« 秋恒例、菊花展 | トップページ | 自分からのスパムメール »

2008年11月10日 (月)

filebrowser とpy60tex 連動の補足(注意事項)

 Pythonスクリプトのfilebrowser改造と、それによってファイル拡張子をみてエディタPy60texでオープンする件については下記で書きましたが、py60texについての注意事項を書き忘れました。最初の記事に注意事項を追記しました。

最初の記事 : Python ファイルブラザ 「filebrowser」

filebrowserを取り込んだPyMyShellの記事 :
  Python スクリプト起動用シェルスクリプト その3

注意事項は下記です。
-------------------------------------------------------------

注:py60tex連動のための注(2008-11-10 追記)

 拡張子連動でテキストファイルをpy60texでオープンするには、py60texについて下記の注意が必要です。

・テスト版のpy60tex バージョン0091ならば、そのままで動きます。

・それ以前のpy60texバージョンでは、py60texで下記修正を行わないと動きません。
 バージョン0081で説明します。
  行番号 1921 をコメント化(先頭に#をつける)か、下記修正を行う。

変更前            appuifw.note(unicode("引数")+unicode(str(sys.argv) , "info"))
変更後            appuifw.note(unicode("引数")+unicode(str(sys.argv[1])) , "info")

説明:カッコの位置が間違っているため、そのままではエラーになります。バージョン0091ではコメント化されているので問題ありません。この問題は、コマンドパラメータでテキストファイルのファイル名を引き渡すときのみ問題になります。単独で起動して、メニューからファイルを開く場合は問題ありません。

---------------------------------------------------------------

|

« 秋恒例、菊花展 | トップページ | 自分からのスパムメール »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/43072386

この記事へのトラックバック一覧です: filebrowser とpy60tex 連動の補足(注意事項):

« 秋恒例、菊花展 | トップページ | 自分からのスパムメール »