« 知らなかった sake-pass カード | トップページ | 街の、、ん、川のある風景、、かな »

2008年9月 1日 (月)

PyTalkTime 001_1

2008-09-01(月)晴れ

 ようやく「まるごとX02NK」を読み終わりました。買った以上は1字残らず読まないと、、って思う性分なので結構時間がかかりましたが、晴れて完読です。覚えているかどうかは別として、、です(笑)。そちらは熱意とは別に、脳細胞の壊れてゆく速度との勝負ですから(涙)。

 ということで、ようやくPythonの勉強に戻れました。「Pythonチュートリアル」も、まだ4割くらいしか読んでないので、速度を上げないと、、。
 今回は時刻の取得(年、月、日、時、分、秒)とそのフォーマットについて勉強しました。その結果からみると、以前書いて毎日使っている「PyTalkTime」、「PyTalkTimeS」(時刻読み上げのスクリプトです)の処理が非常に冗長で汚いのに気がつきました。

 書き直してみると、20行くらいが数行になってしまいました。汚いコーディングよりは綺麗なコーディングの方が良いですよね。
 さしずめ、「Zen of Python」 (Hiisiさんのこちらを参照) でいうと、
  美は醜よりよい。
  明瞭は曖昧よりよい。
  単純は複雑よりよい。
  読みやすさは肝要である。
あたりに相当するのでしょうか。

リストは例によって、こちらにまとめました。
  「Python スクリプト 雑記
   1.4 時刻読み上げ PyTalkTime

 

|

« 知らなかった sake-pass カード | トップページ | 街の、、ん、川のある風景、、かな »

携帯電話アプリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/42348375

この記事へのトラックバック一覧です: PyTalkTime 001_1:

« 知らなかった sake-pass カード | トップページ | 街の、、ん、川のある風景、、かな »