« まるごとX02NK とPython本 | トップページ | Python データベースの勉強2 »

2008年8月13日 (水)

Python データベースの勉強1

2008-08-13(水)晴れ、時々曇り

 Pythonでのデータベースの勉強ですが、先日までは電話帳(Contacts.cdb)を使う勉強をしていました。電話帳はe32dbモジュールを使っても良いらしいのですが、電話帳用にはContactsというモジュールを使うと、電話帳を簡単に扱うことができます。で、先日までで、番号検索と文字/番号検索のスクリプトをでっち上げて見たわけです。

  電話帳 文字と番号検索 PySearchCdb
  Python 電話番号検索 PySearchNr.py 3

 他人の勉強の事を聞いても、、と思われるかもしれませんが、毎日もれなく書くためにはこういうネタも必要なんですよ~(笑)、、、今日も無事にしてまーすの連絡なんです。

 さて、次は本来のデータベースです。方法としては
  ・Sqlite3を使う
  ・e32dbmモジュールを使う
  ・e32db モジュールを使う
の方法が有るようですが、「Sqlite3を使う」のは先日で挫折しているので後回しにして、次は「e32dbmモジュールを使う」を試してみました。

とりあえず下のようなデータを入力してから、セレクションリストで一覧表を出すところまではできました。

E32dbm01

Sscx0243 セレクションリストでの一覧表です。

左の数字がキー、姓名がデータです。


 

 しかし、使い方が分かりません。「キー:データ」という組み合わせのデータの集合なのですが、これをどう活用するのかが思いつかないのです。データベースというと、よくテーブルが頭に浮かびますが、e32dbmの場合は「キー:データ」の集合なのですね。具体的な例とか解説が見つからないので、当面ここでストップです。

 

|

« まるごとX02NK とPython本 | トップページ | Python データベースの勉強2 »

携帯電話アプリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/42158084

この記事へのトラックバック一覧です: Python データベースの勉強1:

« まるごとX02NK とPython本 | トップページ | Python データベースの勉強2 »