« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

月末、無タバコ 2年6ヶ月

 はや、次の月が来ます。この題名のエントリを、危うく忘れるところでした。とにかく、この記事を続けることが、無タバコを続けるにはいいでしょう。とはいえ、喫煙もこの記事を書くことも忘れそうだからなあ、、。

 前回、喫煙具を手入れしてやろうと書いたのに、何もしていないことに気がつきました。晴天の日に、日の当たる窓際で手入れしてやることにしましょうか。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N82、やはりいいなあ、、、。

 ひとつ前のエントリで、SBMショップに向けての散歩の件を書きましたが、目的は発売になった「N82]のモックを見ることです。SBMショップは、結構混んでいました。まあ、休日ですから混んでいないとまずいですよね。どういう携帯を買っているかは分かりませんでしたが、、。

 最初、店内を探したのですが「N82」のモックは見あたりませんでした。そんなものかな、、と思ってお店を出ようとしたら、一番隅に、2色飾ってありました。入口の近くと言えば聞こえはいいのですが、目につきにくいのは否めないなあ、、。

Dscx434a

 N82は、以前から今一買う気が起きていませんでした。自分の使い道(他の携帯電話との使い分け)がはっきりしなかったからです。
 しかし、X02NKのときもそうだったのですが、(モックとはいえ)直に見てしまうと駄目ですね。いいですわ、、これ!!特に黒がいいです。シルバーはちょっと安っぽい外観に見えますが、黒はいいですね。

 う~ん、どうするか悩みの種が増えました。まあ、価格との相談だなあ、いずれにしても直ぐには買わないので、じっくり検討です。(その間に売り切れたらどうするかって??その時はその時です。とはいえ、当分無くなることはないでしょう。)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日も秋晴れ、、

2008-11-30(日)晴れ

 今日も秋晴れ(ですよね、小春日和と言うには3週間ぐらいはやいですもんね)の良い天気です。久しぶりに遠出の散歩に出かけました。とにかく歩かないと体調が崩れます、特にお腹とか、、。野菜メインの食事と1時間以上の散歩(早足がいいです)を欠かさなければ、お腹の調子はグッドです。

 さて、散歩の目的地は、駅近くのSBMショップにしました。片道5KM、を往復する予定です。途中はいつもの運動公園とか水無川沿いですが、、。

Dscx429a

 青空をバックに色々な木が映えて見えます。
 

Dscx431a

 野球場横の、私は「思索の道」と呼んでいる道です。木立の中にはいると赤と黄色の葉が、上からの日光を受けて輝いています。実際は枯葉に近いのですが、そうは見えません。
 帰りに見たら、七五三でしょうか、着物姿で千歳飴らしきものを下げた小さな女の子を連れた家族(親子+祖父母でしょうか)が散歩しながら写真を撮っていました。女の子は、あちこち連れ回されたのか、ちょっとご機嫌斜めの様子でした。それか、慣れない履き物で足下が気になったのかな、、足下をしきりに見ていました。
 父親は大きなカメラをしきりに向けていました。ほほえましい光景でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

SymVPN 1.00 リリース

2008-11-29(土)晴れ

 無線LAN では嬉しいアプリ SymSMB が残念なことになってTELEXY Networks も大変だと思っていましたが、何とか次の製品がリリースされたようです。ちょっと、ほっとしました。

 SymVPN 1.00 (詳細はこちらです) VPNでサーバにつなぐVPNクライアントアプリですね。サーバと言っても、Windows XP等はサーバ機能もあるようなので、固定IPアドレスを持っていれば(プロバイダの固定IPサービスオプションなどを使っていれば)、家のPCにリモートで入ることができますね。

 紹介にも書いてありましたが、運良くSymSMB 4.00 のライセンスを持っていれば使いやすいようです。残念ながら固定IPを持っていないので試す事はできませんでしたが、いずれ使ってみたいと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

秋模様、、

2008-11-28(金)晴れ

 X02NKの中に写真が溜まっています。最近は、出歩くときの写真はもっぱらX02NKです。2~3日前でしたか、買い物のときにお店の外に出たら秋晴れの空と景色が広がっていたので、2~3枚撮った写真がありました。暫く前に掲載したのと同じアングルもあるのですが、、。

Dscx423a

 弘法山です。木の葉が落ちて枝が見えるのは、まだまだ先のようです。それにしても凄い青空です。

Dscx424a

 田んぼの稲に切り株に芽が出たのが伸びています。こう言うのを見ると晩秋だなあ、、と思います。

 
Dscx426a

 その後、某銀行のATMコーナーに入ったら普段は無人のATMコーナーですが、警備服の姿の人がいて、私の顔を見るとこんなチラシを渡してくれました。
 最近も多いようですね、被害が。私も、外から見ると心配な範疇に入ってきたのでしょうか。人生の晩秋ですか??? 自分では壮年のつもりだけど、外から見る目は冷静だ。いや、心配して貰っているのだから、感謝しています。

 しかし話を聞いていると、確かに信じがたいですね。周りの人や銀行の人が、詐欺みたいだから確認してからにしなさい、、、と一生懸命に止めているのに、反対に怒り出してしまうとか、振り込みをやめないとか、、。どなたかが言っていましたが、人間は自分がしたいと思っている方向にしか信じない、、と言うのは本当かもですね。気をつけないと、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

Python 電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト 4

2008-11-27(木)雨、のち曇り

 今日はB助さんのブログとMMClubのメーリングリストでショックな記事を見た日ですが、そう言う話題はパスしておきます。

 さて、以前書いたSalty Catさんの「電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト」ですが、若干改造しました。

  その辺の経緯の記事は「Python スクリプト 雑記」の同名記事からたどって下さい(手抜きです(汗))。

モジュールも、上記「Python スクリプト 雑記」に載せました。

 改造点は2点です。

(1)発信前に必ず切断動作を入れるようにしました。
   理由:発信中あるいは相手が話中なので右ソフトキーで切断した場合、アプリとハードのステータスが合わなくなるので次の発信でエラーになる、このエラーを防ぎます。アプリを1回終了すれば関係ないのですが、終了しない場合もあるので入れました。

(2)切断動作後に、ステータスを監視してアプリを終了できるようにしました。
  終了したいかどうかは人にも寄ると思いますので、選択できるようにしました。

 なお、(2)のステータス監視の機能はS60 3rd以降のサポートなので、これを入れるとS60 2nd で動かなくなります。このため(1)だけ入れたバージョンと2種設けました。

jContacts_v102c
  上記(1)だけ入れたものです。

jContacts_v103
  上記(1)(2)を入れたものです。

 
jContacts_v103の終了動作選択についての説明

 リスト先頭にある「ExitAfterDisc = 」のオプションを指定することで、切断後の終了動作を指定できます。(*1)
  0 : 終了しません
  1 : ハードの発信動作が開始後に切断させると終了します。それ以前に
      切断した場合は終了しません。その境目は微妙です(笑)。
  2 : 相手への接続が完了した後に(通話終了後とか)切断すると終了します。
  3 : 切断後は必ず終了します。

  *1:切断とは右ソフトキーとか終話キーでの切断、あるいは接続後では
     相手が切断した結果の切断です。要は、電話を切ったときです。

 
 モジュールは、上記「Python スクリプト 雑記」に載せました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

中国語の辞書

2008-11-26(水)晴れ

 一昨日でしたか、「全部假的 」さんがMMClubに入会され、昨日しのんさんが「全部假的」をどう読むんでしょうと質問していらっしゃいました。そう言えば、読み方を知らなかった(*1)と、(買ったけど殆ど使っていない)中国語の辞書を持ち出してみました。

  *1:大分前 「假的」を「暇的」と勘違いしていたのは内緒です(汗)。

 なんか、探したらぞろぞろと出てきました。

Dsc02259a

 買った順にいうと、
1.手前の青いのが、香港の繁華街の観光客用の店で、現地価格の3倍で買っちゃった(涙)(*2)「快訳通」です。でも、北京語、広東語や英語などの発音がついているから良いか。(音は良くないけど)

 *2:元の値段がよく分からないものは、現地の方に聞いてから買うとかした方が良いですね。この場合も、後で聞いたら現地の方が買う店では3分の1の値段だと教えてくれました。ま、大分値切ったりして、買い物を楽しんだから良いのですが、、。

2.右上、カシオのEX-WORDです。微妙に大きいので3.を買ったような気がします。

3.セイコーインスツルメントのものです。2.より微妙に小さいのと、プレビュー画面があって探しやすいです。

Dsc02257a

 1.のものの写真です。(大きさはX02NKと比較)これは当然電池切れなので、電池を試しに入れてみたのですが電源が入りません。よく見たら電池ケースの一画に予備電池(リチウム電池)も入っているので、それも替えてみましたが駄目でした。
 勉強用に分解してみるかと、分解のとっかかりの場所を探してあちこち覗いていたら、、変なスイッチがある、、、

Dsc02258a

 電池室のおくに小さなスイッチがあります。よく見たら電池ケースの(○の)部分に突起があり、それでスイッチを押すようになっています。電池の蓋をしないと電源が入らないんですね。なかなか細かい作りでした(ちょっと感心しています)。

 因みに、この翻訳機の音声で「全部假的」さんの発音を聞いてみました。北京語の方は良いけど、広東語の方がどうしても聞き取れない、、音声部分が良くないみたいだなあ、、(耳が良くないとは言わない、、)。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

大根の葉はゴミなのか、、

2008-11-25(火)曇り

 夕方、用事があってスーパーに寄ったら地元JA産とかいう大根が並んでいました。そう言えば、そろそろ大根も旬と言うことになるのでしょうか。ぶら下げて干して、漬ける時期ですね(やったことはないけど)。
 地元JA産とかいう大根、

Dscx422a

 触ってみたら、なかなか良さそうな大根でした。何の考えもなく、つい一本買ってしまいました。
 で、前々から大根売り場で気になっていた点をひとつ、、。 それは、大根を買ったときに葉の部分を切り落としておいてゆく人が多いということです。最近では、売り場に大きな(大根の葉をいれる)箱と、包丁が用意されています。こんなに青々とした葉でもおいてゆくんですよね。買った商品の4分の1位おいてゆくような感じがしてしまいます。

 じゃあ、持って帰ってどうするのか?、子供の頃の家なら(大根を買いはしないけど)、葉っぱは鶏のえさとかにもしたけど、人間が食べても良いような気がします。どんな食べ方があるかと言われると、それほど多くはないですが、下記の3つの方法では食べています。

 ・1回茹でてから味噌汁の実にする。
 ・一切れの豚肉を一緒にしてフライパンで炒めて、砂糖と醤油、お酒などで味付けした
  炒め物
 ・カラシや唐辛子と塩で漬けた漬け物(4~5夜くらいで漬かる)

こんなところでしょうか。

 大根の葉まで食べなくても、、という意見も出るかもしれません。でも、
  ・食べられるものを捨てる必要はない
  ・食べられるものは何でも食べて、そこから栄養をとる方が良い
という考え方です。

 特に2番目については「事実は小説よりも奇なり」みたいなものです。以前、大部分の栄養はサプリメントからとれば効率的だ、、時間を節約できる、、という意見を読んだことがあります。しかし、そう言う取り方は、人間が分かっている範囲のものは問題ないと思いますが、それ以外のものがどうかということになると難しい問題があります。分からない(分かっていないと言うことが、まだ分かっていないもの)はどうしようもないわけです。だから、そう言うものをつぶすには、結局何でも食べるのが良いわけです。そうやって太古の時代から生き延びてきたわけですから、、。

 話が脱線しましたが、そう言うわけでスーパーの大根の葉のごみ箱を見る度に複雑な思いを抱いています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

ノートデータベース PyNotePad とPyNoteNdb更新

2008-11-24(月)曇り、のち雨

 以前から弄ってきた、ノートの代用にしているスクリプト「PyNotePad」「PyNoteNdb」を更新しました。当初、簡単な変更だけにしていたのですが、リストを見ているとそのあまりの汚さに愕然として、全く作り直しに近く変更しました。

 実際のリストは例によってテク’ノートの「Python スクリプト 雑記」に載せました。

 今まではフラグを多用していました。メニューで起動されるモジュールではフラグをオンオフするだけで、実際の処理はメインループの中だけで処理していました。この方式にも、それなりの長所はあります。

  ・データを弄るのはメインループの一カ所だけなので、管理がやりやすい。
  ・e32.Ao_lock と signal() によるスタートストップが自由に使えるので制御しやすい。

などです。でも、リストを見ると汚いですね。ということで、クラス化とモジュール分割で、いかにもそれらしいリストにしました(笑)。

 修正は2段階で行いました。最初は、動作を変更して、OKになったところでバージョン2にして、大変更です。とはいえ、必要な処理はすべて今までのリストでできているので、切り取りながら修正していくことで何とかしました。

変更履歴
PyNotePad 001_3 / PyNoteNdb 001_4
 ・リスト画面からノートを表示して、再度リストに戻ったとき以前いた行に
  戻るようにした。
 ・絞り込み検索中はタイトル表示の右に # を表示するようにした。

PyNotePad 002_0  /  PyNoteNdb 002_0
 ・内部構造を全面的に作り替えた(クラス化、フラグ使用廃止等)。
 ・iniファイルの、Prepare、Searchフラグ指定を廃止した(不要になった)。
 ・globaluiの使用をやめた。(Python S60 1.4.3 以前でも動作可能)
 ・最初に全項目(全カラム)のリスト作成するのを廃止し、高速化した。
 ・カード表示メニューをやめ、直ぐに編集できるようにした。
  代わりに、カード詳細表示メニューを設けた。(PyNotePadの場合)
 

Sscx0402     Sscx0405

 最初の改造結果です。検索して絞り込んでいる場合の表示ではタイトルの右に # を表示しました。左が全カード表示、右が検索結果表示です。右ではタイトルの右に # を表示しています。


 その後、バージョン002にしました。メニュー選択によるイベントドリブン?の動作なので遷移を仕様書にしないとコーディングの途中で分からなくなります。

 こういう仕様書を作りました。

Dscx416a

 左縦軸がメニュー(イベント)、上の横軸がステータス、の遷移マトリクス(表)です。私としては遷移表より遷移図の方が好きなのですが、今回はEXCELで書きやすい遷移表にしました。遷移表なんて、「HDLC」(古い?)の通信プログラムの遷移表以来です。「BSC」とか「無手順」あたりは遷移図でやりました。おっと、脱線しましたが、ということでリスト的には、以前よりましになりました。

 このノートデータベースシリーズは、とりあえずここまでかなあ。次のアイデアが浮かばない、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

本買ってばかりで実技がついてかない、、

2008-11-23(日)晴れ

 昨日買ってきたものの荷物を開けたら、こんなものが、、、。

Dscx420a

 待ち合わせまで時間があったので、そこの市内の大きな書店でブラブラしていたときに、つい買ってしまいました。以前買って、いま読んでいるのと殆ど同じ(内容も値段も厚さも)ですが、そこはそれ、本が違うとやはり若干の違いがあります。例の内容とか説明の部分で他方にはない部分とかですね。見ているうちに欲しくなって買ってしまいました。

 本ばかり買って、実技の方が追いついていない気もします。が、まあ本を読むのも、それだけでもひとつの楽しみですから良いことにします。今時、PC上で見ても良い教材が沢山ありますが、やはり紙で見るほうが私には見やすいです。それに何処でも、電源を気にせずに持ち歩けるし、、。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

プチオフ会??2人で飲み会

2008-11-22(土)晴れ

 夜は仲間との飲み会です。予定では3人だったのですが、一人が風邪でダウンして2人で飲み会をやっています。3人に共通と言うことになると旅行です、12年ほど前に3人でドイツ旅行に行きました。行く先々でビールを飲んでは、わいわいやっていたものです。

が、今回の2人は更に携帯電話好き、PC好きというのがあります。2人では何回か、香港に行きました。携帯ショップ街をフラフラと歩いたものです。

Dscx419a

 ということで、2人で飲み会をやっていると居酒屋だというのに、こういうスタイルになっちゃいます。ま、良くあるパターンですかね。

 今年は、私は香港2回で終わりそう(2回目はまだ行ってないけど、、)ですが、彼は国内旅行で飛行機に32往復以上乗ったそうです。どうも、旅行が目的ではなく飛行機に乗るのが目的みたい、、、。費用対効果を考えると、、、て考えるのは良くないと言われました。まあ、私のも費用対効果を考えると、行かないで携帯電話を買った方が安いですしね、、。と言うことで、できるときにやっておくのが良いみたいです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

スクリプト起動用スクリプトをテク’ノートに入れました

2008-11-21(金)晴れ

 何回か書いてきた、Pythonスクリプト起動用スクリプト(PyMyShell)と、それに組み込んだファイルブラウザのモジュールを、テク’ノートの「Python スクリプト 雑記」の「8.スクリプト起動用スクリプト」に移しました。
 色々書いてきても、テク’ノートに移すと、とりあえずほっと一息つきます。自分の記録用ですね。とはいえ、PyMyShellは自分では重宝しています。

 他にもまだ、改造したがあるのですが(PyNotePad、PyNoteNdb、jContacts)、なかなか手が回っていません。移すまで息がつけません(大げさ、、)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

初雪の便りと快晴の空、、

2008-11-20(木)晴れ

 昨日は各地から初雪の便りですね。先月末にお邪魔した友人宅(高山近郷)からも初雪、しかも大雪とのメールが届きました。雪かきを始めたけれど沢山降るので放ってあると言ってました。

 当地では空気が冷たいけれど、空は快晴の日が続いています。昨日の写真ですが、その様子を1~2枚、、。(X02NK)

Dscx417a

 某病院の屋上から望む富士山方向です。ちょっと雲がかかって良い構図です。弘法山へ登ってズームで移せばバッチリかもしれません。

 
 
Dscx418a

 その弘法山です。(真ん中から右方向の手前の山(丘?)です。それにしても凄い青空です。

 で、この記事を書きながら、FMローカル放送のハワイアンを聴いています。なかなか絶妙の取り合わせです(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

先達広場も、そろそろクリスマス商戦近し?

2008-11-19(水)晴れ、寒い、各地は初雪

 今夜もギター合奏の練習に行ってきました。と言っても、先日本番が終わったばかりなので集まりは悪かったですね。忘年会の予定が決まりました。12月3日、、、ぶつからなくて良かった。え、何とぶつかるのかって?、それは、、、。

 先日、PCにこんなものが届きました。

Jalticket200812a

 この時期、先達広場や西洋菜南街はクリスマス商戦に入っているのでしょうか。どんな様子か偵察です。残念な事に、Y師匠がインドに飛んでいる時期にぶつかってしまいました。生活費のマイレージを使った無料券だからやむを得ないかなあ。

 ひょっとしたら、Nokia 5800 XM が直に見られないかと期待してはいるんですがどうなりますやら、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

Python スクリプト起動用シェルスクリプト その4

2008-11-18(火)晴れ

 スクリプトの改造のトピックスが続いています。世の中の他の方のようには、新しいハードが入手できないのと、使う環境整備に興味が湧いているせいもあります。

 さて、以前から書いているスクリプト起動用シェルスクリプト「PyMyShell」は、前回ファイルブラウザを組み込みました。Pythonをインストールすると入る例題のスクリプト「filebrowser」です。これだけでも良かったのですが、やはりファイルに対して色々な操作ができた方が良いかなと、pyFilemanagerS60を、合わせて取り込んでみました。
 つまり、ファイルブラウザを2種類、入れ込みました。切り替えて使用することができます。

 本来、こういう事(勝手な改造)をしてはいけないのですが、勉強のためとしてやっていると見て下さいm(..)m。

pyFilemanagerS60に関する改造
 ・インポートしているpyS60uiutilを弄ってファイル一覧を、1ファイル1行にした。
 ・pyFilemanagerS60に、ファイルのプロパティ表示を入れた。
 ・pyFilemanagerS60に、指定した拡張子のファイルを、指定したエディタで開く機能を
  追加した。
 ・プロパティ表示でのファイル更新時刻をUTC表示からJST表示にした。(追記)
 ・ファイル削除時の確認ダイアローグをパス名からファイル名のみにした。(追記)
 

Sscx0398    Sscx0400

 左がfilebrowser 、右がpyFileManagerS60の画面です。

Sscx0399

 ふたつのファイルブラウザの切替メニューを追加しました。起動時はiniファイルの指定に従いますが、使っているときにも切り替えることができます。

Sscx0401

 filebrowserはファイル削除しかありませんでしたが、pyFileManagerS60は色々な操作を行うことができます。

-----------------------------------------------

  「PyMyShell_000_5_set.zip」

ファイル関係はテク’ノート「Python スクリプト 雑記」の8.にまとめました。(2008-11-21)

  

過去の記事

 Python スクリプト起動用シェルスクリプト
 Python スクリプト起動用シェルスクリプト その2
 Python スクリプト起動用シェルスクリプト その3
 Python ファイルブラザ 「filebrowser」
 Python ファイルブラザ 「filebrowser」1の補足

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

弘法山も晩秋模様、、

 このところ、すっかり無沙汰の弘法山ですが、久しぶりに見たら秋模様、晩秋模様でしょうか。

Dscx415a

 ちょっと暗いのでよく分かりませんが、すっかり色が変わっています。遠目には紅葉に見えますが、近づくと枯葉が目立つのでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Python 電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト 3

2008-11-17(月)晴れ、時々曇り

 一昨日の記事で書いてテク’ノートに掲載したスクリプト jContacts ですが、作者のSalty Catさんからコメントで、「スクリプトのままではOKだが、SIS化して使うとエラーが出る」との連絡をいただきました。

 一昨日の記事とコメント 電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト 2

 連絡いただいた内容を元に、修正版「jContacts_v102b.py」を、テク’ノートに掲載しました。具体的には、文字列に使っていた「+=」演算子をやめました。(ついでに他のところも含めて += をやめました。)

  テク’ノート Python スクリプト 雑記

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

そろそろ時期かな、、富士山

2008-11-16(日)曇り、のち雨

 2日ほど前の写真になりますが、夕方にスーパーに寄ったとき屋上の駐車場でふと目にとまりました。

Dscx414a

 富士山のシルエットです。そろそろ富士山の写真も撮らないといけないかなあ、、。いや、年賀状の事を、ふと考えたわけです。ブログだと新年に撮った写真でも間に合いますが、年賀状だとそう言うわけにもいかないですよね。

 ま、年賀状に書く内容で、変わった話題がないことを暴露しているようなものですが、、(笑)。皆さん、年賀状は買い込みましたか?私もそろそろ買わないといけないかな、などと思っています。

 あ、そうか、その前にクリスマスカード(カード/メール)を考えないといけないですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

Python 電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト 2

 以前書いた、Salty CatさんのPython スクリプト「電話帳検索と国際アクセスコード置換」のスクリプトを、テク’ノートに掲載しました。

 テク’ノート の「Python スクリプト 雑記

 これは、その題名の通り電話帳検索と、そこから発信するときに電話番号の先頭の+を国際アクセスコードに置換して発信してくれるスクリプトです。海外出張も多いが国内にも度々戻って来るような方が、スタンダードバージョンの携帯電話を国内でも使うときに便利なスクリプトです。国内キャリアが販売した携帯電話には国際アクセスコード置換機能がありますが、スタンダードバージョンにはないので、そう言うときに便利です。

 じつは、このスクリプトは私のものではなく、Salty Catさんが作られたものです。では、なぜ掲載するのか、、実はSalty Catさんは自分で使われていますがWEBにアップされておりません。そして、私の以前の記事へのコメントで

  >初期の目的を達成したので、私は、たぶんこれで打ち止めです。
  >Masa さん、興味がありましたらさらに改良を加えて、Pythonスクリプト雑記
   の仲間に入れてあげてください。

と書いていただきましたので、使いたいと思っていらっしゃる方がつかえるようにと掲載することにしました。オリジナルの完成度が高いので手を加えないといけないところはないのですが、例によって機能には関係ないが見栄えには凝る、、という悪癖に従って2点ほど手を入れました。オリジナルと改変版を掲載しました。

 ということで、掲載しました。よろしくです。>Salty Catさん

改変した点
 (1)Salty Catさんの課題に書かれていた2点目 「2. 文字入力 Dialog Box で
    Cancel を押してもプログラムを抜け出せない点」ですが、3回ほどキーを
    押さないといけないのを1回で終了するようにしました。
 (2)起動したときの背景がPythonのそのままの画面なので、白い画面に
    変更しました。

以前の記事 Python 電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト

Salty Catさんの記事
  http://d.hatena.ne.jp/SaltyCat/20081015/1224104960
  http://d.hatena.ne.jp/SaltyCat/20081017/1224318747

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

SymSMBは、、、

2008-11-15(土)曇り、のち一時小雨

 昨日も書いたSymSMBの件です。内情が分かりにくいので、昨日はかなりおとなしい内容しか書かなかったのですが、どうなんでしょう。実際は、かなり強引な訴訟沙汰の結果で、SymSMBの権利を手放さないといけなかったのでしょうか。

 普通であれば、WEB上では「契約条項による譲渡で、今後の開発、販売、サポートは、、、云々」となるところですが、TELEXYのWEBの説明の部分が、あのような書き出しで始まっているところを見ると、法律上どうしようもなかったが納得しかねる、という気持ちがでているのかもしれません。

  昨日の記事にも、直ぐにコメントいただきましたが、まさにそうだと言っている内容ですね。フォーラムにも何件か投稿がありました。皆さん、何となく釈然としない気持ちが多いようです。私も日本語化などの、ちょっとした関係からTelexy Networksには近しい気持ちを持っていたので、今回のことは残念でなりません。

 フォーラムによると、とりあえずは以前のライセンスのためのライセンスサーバは動いているようですが、いつまで動くという保証されたものではありません。基本的には所有権のないアプリのためのサーバですから、、、。

 皆さんも、心配されているようです。
  ・Telexy Networksの今後は、、、
  ・SymSMB は今後どうなるのか、販売されるのか、OSに組み込まれるのか。
  ・既に買ったライセンスを、ノキアは尊重して対応してくれるのか
等です。

 すべて良い方向に向かうことを望んでいます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

SymSMBはどうなる?、(当分新たには)使えないみたい、、。

2008-11-14(金)晴れ

 無線LANがある携帯電話には便利なツールアプリSymSMBですが、当分?新たには使えない?みたいな状況です。今日、メールが来ました。内容は衝撃的でした。

 「Telexy Networks Inc.は、SymSMB製品ラインのさらなる開発、サポート、および販売を中止するすることをお知らせします。 」

詳細はこちら http://www.telexy.com/

 大分前から、Telexy Networks のWEBサイトは改装中のままになっており、心配していました。普通、改装はデータを作って一気に入れ替え、とやると思います。サイトを閉鎖(サイトはありましたが、機能からいうと半閉鎖ですね)する必要はないですから、何か問題が起きているかなと思っていました。
 一番ありそうなのは、サブプライムローンによる景気減退で資金繰りに行き詰まったり、、とか心配していましたが、展開は違うみたいですね。

 内容を見ると、Nokia との契約条項による云々、、とあります。

 この展開で、Nokiaが絡んできて、Nokiaユーザ全体に良い方向に動くのかどうか、、今のところ方向は分かりませんが、ユーザにとって嬉しい方向に行くことを願っています。

 とりあえず今使っているものは問題ありませんが、ハードリセットして再インストールしたばあい、再レジストがどうなるのかは不明です。やってみる勇気はありません。使えなくなったら困りますし、、。試用も、試用のレジスト作業がありますから、今のところ新たに使ってみる道はないみたいです。
 とりあえず、現状のものを大切に使っておきます。(新機種を入手したら困るなあ、、、<入手するのか???)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

段々、秋から冬へ、、

2008-11-13(木)晴れ

 昨日までの寒さは何処へやら、今日は(風に当たらなければ)暖かい、良い天気になりました。前述のように、風の強いのが難点ですが。運動公園の近くを通ったときに写真を撮ってみました。(X02NK)

Dscx412a

 体育館の前の木は良い色になってきたと思っていたら、もはや枯葉が多くなっています。今日は、バックの青空の色が綺麗です。
 

Dscx411a

 図書館の横には柿の木が多くあります。被さって分かりにくくなっていますが向こうの木も柿の木です。柿の実はどうしているんでしょうか。下の方は若干少なくなっているから、多少はとったのでしょうか。上の方は完全に鳥のえさになっています。鳥には嬉しい柿の木でしょう。葉っぱが落ちて、実だけが青空に目立つ光景は、晩秋か初冬の風景のような気がします。

 そろそろ年賀状を買わないといけないですね。新年のご挨拶失礼します、という葉書も届き始めています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

第20回日本ギター合奏フェスティバル 後日談

2008-11-12(水)曇り

 今日も夜はギター合奏の集まりです。先日の日曜日に本番が終わったのですが、まずまずの数が集まりました。その、本番の後日談、、、。

 客席で友人にお願いして回しておいたレコーダー(注1)の録音が届き、聞いてみて色々な感想が出ました。比較的良かったという感想も多いのですが、所々一番上のパートのずれが目立つところもあり、う~んと唸っている人もいました。

 注1:この部分、内緒です、、、、もちろん公式のも注文しているのですが、来るのが遅いので忘年会の反省会に間に合わないのですよね)

 とりあえず先頭部分のみ抜粋したものをアップしてみました。

   ベートーベン「悲愴」(抜粋先頭部分のみ) 20081109JGA_Hiso.mp3
 

Dscx405a

 例によって、参加者には記念、記録として授与される表彰状です。左の袋はは副賞、、、なわけなくて、聞きに来てくれた知人(注2)の差し入れのチョコです。

 注2:部員の彼女とかだそうです、、久々に明るい話題です。(いや、独身が多いので、、。)

 (遅くなったので朝になってアップしています。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

自分からのスパムメール

2008-11-11(火)曇り

 数日前からPCのメールに自分のアドレスからのスパムメールが来るようになりました。即ち、受信アドレスがFROMに入っているスパムメールです。しかも、どうやっているのか知らないのですが巧妙らしくて、あの優秀なgmailのスパムフィルターにかからないのですね。
 メールは携帯にも転送しているので、うざったくて仕方がありません。私の友達だと、スパムメール業者はつかまえたら死刑にしろ、、とか言いかねません。なにかいい手はないですかねえ。

 とりあえずは自分からのメールはスパムごみ箱に直行させることにしました。送信時にCCやBCCで自分のアドレスを入れたいことも多いと思いますが、CC、BCC用には別アドレスを使うことにしました。

 以前、メールサーバ関係の事を書いたことがあるのですが、更に複雑な関係になりました。

これは以前書いたメールサーバ関係の図です。

Maildia05

 これだけでも充分複雑ですが、さらに複雑になりました。運用(メールを書くとき)も面倒になりました。

Maildia06

 一番上の図の右部分の変更を検討した図です。結構、面倒な流れになっています。現在では4つのアドレス(携帯も含めると5つのアドレス)を使ってスパム対策とプッシュメールを実現しています。
 この図はブログに書くためではなくて、自分の検討と管理用です。どうやっているか忘れてループさせてもまずいですから、、、。

 とりあえず、携帯には来なくなりホットしています。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

filebrowser とpy60tex 連動の補足(注意事項)

 Pythonスクリプトのfilebrowser改造と、それによってファイル拡張子をみてエディタPy60texでオープンする件については下記で書きましたが、py60texについての注意事項を書き忘れました。最初の記事に注意事項を追記しました。

最初の記事 : Python ファイルブラザ 「filebrowser」

filebrowserを取り込んだPyMyShellの記事 :
  Python スクリプト起動用シェルスクリプト その3

注意事項は下記です。
-------------------------------------------------------------

注:py60tex連動のための注(2008-11-10 追記)

 拡張子連動でテキストファイルをpy60texでオープンするには、py60texについて下記の注意が必要です。

・テスト版のpy60tex バージョン0091ならば、そのままで動きます。

・それ以前のpy60texバージョンでは、py60texで下記修正を行わないと動きません。
 バージョン0081で説明します。
  行番号 1921 をコメント化(先頭に#をつける)か、下記修正を行う。

変更前            appuifw.note(unicode("引数")+unicode(str(sys.argv) , "info"))
変更後            appuifw.note(unicode("引数")+unicode(str(sys.argv[1])) , "info")

説明:カッコの位置が間違っているため、そのままではエラーになります。バージョン0091ではコメント化されているので問題ありません。この問題は、コマンドパラメータでテキストファイルのファイル名を引き渡すときのみ問題になります。単独で起動して、メニューからファイルを開く場合は問題ありません。

---------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋恒例、菊花展

2008-11-10(月)曇り

 昨日は芸術の秋の話題でギターの合奏でしたが、市内の文化会館でも色々な催しが行われているようです。先日の週末の写真ですが、文化会館の入口前のスペースではこんなのがありました。

Dscx393a

 この時期には恒例の菊花展ですね。かなり広く飾ってありました。

Dscx395a

 こちらは盆栽作りのもののようです。いずれも力作が並んでいました。まあ、私には批評するほどの目はないのですが、見て楽しければいいかなと楽しんでいます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

第20回日本ギター合奏フェスティバル

2008-11-09(日)曇り、ときどき小雨

 第20回本ギター合奏フェスティバル、神奈川県から東京の中野まで車で行ってきました。本当は電車の方が楽ですが、ギターの運搬係として車で行ってきました。やはり、芸術の秋と言うわけです。

Dscx396a

 中野のゼロホールです。駅から歩いて5分、車で、歩いて、ギターを持った方が集まってきます。
 

Dscx398a

 入口の前では開場を待っています。今回は5部構成で、30団体の演奏がありました。

 さて、肝心の演奏は、、、上々の出来でした。ベートーベンの「悲愴」、ゆったりとした演奏で音の延びも良く好評でした。自分たちでとった録音のファイルが送られてきたら、一部分を掲載してみたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

Python スクリプト起動用シェルスクリプト その3

2008-11-08(土)雨、のち曇り

 以前に書いた スクリプト起動用シェルスクリプト「Py_mShell」」ですが、名称を変更しました。mShell というアプリ(統合環境と言うべきか)があることが分かったので、こちらの名称を「PyMyShell」と変更しました。そして、その後も色々(自分が)使いやすいようにするため弄っていました。

 今回の一番の目玉(もっとも、これしかないですが)は、ファイルブラウザを一緒にしたことです。即ち、昨日書いたファイルブラウザを、なかに組み込みました。しかも、ファイルブラウザでは、ファイルの拡張子をみてテキスト関係のファイルはエディタ「py60tex」で開くことができるので、自分としては使いやすくなりました。ブログ更新用のツールです。

Sscx0395    Sscx0396

Sscx0397

 左上から、アプリ起動用画面、ファイルブラウザへの切替メニュー、そしてファイルブラウザに切り替えたところです。ひとつの中に入っているので切替が速く、自分としては使いやすそうです。

今までの関連記事
 Python スクリプト起動用シェルスクリプト
 Python スクリプト起動用シェルスクリプト その2
 Python ファイルブラザ 「filebrowser」
 Python ファイルブラザ 「filebrowser」1の補足
------------------------------------------------

   「PyMyShell_000_4.py」
 「PyMyShell.ini」
 
「PyMyShell_hist.txt」 

ファイル関係はテク’ノート「Python スクリプト 雑記」の8.にまとめました。(2008-11-21)

-------------------------------------------------

リストの先頭にある設定ファイルの説明

__inifile__ = 'E:/Data/PyMyShell.ini'
extension_list = 'py,ini,log,lst,txt,htm'
open_app = 'C:/Python/py60tex.py'

Lists ={unicode('01_ふぶき')  :u'E:/Python/fubuki_m_001_0.py',
  unicode('05_電話帳')  :u'E:/Python/jContacts_v102a.py',
  unicode('04_ファイル転送') :u'E:/Python/PyMyFTP_000_1.py',
  unicode('02_ふぶき変換') :u'E:/Python/fubuki2htm_001_1.py',
  }

__inifile__ は設定ファイルのパスです。設定ファイルが優先されますが、なければリストの先頭の内容で動きます。

extension_list はテキストファイルと見なしてopen_app でオープンしたいファイルの拡張子を列記します。

open_app は上記拡張子のテキストファイルをオープンするアプリです。現状ではPythonスクリプト(の.pyファイル)しか使用できません。「py60tex」しか駄目かもしれません。
(アプリへの、ファイル名引き渡しができるか否かが問題です。)

Lists は起動したいスクリプトの一覧です。 「キーワード:スクリプトのパス」 のセットで追加削除します。キーワードはソートして表示しますので、例のように数字を入れたりして、自分の好きな順番になるようにします。 

-----------------------------------------------------------

iniファイル例

01_ふぶき  E:/Python/fubuki_m_001_0.py
05_電話帳  E:/Python/jContacts_v102a.py
04_ファイル転送 E:/Python/PyMyFTP_000_1.py
02_ふぶき変換 E:/Python/fubuki2htm_001_1.py
extension_list  py,ini,log,lst,txt,htm
open_app   C:/Python/py60tex.py

説明するほどの内容もないですね。各行は
(項目名)(スペース、またはタブ)(パス名や拡張子のリスト)
となります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

Python ファイルブラザ 「filebrowser」1の補足

2008-11-07(金)晴れ

 昨日書いたファイルブラウザを更新しました。実は、いよいよもう一つの目的の方を、、と思ったのですが、ファイルブラウザのプロパティの時刻表示が気になりましたので修正しました。

 このfilebrowserの元々の表示とか、他にもあるPythonスクリプトのpyfilemanagerS60でも、ファイル表示に出てくる時刻はUTC(GMT)です。こんな夜中に変更したかなあ、、と思ったら「-9」時間されている表示な訳です。と、いうことで、時刻の部分を変更しました。

 読み込んだ時刻(エポックタイム)にJSTとの差の9時間分の秒数を足してから時刻表示にしました。あと、年月日の表示順番もかえました。下の左の表示でも、1月11日なのか11月1日なのか迷うんですよね。(11月1日が正解)

Sscx0393    Sscx0394

 左が変更前、右が変更後です。

------------------------------------------
  「Filebrowser_000_2.py」
-----------------------------------------
前回の記事(多少の説明有り)
  Python ファイルブラザ 「filebrowser」

 (眠くなっちゃったので、8日の朝に書いた記事です。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

Python ファイルブラザ 「filebrowser」

2008-11-06(木)晴れ
  (最後にPy60tex連動のための注を入れました。2008-11-10)

 Python スクリプトのブラウザには、Python S60 をインストールすると入るスクリプト例の「filebrowser」というものがあります。色々なファイルブラウザが出てきている現在では、直接使うことはありませんが、その昔にZ:\からフォントをコピーするときに使った記憶があります。さて、そのfilebrowser を元に自分用のファイルブラウザにしてみました。

 目的は2つ有ります。そのひとつは、テキスト関係のファイルをクリックした場合、py60texというエディタでオープンさせたいためです。現在の環境では、ファイルブラウザでクリックするとノートとか(インストールしていれば)Deditなどでオープンされます。これを、py60texで開くようにしたいわけです。修正内容は大きなものではありませんが、何とかできたようです。2つめの目的は、、、、次回の記事で、、、。

Sscx0385    Sscx0391

 左が修正後の画面、右が元々のスクリプトの画面です。表示する行を有効に使うために、1行に1アイテムを表示します。

 

Sscx0386    Sscx0392

 同じく、左が修正後の画面、右が元々のスクリプトの画面です。ファイルは沢山表示できます。その代わり、プロパティは表示できません。

 

Sscx0387

 代わりに、メニューの項目に「プロパティ」表示を設けました。常に見たいわけではないからいいかなと思います。

 

Sscx0389    Sscx0390

 ファイルを選択してクリック、またはメニューでオープンを選ぶとpy60texでオープンすることができます。

-------------------------------
 「Filebrowser_000_1.py」  「Filebrowser_000_1.py」 (ファイル入れ替えました21時30分)

ファイル関係はテク’ノート「Python スクリプト 雑記」の8.にまとめました。(2008-11-21)
-------------------------------

説明:

#------- config data---------------------------
extension_list = 'py,ini,log,lst,txt,htm'
open_app = u"C:\\Python\\py60tex.py"
#----------------------------------------------

スクリプトの先頭にある設定項目です。
extension_list は、次の行にあるエディタで開きたいファイルの拡張子を列記します。

open_app は、上記の拡張子を持つファイル(と拡張子のないファイル)を開くためのエディタを指定します。今のところ使えるのは、Pythonスクリプトのエディタのみです。(SIS版ではなく.PY版を指定します。)

 実際の使い方は、説明するほどのこともないくらい簡単です(手抜き)。

 

注:py60tex連動のための注(2008-11-10 追記)

 拡張子連動でテキストファイルをpy60texでオープンするには、py60texについて下記の注意が必要です。

・テスト版のpy60tex バージョン0091ならば、そのままで動きます。

・それ以前のpy60texバージョンでは、py60texで下記修正を行わないと動きません。
 バージョン0081で説明します。
  行番号 1921 をコメント化(先頭に#をつける)か、下記修正を行う。

変更前            appuifw.note(unicode("引数")+unicode(str(sys.argv) , "info"))
変更後            appuifw.note(unicode("引数")+unicode(str(sys.argv[1])) , "info")

説明:カッコの位置が間違っているため、そのままではエラーになります。バージョン0091ではコメント化されているので問題ありません。この問題は、コマンドパラメータでテキストファイルのファイル名を引き渡すときのみ問題になります。単独で起動して、メニューからファイルを開く場合は問題ありません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

第20回 日本ギター合奏フェスティバル(再掲)

2008-11-05(水)晴れ

 今日も夜は、ギター合奏の練習の練習に行ってきました。先週、今週は練習回数と、先生に来ていただく回数が増えています。

 というのも、本番が今週末に迫っているからです。今まで、仕上がりは悪かったのですが、ここに来てなかなか良くなってきています。直前仕上げ(学校で言うと一夜漬けともいう)に強い本領が出ているのでしょうか。(もっと、前にちゃんとしろよ、、という声もありますが(笑)。)

 ということで、本番のご紹介の再掲です。以下は、9月29日の記事です。
  (遅くなったので、6日の朝にアップしています)

-----------------------------------------------------------------------

第20回日本ギター合奏フェスティバル」です。

 11月9日(日) なかのZEROホール (中央線、中野駅)
   11時開場、11時30分開演
      (我々は12時過ぎ ← 余分ですかね、、(笑))

 昨年までは、竹内 淳 氏に編曲をお願いした曲(自分的にはかなりの大作)で参加していました。が、今年は、聞く人からすると若干小品かもしれません。新人も入らないので若干沈滞気味ではありますが、、、今年もちゃんと参加して演奏します。

 下に宣伝(配布されたパンフレット)を載せます。近場の方は、ぜひ聞きに来てみて下さい。我々の演奏はともかく、他はセミプロ、プロ級も多いので、楽しめると思います。

因みに我々の演奏は最初の方なので、12時頃です。(ひとつだけ企業名が入っているやつですね)

 パンフレットはクリックすると大きな画像が出ます。

(下は全体の写真です)

Dscx280a

(下は、上半分の出演団体のリストです(演奏順です)。)

Dscx276a

(下は、場所の案内です。)

Dscx279a

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

PythonでFTP のPyMyFTP をテクノートに移しました。

 以前の「fubuki でWEB 作成 その8 PythonでFTP 作成編」で書いたファイル転送スクリプト「PyMyFTP」を、テクノートの下記部分に移しました。

  「Python スクリプト 雑記

 年内にもう一回ぐらい、出かけた先で役に立つ予定です。(電波が来ていればですが、、)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fubuki でWEB作成 その9 fubuki2htm 改造

2008-11-04(火)晴れ

 ここ暫く、以前作ったツール(fubukiでWEBを関連)を見直しています。書いておかないと忘れるので、ひとつずつ書いておくことにしています。一杯溜まっていますが、書く方が追いついていません(苦笑い)。

 fubukiで書いたWEB用原稿をHTMLテキストに変換する fubuki2htm を改造しました。バグは見つかっていないのですが、先日出かけたときに、スクリプト起動用スクリプト(Py_mShell 今は改名してPyMyShell *1)から使ったら、動いているのか動いていないのか、終了したのかエラーなのか分からなかったので、表示関係を修正しました。

  *1:Hiisiさんのサイトを読んで気がついたのですが、mShellというアプリ(統合環境)があるので改名しました。

改造内容:
001_1:  2008-10-01
 ・実行時に画面上にスクリプト名を表示するようにした。
 ・画面に、処理実行中の表示をするようにした。
 ・完了時、エラー時に画面表示するようにした。
 ・タイトルテキストをiniファイルで指定できるようにした。

  上記の最初の3ヶは、スクリプト起動用スクリプトから実行したときに、事項中かどうか分からな かったり、完了やエラーが分からなかったため修正しました。
  4つめは、将来SIS化するときのために修正しました。

 掲載はいつものようにこちらです。 「Python スクリプト 雑記

Sscx0382    Sscx0383

 左が実行中、右が終了時です。これで、状況が分かるようになりました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

目覚まし、シャッフル再生 PyWakeUpSP_002_3に更新

 目覚まし用に音楽を、プレイリストからランダムに選んで一曲演奏するスクリプトです。PyTalkTimeを見直したついでに修正しました。こちらは、殆ど影響ない内容ですが、、。
 こんな事をしています、という記録と最新モジュールが分かるようにしておく記録の意味しかないような気もしますが、、、。

PyWakeupSP_002_3
 iniファイルのクローズ処理(close)がおかしかったのを修正しました。
  (実質影響ないと思います。)

掲載はこちらです。「Python スクリプト 雑記

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時刻読み上げ PyTalkTime_set_001_2 に更新

 自分では毎日使っているスクリプトで、HiisiさんのPyTaskServerで起動して時刻を読み上げる、時報スクリプトです。動いているのですが、若干気になって見直したので修正しました。

PyTalkTime_set_001_2

 PyTalkTimeSP、PyTalkTime 両方の修正
   ・Soundファイルのクローズ処理を入れた。(あまり影響ないかもしれませんが。)
 以下はPyTalkTimeSPのみの変更
  ・iniファイルのクローズ処理がおかしかったのを修正した。
  ・iniファイルの項目間の区切りがスペース1個のみ可だったのを、スペースと
   タブ(複数可)にした。

 掲載はこちらです。「Python スクリプト 雑記

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民の日、と野外子供造形展

2008-11-03(月)曇り

 運動公園の横を通りかかったら、賑やかな催しをやってました。市民の日の行事と、第21回野外子供造形展です。朝から曇り空なのが残念ですが、、。

Dscx387a

 水無川の両岸は、2KM位(駅までの距離の半分くらい)に渡って賑わっています。半分が露店で、半分が子供の造形展です。上の写真は露店の方です。

 

Dscx389a

 駐車場と公園の中心広場も賑わっています。何かのショーがあったようです。

 

Dscx391a

 造形展のひとつ、中学生がクラスのメンバーを似顔絵風に表現したもののようです。

 

Dscx392a

 こちらは小学生の、木の切れ端による造形です。色々な動物を作っています。

 駅との間に無料シャトルバスもでており、子供も沢山来ていたので晴れたら最高の行事だったのですが残念ですね。11月3日の曇りは5年ぶりだそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

PyNotePad、 PyNoteNdb を更新

2008-11-02(日)晴れ
 今まで作ったPythonスクリプトもバグが出たり、改造したい内容があったりで見直しています。まず第一に、ひどいバグがあった「ノートデータベース」PyNotePad、 PyNoteNdb を更新しました。

  掲載はこちらです。「Python スクリプト 雑記

改訂内容
 ・元データ(内蔵ノートのデータ)がなくゼロから使うときに動かなかったのを対策した。
 ・iniファイルの項目間がスペース1個しか駄目であったのを、スペース、タブ(複数可)に変更した。

 今までの改造の途中で、ひどいバグを作り込んでしまいました。内蔵ノートのデータを変換して使うことを考えていたので、データのないゼロの状態から使うときに動かなくなっていました。今まで気づかなかったのは、それほど使っていなかったからだと言うことが分かってしまいますね(う~ん、、、)。現在はブログネタのメモに使っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

Python、MMS削除スクリプト 「mmsdelete」

 某掲示板(海外携帯/スタンダード携帯関連)に、面白い、というかスタンダード版使用の方には便利なスクリプトが発表されていました。それは、サーバからMMSを削除するアプリです。(mmsdelete.py、mmsdelete.mbm)
           この辺にありますが、時間が経つと消えると思います。

 スタンダード版を(国内で)使っていて一番困るのは、MMSをサーバから削除する操作ができないことです。もちろん、工夫して全文受信してしまえば自動的に削除されます。しかし、全文受信できない場合はサーバに残ってしまいます。一定量溜まると、サーバはメール受信を拒否しますから、定期的にキャリアの携帯電話にSIMを挿してサーバから削除する操作が必要になります。が、これが面倒なんですよね。

 早速使ってみました。

Sscx0376    Sscx0379_2

 左が起動したところです。右が、サーバ内のメールのリストを取得し、一件選択したところです。
 

Sscx0380_2     Sscx0381_2

 左のように、メニューから削除指示します。右が削除完了した結果のメール一覧です。

 普段、スタンダード版をメインで使用したいなどと言う方には便利なアプリだと思います。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

PyStation Weather(かなり以前はPyWeather) Ver UP

2008-11-01(土)晴れ

 以前から便利に使用させていただいていたHiisiさんの(Pythonスクリプト)アプリ PyWeathe(新しいバージョンではPyStation Weather)が、10月30日から動かなくなりました。

 このアプリは、待ち受け画面に今日と明日の天気予報を表示してくれるスクリプトです。使っていたバージョンが古かったので、最新にしないと駄目なのか?と思っていたら、gooモバイルの方で仕様変更があり、動かなくなったとのことでした。早速、対応版のバージョンを出して下さいました。

  Hiisiさんの記事はここです。「Hiisi Proxy 開発後記」 PyStation 0.1.2

 Hiisiさんの PyTaskServer で設定した時刻に自動起動すれば、毎回更新して表示され、便利に使っています。

 毎日の自動起動関係はすべて PyTaskServer でやっており、運用方法がかなり決まってきました。
 その辺の関係は、この記事の図の通りです。「Py???シリーズ その5」

 最近はブログ更新ツールも含めて、Pythonにお世話になっています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »