« fubuki でWEB 作成 その1 | トップページ | fubuki でWEB 作成 その3 »

2008年9月17日 (水)

fubuki でWEB 作成 その2

2008-09-17(水)晴れ

 第2回:fubukiへのメニュー追加

 さて、一番大元のテキストを作成する fubuki.py をどうするかです。前回書いたようにテーブル作成とイメージのリンク作成を簡単にしたいので、次のようにすることにしました。

 (1) テーブル作成については、データはタブ区切りのテキストをかくので、これをテーブルであると宣言するために<table>と</table>の2行で囲むことにします。そして、この2行をまとめて書き込むメニューを設けます。
 毎回、手で書くかコピー/ペーストしても良いのですが、<table>は書いたが</table>を書き忘れた、等と言うことがないようにセットで書き込むメニューにします。

(2)イメージについては、 <img1>フォルダ名/ファイル名 と書き込むと、ここに”ファイル名”の写真が入るHTMLになるようにします。
 HTMLのタグそのものを書いたりコピー/ペーストしても良いのですが、やはり簡単に<img1>を追加したり、写真はリストから選択できる方が便利なので、これもメニュー化します。<img1>とか<img2>とかの最後の数字は表示する画像サイズ(HTMLタグのwidth、heightの数字です)を指定する数字にします。

 なお、本来のfubukiの機能は変更せずに残すため、従来部分には手を入れないように注意します。メニューを1ヶ追加し、そこからコールされるモジュール追加で対応しました。

追加箇所
  (オリジナルを改変してリストを掲載することはできないので、下記のように表現しています。)
 下の3枚の画像はfubukiのオリジナルリストの一部分です。ここの、*1、*2、*3の部分に、その下のリスト「tuika2fubuki.txt」の*1、*2、*3の部分を挿入すると、今回のテストに使っている動作にすることができます。(リストはクリックすると大きくなります。)

Fubukikai01

Fubukikai02

Fubukikai03

追加部分のリスト  「「tuika2fubuki.txt」 」 

   追加部分のリストは テクノート へ移しました。(2008-10-18)

 
 動かして見た結果を載せてみます。

Sscx0315

 今回追加したメニュー「Insert Etc」です。この中にテーブル挿入とイメージ挿入のサブメニューがあります。

 

Sscx0320    Sscx0321

 左は、下の方に<table></table>がペアで挿入されたところです。右は、その間に表のデータを入力したところです。このデータは手で書くしかないですね。
 

Sscx0316    Sscx0318

 イメージ挿入のメニューを選択すると、まず左の画像サイズ(HTMLで表示するサイズ)の選択画面が出ます。widthとheightの値を決めます。次ぎに右の、イメージファイル選択画面が出ます。複数を選んで挿入することができます。

Sscx0319

 2枚の画像ファイルを貼り付けた原稿テキストです。これを変換するとここに画像が表示されるHTMLファイルになります。

 とりあえず、これで元原稿を作成する機能まではそろいました。次回は、いよいよ変換です。

 

|

« fubuki でWEB 作成 その1 | トップページ | fubuki でWEB 作成 その3 »

携帯電話アプリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/42509746

この記事へのトラックバック一覧です: fubuki でWEB 作成 その2:

« fubuki でWEB 作成 その1 | トップページ | fubuki でWEB 作成 その3 »