« オフ会 その他雑記 | トップページ | スーパーで思ったこと (1) »

2009年1月13日 (火)

Nokia 5800 XM  Handwriting Calculator その2

2009-01-13(火)晴れ

 数日前に書いた「Nokia 5800 XM  Handwriting Calculator」は、なかなか便利ですがマニュアルがないので、何処まで使えるのか分かりませんでした。色々試して大分書き方(入力方法)が分かってきました。
 Handwriting Calculator は終了するときに、それまで書いた内容を送信するか聞いてきます。前回、こういうのが計算できない、、と送ったのですが、その後の試行でできることが分かりました。入力のコツがあるようです。
 入力に慣れると便利みたいです。

 前回の記事:Nokia 5800 XM  Handwriting Calculator

 さて、前回はルート(二乗根)までは計算できたのですが三乗根とそれに連続した計算ができませんでした、が色々試して分かりました。

・例: xの三乗根は 3ルートx (数学での書き方)ではなく、xの1/3乗を計算すれば良かったんですね。

Scxm0072a

Scxm0073a

Scxm0080a

Scxm0079a

 割り算記号でもスラッシュでも大丈夫でした。但し、2つめの例は書き方が微妙で、+2の位置とか大きさで計算できないケースがあります。同じもので駄目だったケースが下の例です。

Scxm0088a

Scxm0089a

 これはNGですね。+2が指数の方に入ってしまいました。

 色々試した結果、画面を上下に2分(上下に二つに分ける)とか3分して考えるといいようです。即ち、指数を使う場合は、指数を上半分くらいの位置に書き、本体部分は下半分に書きます。指数を2段重ね(例:2の(3の二乗)乗 例は一番下です)する場合は、3分してそれぞれに書きます。以下、下図を見て下さい。

Scxm0082a

Scxm0083a

 指数を上半分、本体を下半分に書きます。

Scxm0084a

Scxm0085a_2

 同じく、思い切って上下に振ります。

Scxm0087a

Scxm0086a

 指数を2段重ねにしているので、画面を上下に3分割くらいに考えて書いています。

 これで、大分色々な計算ができることが分かりました。次ぎに欲しいのは、入力した内容の一部分を修正する機能です。

 

|

« オフ会 その他雑記 | トップページ | スーパーで思ったこと (1) »

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/43730182

この記事へのトラックバック一覧です: Nokia 5800 XM  Handwriting Calculator その2:

« オフ会 その他雑記 | トップページ | スーパーで思ったこと (1) »