« 本買ってばかりで実技がついてかない、、 | トップページ | 大根の葉はゴミなのか、、 »

2008年11月24日 (月)

ノートデータベース PyNotePad とPyNoteNdb更新

2008-11-24(月)曇り、のち雨

 以前から弄ってきた、ノートの代用にしているスクリプト「PyNotePad」「PyNoteNdb」を更新しました。当初、簡単な変更だけにしていたのですが、リストを見ているとそのあまりの汚さに愕然として、全く作り直しに近く変更しました。

 実際のリストは例によってテク’ノートの「Python スクリプト 雑記」に載せました。

 今まではフラグを多用していました。メニューで起動されるモジュールではフラグをオンオフするだけで、実際の処理はメインループの中だけで処理していました。この方式にも、それなりの長所はあります。

  ・データを弄るのはメインループの一カ所だけなので、管理がやりやすい。
  ・e32.Ao_lock と signal() によるスタートストップが自由に使えるので制御しやすい。

などです。でも、リストを見ると汚いですね。ということで、クラス化とモジュール分割で、いかにもそれらしいリストにしました(笑)。

 修正は2段階で行いました。最初は、動作を変更して、OKになったところでバージョン2にして、大変更です。とはいえ、必要な処理はすべて今までのリストでできているので、切り取りながら修正していくことで何とかしました。

変更履歴
PyNotePad 001_3 / PyNoteNdb 001_4
 ・リスト画面からノートを表示して、再度リストに戻ったとき以前いた行に
  戻るようにした。
 ・絞り込み検索中はタイトル表示の右に # を表示するようにした。

PyNotePad 002_0  /  PyNoteNdb 002_0
 ・内部構造を全面的に作り替えた(クラス化、フラグ使用廃止等)。
 ・iniファイルの、Prepare、Searchフラグ指定を廃止した(不要になった)。
 ・globaluiの使用をやめた。(Python S60 1.4.3 以前でも動作可能)
 ・最初に全項目(全カラム)のリスト作成するのを廃止し、高速化した。
 ・カード表示メニューをやめ、直ぐに編集できるようにした。
  代わりに、カード詳細表示メニューを設けた。(PyNotePadの場合)
 

Sscx0402     Sscx0405

 最初の改造結果です。検索して絞り込んでいる場合の表示ではタイトルの右に # を表示しました。左が全カード表示、右が検索結果表示です。右ではタイトルの右に # を表示しています。


 その後、バージョン002にしました。メニュー選択によるイベントドリブン?の動作なので遷移を仕様書にしないとコーディングの途中で分からなくなります。

 こういう仕様書を作りました。

Dscx416a

 左縦軸がメニュー(イベント)、上の横軸がステータス、の遷移マトリクス(表)です。私としては遷移表より遷移図の方が好きなのですが、今回はEXCELで書きやすい遷移表にしました。遷移表なんて、「HDLC」(古い?)の通信プログラムの遷移表以来です。「BSC」とか「無手順」あたりは遷移図でやりました。おっと、脱線しましたが、ということでリスト的には、以前よりましになりました。

 このノートデータベースシリーズは、とりあえずここまでかなあ。次のアイデアが浮かばない、、。

 

|

« 本買ってばかりで実技がついてかない、、 | トップページ | 大根の葉はゴミなのか、、 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/43214153

この記事へのトラックバック一覧です: ノートデータベース PyNotePad とPyNoteNdb更新:

« 本買ってばかりで実技がついてかない、、 | トップページ | 大根の葉はゴミなのか、、 »