作例です。
 ・単独で動くモジュールの例です。
 ・よく分からないオプションは、無しの方と思われる指定を行いました。
 多分、問題ないはずですが、間違ってたらごめんなさい。分かる方、指摘お願いします。

(1) 注意点を記入した画像版です。(クリックすると大きくなります)

Py2sisoperation

 
(2) テキスト版です。(注意点は書いていません。)

-------------------------------------------------------------------
>>> ===== py2sis =====
>>>
path to script:
>>> e:\pydingdong.py
add files to project? - y - yes, or n - no :
>>> n
version:
>>> 0.2
appname:
>>> PyDingDong
UID  (0x12345678), or get new write - a :
>>> a
pydingdong: warning: no UID given, using auto-generated test UID 0xe5c7a4fb
path to icon (*.svg or *.mif), or use default write - a :
>>> a
default icon.
shortcaption:
>>>
caption:
>>>
vendor:
>>> masa
path to info.txt , or write - a :
>>> a
for devcert sign write - a , for selfsigned sign write - s :
>>> s
if you want add avtostart write - y else - n
>>> n
if you want application started after installanion  write - y else - n
>>> n
making sis.
your file - e:\pydingdong_v0_2_0.sis

for exit write - exit: exit

-------------------------------------------------------------------

|

« 今頃??、、新年会 | トップページ | Python- 再起動日時を記録するスクリプト »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/44144137

この記事へのトラックバック一覧です: 動いた! Python sis化 on 携帯電話 -py2sis-:

« 今頃??、、新年会 | トップページ | Python- 再起動日時を記録するスクリプト »