« opera mini 4.2 使いやすい、、。 | トップページ | 初冬?晩秋?の風景 »

2008年12月 6日 (土)

Standby.py 待ち受け画面の変更

2008-12-06(土)晴れ

 今まで集めたアプリとか、皆さんが作られたり自分でも作ったPythonスクリプトなどで環境が整ってきたせいか、X02Wikiにはご無沙汰していました。久しぶりに訪れて、面白い(Python)スクリプトを見つけました。

 Standby.py 待ち受け画面の表示項目を変更する(*1)スクリプトです。

  掲載されているWikiはこちらです

 このスクリプトは常時起動しておくのではなく、表示項目を決めているファイルを書き換えるためのスクリプトです。導入時にファイルをresourceフォルダに書き込んだりしますので、Allfiles化してないと導入できないかもしれません。

Sscx0414    Sscx0415

 左がStandby.py の画面です。ここで、表示項目をオン/オフ設定します。右はサーチやWLAN検索の項目を消した画面です。

Sscx0417    Sscx0416

 ショートカットやTODOも消してみましたが、ここまでやると使いにくい感じがします。右はショートカットを表示させたものですが、この位がいいようです。

 この状態で、HiisiさんのPyTaskserverに同梱されているPyTodo2Event を使うとTODOが終日イベントになって表示されるので都合がいいようです。

 ちょっと面白いスクリプトでした。

 

|

« opera mini 4.2 使いやすい、、。 | トップページ | 初冬?晩秋?の風景 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/43338614

この記事へのトラックバック一覧です: Standby.py 待ち受け画面の変更:

« opera mini 4.2 使いやすい、、。 | トップページ | 初冬?晩秋?の風景 »