« Nokia 5800 XM とPython | トップページ | Nokia 5800 XM用にピックを買った、、。 »

2008年12月21日 (日)

Nokia 5800 XM フォント置き換え

 さて、携帯電話を手に入れると行う、恒例のフォント置き換えです。今では、Font Routerを使用すると、かなりのフォントが使用できるみたいですが、一応Font Router無しで行っています。
 結果は、とても簡単に置き換えができました。

 前回のエントリで書いたごとく、Zドライブの中のフォント名は
  S60SC.ccc
  S60TCHK.ccc
  S60ZDIGI.ttf
でした。私の5800XMは香港版です。このフォント名はE60香港版と同じです。

(1) 一番可能性の高いフォントはE60で使用したフォントです。
 これはMS Office for MAC 2003 の中にあるMSPゴシックをブレークしてとりだしたttcファイルだったような気がします(もう忘れたなあ)。しかし、これを試す前に下記のフォントを入れてみました。

(2) ヒラギノ丸ゴシック(705NK用に処理したttfファイル)
 ヒラギノ丸ゴシックを705NK用にして80%に縮小したものです(ttfファイル)。このフォントは705NK、5700XM、X02NK に使ってきて、とても気に入っているフォントです。

 まず、ヒラギノ丸ゴシック(ttfファイル)を2回、E:\resource\Fonts フォルダにコピーして、それぞれ S60SC.ccc S60TCHK.ccc にリネームします。その後、メモリカードを挿して電源を入れると、、、そのままフォントが置き換わってしまいました。
 従って、(1)のフォントは試していません。このままでいいかなと思っています。なお、このフォント置き換えをしても、電源オン後の起動とか動作の動きには変化はありません(きびきびしています)。

 下に置き換え前後のスクリーンショットを載せてみました。
左が置き換え前、右が置き換え後です。下の画像で分かるとおり、半角カナは置き換え後でないと表示されません。

Scxm0003    Scxm0019

Scxm0022    Scxm0021

END

 

|

« Nokia 5800 XM とPython | トップページ | Nokia 5800 XM用にピックを買った、、。 »

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/43486817

この記事へのトラックバック一覧です: Nokia 5800 XM フォント置き換え:

« Nokia 5800 XM とPython | トップページ | Nokia 5800 XM用にピックを買った、、。 »