« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

からたち と クルミ

 夜は兄との定例飲み会でした。何かと理由をつけては開いているような気がします(笑)。今回の理由は、兄弟全員が集まる飲み会の相談でした、なんだ、中身も飲み会の相談ですね(笑)。

 で、出かける途中でみた、いつもの風景の写真なんですが、、、。

Dscx168a

 何か、いつもより明るいなあ、、と思ったら、有ったはずのものがない、、、。それはクルミの木です。この辺を覆うように茂っていたクルミの木がないので、明るくなったように感じたのです。明るいですが、この時期で言うと暑苦しくなりました。大きな木陰のある風景は涼しげです。何本かの木が無くなっているから、何か作るか家でも建てるのでしょうか。
 (X02NK)

 
Dscx170a

 その先にあった「からたち」の木は茂っていました。(X02NK)

 
Dscx169a

 からたちの実です。かなり大きくなっています。トゲが痛そうですね。(X02NK)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月末、無タバコ2年2ヶ月

2008-07-31(木)晴れ、薄曇り

 また、月末となりました。もはや記録と、心の再確認の意味しかなくなった(面白いネタもなくなった)件ですね。

 喫煙しなくなった事で困ったのは、喫煙具(パイプとかシガーホルダー)の手入れをしなくなったことです。いずれ使うかもしれないし、使わないのなら装飾としておくためにも、綺麗にしておかないとねえ。特に、パイプのマウスピースは傷みというか汚れがひどくなります。(汚れというより酸化でしょうか)

 今度徹底的に磨いてやりますか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

Python データベース Wellness Diary 雑記

2008-07-30(水)晴れ、曇り、のち雨

 以前から、携帯電話の上でのデータベースに興味を持っています。その発端はNokiaのWellness Diary です。Wellness Diary で散歩の歩数や血圧の数値を記録していますが、これを取りだして自分で加工できないかと考えたわけです。

 「送信」でデータを取りだして、それを加工しても良いのですが、この方法には(現在のバージョンでは *1)下記の欠点がありました。

  ・取りだして、整形してから処理にかけるのは手間がかかる。
  ・取り出す期間に制約があるのか、数ヶ月以前のデータは取り出せない。*2
  ・リスト表示でも、数ヶ月より以前のデータは読めない。(グラフ表示はできる。)

  *1:これを書いているときのバージョンは1.14ですが、既に1.18が出ているようです。
       ダウンロードはここです
  *2:バグ? それとも、同じデータで使用している期間が長すぎるのかな。

 と言うことで、以前から自分でデータを直接取りだして細工できないか、自分用のグラフ表示ができないかと思っていました。Pythonに興味を持ったのもその辺も絡んでいます。即ち、C++で書いてインストールして動かす、、と言うのは、ちょっとハードルが高いなと思ったわけです。Pythonなら、スクリプトのまま動かしてもいいかなと、、。

 調べたら、Wellness Diary はSQLiteを使っているようです。PC版のPythonでは、今ではSQLiteモジュールが載っているらしいですが、Python S60 には無いようです。従って、インストールされている SQLiteServer.exe とかSQliteClient.dll 等を使わないといけないみたいですが、それにはちょっと先が長いかなと、ひとつ挫折しました(笑)。

 次は、新たにデータベースを作って記録すると言う手があります。すべて自前ですまそうと言うわけですね。テキストで記録しても良いのですが、やはりDB化しておくのが良いかなとも思います。そこで、Pythonのデータベース機能について、つまみ食い用に資料を漁ってみています。
 e32db とか e32dbm について書いてあるNokia のリファレンスマニュアルをダウンロードしたり、サンプルコーディングを印刷したりしています。読むのは2冊の本(*3)を読み終わってからですが、、。

  *3:Python チュートリアル、 Python for 702NK/702NKII プログラミング

 先は長そうだし、読んだだけで終わる可能性の方が高いのですが、、(高いと言うより、その可能性しかなかったりして、、、(汗))。
 雑感でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

水の被害が続いている、、

2008-07-29(火)晴れ、曇り、雨

 暑い日が続きます。涼しくするために雨が欲しい、、と思えばドシャっと降って、川でも被害が出ますし、思うようにいかないものです。
 しかし、最近よく聞く水(川)の被害は、半分以上人災の感がないとも言えません。いや、逃げるのがどうこう、、と言うのではありません。水の出方が異常になったという意味です。

 以前は、雨が降っても露出した地面とか山の豊富な緑の中ににしみこみ、更に降ると水たまりが出来、更に降ると道路に流れ出し、そして側溝に入って川に出て行く、、という動きでした。川の水が増えるまでにバッファが多かった訳です。しかし、ある時期からは家が建て込んで路地(地面が出ている場所という意味)の場所が無くなり、道路やその他の場所は舗装されていますから、降った雨は即、道路などに溢れ、川に出て行きます。
 だから、昔の夕立のような降りでも、街のお店の中に水が入ってきたり、川もいきなり増水するわけです。

 私が時々写真を載せる水無川の大水も、結局はそう言う原因で出ているような気がします。雨から大水までが早く、引くのも早いんですよね。以前は出るまでに時間がかかり、引くのにも時間がかかったものですが、、。

 とはいえ、いずれにしても被害に遭われた方は大変だと思います。何とも言いようがありません。、、、頑張って下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月28日 (月)

SymSMB 日本語化ようやく送った、、

 先週のHandy Safe Desktop Professional のマニュアルに引き続いて、今日SymSMBの見直し版を送付しました。以前、一回送付しているのですが、新しい行がかなり追加されていたのでそれを記入し、全部を見直して送付しました。気に掛かっていたので、これですっきりとしました。

 しかし、取り出された単語の訳って難しいですね。どう言うところで使われているのか分からないので悩みます。既にある機能の単語なら、使っているのを見ればいいのですが、新しい機能だとそうも行きません。2つだけ、最後まで悩んだ末に、例と訳をリストアップして添付しました。

 Handy Safe Desktop Professional もSymSMBも、実際の場所に組み込まれたものを見たときどうか怖い気はします。まあ、対応は私だけではないから、、、とか、まあ約束は果たしたから良いかななどと、自分で無理矢理納得させてます(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Python for 702NK/702NKII プログラミングブック

2008-07-28(月)晴れ、雨、曇り

 先日注文していた、こんなものが届きました。

Dscx163a

 まあ、見たとおりのものですが、、(笑)。Python チュートリアルも読み終わっていないのに、そんなに本ばかりどうするのか、、、もちろん読むのです(きっぱり、、、苦笑)。
 いや、読んだからといってスクリプトがかけるかというと、(私に限っては)なんとも言えないのですが、こういう本って読むのが楽しくないですか? 結構、読み物として読んでしまいます。

 因みに、Nokiaの携帯電話を買うと、最初に必ずマニュアルを全部読みます。読まなくたって使うのには困らないのですが、必ず全部のページを読みます。何となく、日本文学全集よりも、読み物として読んでいるような気もします。
 Pythonマニュアル(HTMLによるマニュアル)は、結構WEBにもありますが、WEBで読むより紙で読むのが好きです。紙で読んだ方が読みやすいです(古い人間なんでしょうね)。

 ところで、チュートリアルも最初に読んだときは(??)状態でしたが、PyDingDong とか PyWakeUpSP とかを書いてから最初に戻って読んだら、なるほどと得心がいきました。読んでから書くか、書いてから読むか、それが問題だ、、、(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月27日 (日)

ビルの建設

2008-07-27(日)晴れ、のち曇り

 最近(でもないかな、暫く前から)、市内では背の高いクレーンが目につきます。いくつかは工場の建物の建て替えとか新築ですが、その他多くは分譲マンションの建設です。

Dscx118a

 こんな感じです。
 以前は分譲マンション建設といえば、それなりの土地を確保して作るので、周りには若干のスペースがあったものですが、最近のはそうではないですね。以前あったお店が無くなったと思ったら、そこに敷地一杯に作っています。従って、歩道から直ぐ入口だったり建物の壁だったりします。
 まあ、駅から歩いて数分、、といううたい文句で売り出すのでしょうが、あれほど廻りに余裕がないと、ちょっと嫌じゃないかなあ(住む人も廻りも)と思うのですが、どうでしょうね。

 ところで、この写真を見ていたら思い出したことがありました。ビルを建ててゆくやり方にはいくつかあるんですね。以前東京の本社ビルに通勤していたときに、偶然一回だけ目撃した工法がありました。

(1)ごく普通に見るやり方
 上の写真のごとく背の高いクレーンを設置して、そのクレーンでビルの上へ資材を上げます。ビルの上で作業して、ビルを上へ上へと造ってゆきます。従って、この場合のクレーンは背の高いものを使います(最初から高いわけではなくて、徐々に高くしてゆくこともありますが)。

(2)屋上階(実際は屋上の上、作業階になるんですが)を作って、その上に大きなクレーンを設置します。そのクレーンで資材をつり上げるのは一緒ですが、作業階の下にビルの階を作っては、作業階を上げてゆきます。
 即ち、作業階の下に階を作り、作業階(即ちクレーンも)を上げてゆきます。ですから、このクレーンは背の高いクレーンではありません。

 こう書くと、見たことが無い方は、どうやって作業階の下にビルの階を作り、作業階を上げてゆくんだ、、と疑問を持つ方もいると思います。
 当然ですね、まるでピラミッドを上から造る、、と言う説と同じになってしまいますから。

 実は、柱になるところの部分ですが、作業階にはジャッキになっている柱がついています。これで、腕立て伏せのごとく自分(の階)を持ち上げます。その後、ジャッキの柱を一本ずつ引き上げては、その下に本当の柱を作ります。自分の下にビルの階と柱を作ったら、また腕立て伏せで自分を持ち上げます。
 こうやって、2階位ずつ作ってゆきます。最初に作業階を作るのは時間がかかりますが、トータルとしては作業期間は短くなるのだそうです。この工法は、オフィスビルを造るのに適しているようです。オフィスビルは柱と床だけみたいなもので、マンションのように中を区切るコンクリート壁が無いからです。

 本社ビルの隣に、2つのビルが建設中で、それぞれ(1)と(2)の工法で作っていました。最初は(2)の工法が分かりませんでしたが、毎日喫煙室に行っては眺めていて、やっと分かりました(笑)。

 ところで何ヶ月にもわたって見ていたのですが、この工法でひとつだけ目撃できなかったことがあります。即ち、腕立て伏せ(自分の階を上げているところ)です。まあ、これは他の作業者が作業できない夜中とか休日にやるのでしょうから、仕方がないのでしょうか。
 勉強になった一件でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

Gmail、POPで受信 結末編

2008-07-26(土)晴れ、曇り

 以前書いたまま、結末が to be continued (あれ、合ってるかな)になっていた件ですが、ようやく決着がついたようです。
 それは、題名の通りで、スパムフィルターとしてGmailを通した後のメールの受信をどうするかという問題でした。

 以前の記事
  Gmail、POPで受信 その3
  Gmail、POPで受信 その2
  Gmail、POPで受信 その1

 以前(2008年1月6日~10日)に、自分のメール環境を検討して、いくつかあるメールの転送関係を検討しました。かなり複雑なメール関係図にはなっていましたが、まずまず運用できるところまで来ていました。
 それが上記の記事でした。

今までの対策
  (1)PCも携帯も含めて、メールはプロバイダメールひとつを窓口にする。
  (2)Gmailをスパムフィルタに使う。
  (3)PCでの受信はGmailのPOPで行う。
  (4)返信/送信は上記のプロバイダメールのSMTPで行う。
    (CCに入れた自分への送信メールの扱いを、通常メールと同じにするため)

 この運用関係図が、上記「Gmail、POPで受信 その1」の最後のところに修正版を載せた図でした。

 これで、概ね運用できるようになったのですが、ひとつだけ残っていたのが、GmailのPOPサーバ部分の動きです。
 即ち 「Gmail、POPで受信 その3」 の 問題点2 で書いた問題です。

 問題点: 「GmailのPOPサーバは、一回メールを受信(ダウンロード)すると、POPサーバからメールが削除されるようです。即ち一回のみ受信できる仕様(みたい)です。PCのメールソフトの設定(受信後もサーバに残す、等という設定)も関係なく消えます。」

 この場合の困るシチュエーション: 出かけているときに携帯電話でPOPサーバにアクセスしてメールを受信するとPOPサーバからメールが消えます。
 このため、次ぎに携帯電話で接続したときに携帯電話からもメールが消えて(*1)、携帯電話にもPOPサーバにもメールが無くなります。帰宅後、PCのメーラにダウンロードして保管と言うこともできなくなります。(Gmailの受信箱には残っているので、読むことはできます。)

*1:Nokia携帯電話のEメールクライアントは、POPサーバと同期するという考え方です。従って、サーバからメールが無くなると携帯電話のINBOXからも消えます。(毎フォルダに移しておけば消えない。)

携帯電話での、1回目の接続結果(左)と2回目の接続結果(右)です。接続を繰り返しただけで、メールが削除されています。

Sscx0132   Sscx0134

 対策結果: Gmailの後に、もう1段プロバイダメールを入れた。これは、POPでの受信用と携帯電話への転送のフィルタ用です。現状ではまだ、携帯電話へ転送するときのフィルタリングは行っていませんが、とりあえず毎日の運用はこの図の通りで動き始めました。
 新たにメール加入するのでは大変ですが、インターネット接続のためなどで入っているプロバイダのメールを活用しているわけです。

    (図はクリックすると大きくなります。)
略図:

Maildia04

詳細図: 複雑ですね。転送設定を失敗するとまずそう、、、。しかし、これで心配なく運用できるようになりました。1段より若干のディレイはありますが、気になるほどではありません。

Maildia05

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

Edyカード 使えねえーーー!

2008-07-25(金)晴れ

  本件は最終的に円満解決で、私としては何の不満も残りませんでした。その報告は下記記事です。「Edyカード 使えねえーーー! 大団円編
 下記のような不満たらたらな内容で一旦書き込んでしまった以上、結論も書かないと不公平なので解決編を上記記事に書きました。(8月27日追記)

 今日は色々な払い込みをしようとして、まずEdyにチャージしてサークルKにいきました。支払う段になって、読み取り機にEdyカードを乗せたら、今月からEdyでは公共料金の支払いはできません、、と言うではありませんか。

なに~、前回は問題なくできたのに、、どうしてだよ~。

 と聞いたら、今月からできなくなったんです、、とのことでした。色々聞いたのですが、コンビニのおにいちゃんに言っても、向こうもどうしようもないのは分かっていますから、とりあえず振り込みは中止して、すぐ帰宅しました。

 で、ビットワレットのカスタマセンタに電話したら、そう言うことになったんですとのこと。ま、会社や色々なところとの関係だろうから、それ自身はどうしようもないでしょう。で、いつから徹底したのかと聞くと、4月からですとのこと。それは、余りにも急じゃないのか、それにセンタに登録しているにもかかわらず、全然お知らせや連絡はなかったぞ、前回の公共料金支払い時にも案内はなかったし、といっても、済みません、そう言うことになったんですと言うばかり。

 それは分かったから、その為にチャージした金額を戻すか、振りだしてくれ、と強くいいました。しかし、システムがそういう風になっていないのでできません、と言うばかり。システムを変更してマイナスチャージをしてくれと言ってるわけではないよ、クレームが来る客もいるだろうから、カードを送ったら、そう言う処理をするような対応は考えられていないのか?と言っても、システムがそうなっていないのでできませんとのことでした。まあ、窓口係には決定権はないから仕方がないでしょう。
 かなり強く言っていたら、上のものと相談しますといって、暫く待たされましたが回答は同じでした。まあ、実際は相談したのではなくて、そう言うポーズを取っただけでしょうけれど、、、、私にも覚えがあるから、、、(苦笑)。

 最後には、分かったといって切りました。実際は、直接社長室に配達証明・内容証明でクレーム手紙を出して、どういう返事が来るか試す腹づもりでした。まあ、返事があれば御の字、ないかもしれませんが。返事があっても、「分かりましたが、そんなことはできないよ」という、言葉は丁寧でも木で鼻をくくったというか慇懃無礼な、テンプレの返信が来るだけだとは思いますが。それでも、それをWEBに貼ってネタにすれば、若干は取り戻したことになるかなあと思った次第です。この暑さと、頭に血が上った状態では文面を考えるのが面倒ですけどね(笑)。

 しかし先日の新聞で、「数万のお金でも右から左にいつでも動かせる訳ではない人もいる」という事を考えられる想像力が政府高官や議員にないから、血の通わないことしか考えられないんだという辛口の評が載っていましたが、同じ事が言えるなあ。まあ、数万なんて、その人達の一晩の交際費にもならないんだろうから、、、。

 2チャンでみたら多少、話題にはなっていますね。まあ、あれだけ先行したにもかかわらず振るわないEdyカードの足下が見えた感じもします。仮に、別のことに使おうかと使用可能な店舗を探したら、市内でも5店しかないです。それも、余り行きそうもない店舗ばかりで、、。セブン子ちゃんカードなら、セブンだけでも20店以上あるのに、、、。
 残高がゼロになったら、もう使わないだろうなあ、これほど使うところがないんでは。SUICAかPaSuMoの方が便利ですよね。

 今日は頭に血が上って、書くネタが急に変更になっちゃった(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

サン・トワ・マミー

2008-07-24(木)晴れ

 この題名を見て、あの人の歌が思い浮かぶ人は、立派に中年の域を越えつつあると思います、おめでとうございます(笑)。

 今日、NHK教育の子供向け番組を見ていたら、蓄音機が出てきました。あの、こぶし大のやつをゴトンとレコードに置くと、上のラッパから音が出る正真正銘の蓄音機のことです。そして、そこに出てきた歌の1つがこれでした。

 で、懐かしくなって昔のLPを取りだして見ました。このレコードを取り出すのは何年(いや、何十年)ぶりでしょうか。

Dscx156a 番組にはこの人の歌が出てきたわけではなくて歌の名前だけですが、この歌と言えばこの人でしょう。

 サルバトーレ・アダモ、一世を風靡しましたね。サン・トワ・マミー、ブルージーンと革ジャンパー、雪が降る、、思い出しますよね、あなたも、、(笑)。
 


 

Dscx157a 従って、このプレーヤを使うのも久しぶりです。たまに電源を入れて、湿気で回路が駄目になるのは防止していますが、演奏に使うのは久しぶりです。

 プレーヤも、ダイレクトドライブになってからはゴムベルトの保守が不要なので、楽になりました。
 問題なく音が出ました。しかし、レコード針の部分もいずれ交換しないといけないですが、その頃部品がありますかねえ。


 

 懐かしい歌を聴いた夜でした。暫く、LPを聞く日が続きそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

暑中見舞いを出した

2008-07-23(水)晴れ

 今日も暑いです。今夜もギター合奏の練習に行ってきました。この時期は練習場に行くのも暑くて、なかなか大変です。練習場はもちろん涼しいのですが。

 今は土用、明日は土用の丑の日ですか。来月にはいると直ぐに立秋が来ますね。先ほど広辞苑で調べたら、土用とは立秋の前18日間をいうとか。土用を過ぎると残暑お見舞いになってしまうので、慌てて暑中お見舞いを書きました。と言っても、最近は葉書で出すわけではありません。また、数も非常に少なくなってしまいました。あまり、暑中見舞いとか残暑見舞いの習慣も無くなってきたような気がします。年賀状の習慣は残っていますけどねえ。
 何はともあれ、暑さに負けず頑張りましょう。

     ”暑中お見舞い申し上げます。”

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

Symbian OS コミュニケーションプログラミング

 私のところに、こんな本が来ました。

Dsc02236a 題名の通りの本です(笑)。Symbian Summit 2008で配布されたものです。いや、私が行ったのではなくて、MMClubのメンバの方が参加していただいてきたものです。
 知っている範囲の方で、一番有効活用して下さると思う方にお譲りしようということで預かりました。

 本日、無事にその方の元へ旅立ってゆきましたことを報告します。>B助さん


 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PyWeather のテスト

2008-07-22(火)晴れ
 松本オフ会から帰ってから2日ほど、朝一番にスケジュールしてあるPyWeatherでエラーが出て更新されていませんでした。12時と18時のは問題なく更新されていました。

 朝一番のだけが駄目、、ということで、ネットワークの通信ができていなかったのではないかと推測しました。なぜなら、夜中に受けたはずのMMSの通知が、朝になってまとめて入ってきたからです。

 と言うことで、電波状態は良いのに(PyWeatherが)通信できない状態、、と言うのを作り出してテストしてみました。
 最初の現象からテスト結果までを、こちらに自分メモとして書きました。こういう現象も出ることがあるという、記録です。

 PyWeather のテスト (X02NKでのテスト)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

ブラウザ UCWEB

 かなり以前のことになってしまうのですが、Free Time Syncというアプリを使ってみたときがありました。
 (今でもインストールはしてあるのですが、最近はHiisiさんのPyTaskServerとPyNTPの組み合わせで運用しています。)

 最初にFree Time Syncを起動すると、UCWEBをダウンロードしますか?と聞いてきます。なんだか分からなかったのでNOとしたのですが、後で調べてみると、中国発のWEBブラウザで、結構有名なブラウザらしいことが分かりました。

 ダウンロードのサイトはここです。(英語版、中国語版があります。)

 で、使ってみました。感じとしては、Opera Mini に似た感じです。サーバを通してデータ量を下げているのでしょうか、以外とパケット量は少なくて済みます。ただ、表示されるまでに時間がかかります。サーバのせいか、アプリの処理時間のせいかは不明ですが、、。

Sscx0069 これがアプリのアイコンです。


 

Sscx0068 Ucwebの最初の画面です。何となく、Opera Mini に似ているところはありますが、画面としてはすっきりとして、悪くありません。


 

Sscx0067 自分の以前のWEBを見たところです。


 

 これを使い続けるかと言われると難しいですね。FTPもできる Opera Mini Mods を使うことになるでしょうか、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏に向かっている季節、、2

2008-07-21(月)曇り
 昨日まで晴れたりしていたのに、海の日の今日は若干曇り気味と、なかなかうまくいかないものです。とはいえ、暑いのは変わらないから、きっと海岸は混んでいるんでしょうね。湘南の海岸なんて芋を洗うようでしょう。俺たち(私たち)は芋か?、、と言う声が聞こえそうですが(笑)。

 いつも行くスーパーから先の方へ歩いてみると、やはり元は農村というか、まだ近郷で農業の街というか、そういう雰囲気が漂います。
 

Dscx151a

 この辺には、かなり大きな水田が広がっています。近くには大きな道路があるのですが、水田の近くまで来ると、とても静かです。もう少し大きくなると、稲の風にそよぐ音が耳に心地よくなります。

 

Dscx153a

 昨日も載せた落花生の写真ですが、近くに寄ってみると花が咲いています。初めてみました。シミジミと眺めていたら、畑に仕事に来たおばさんが、珍しいですか?と聞いてきました。「知らない人は、花のところに落花生ができるんですか?と聞くんですよ」と言っていました。*1

*1:蛇足:落花生ができるのは根のところです(地中ですね)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

夏に向かっている季節、、

 近くを歩いてみると、夏に向かう季節ですね。横の畑の里芋も葉っぱが大きくなっています。最近は、この葉っぱの露で墨をすって習字の練習、、なんてしないんでしょうね。*1

 *1:里芋の葉っぱに溜まった露を朝一番に硯に入れてきて、それで練習すると字が上手になる、、という言い伝え(どこのじゃ~)です。夏休みの宿題(習字の練習)でした。

 Dscx148a

 いつも写真を撮っている水田も、水面下に隠れそうだった苗がすっかり大きくなっています。

 
Dscx149a

 こちらは落花生の畑です。秋の取り入れの時期の茹で落花生は、なかなかおいしいですよ。今の時期の枝豆みたいなものでしょうか。昔は飲み屋でも出したりしてしていました。最近はどうか、、、最近飲み屋に行かないので分からないですが、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏祭り、、

2008-07-20(日)晴れ
 毎日暑くなってきました。もう、夏の季節でしょうか。子供達は元気ですね、家の周りでは子供達の声が響いているときがあります。夏は子供達の季節です。

 昨日と今日は祭りが行われているようです。昨日、オフ会の帰りのときのバスも経路を変更して、迂回運行をしていました。何の祭りかなと思っていたら、市内の神社の関係のようです。曾屋神社大祭ののぼりが立っていました。この神社は、私が毎年の正月にお祓いに行く神社です。以前も書いた太鼓連も、市内を回っています。

   以前の太鼓連の記事 

 午前中には子供会の獅子舞が、家を廻っていました。

Dscx150a 獅子舞は、こういうお札を配って、玄関で獅子が口をカタカタ鳴らして行きます。悪霊退散、家内安全の祈願でしょう。
 以前は気がつきませんでしたが、暫く前からはお祝いのお金を包んで渡します。結構子供達も、それが楽しみなのでしょう。

 私たちの子供の頃は2月始めの寒中休みに、道祖神のお祭りで同じようなお札を作って配り、お祝い金を貰って歩いた記憶があります。お金は全部をまとめた後で、子供達全員の文房具を買って配った記憶があります。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

MMClub オフ会の後

2008-07-19(土)晴れ(松本、秦野)
 今朝は若干寝不足ですが、天気が良く気分も明るい朝です。せっかく来たのと、帰りのバスまでは時間があるので、参加メンバの一人Yukiさんと市内を少し歩き回ってみました。それにしても、朝から暑いです。

Dscx139a

 駅前からお城方面へ歩くときの道路、公園通りです。
  (X02NK)

 
Dscx140a

 松本城です。周りの緑と空の青が綺麗です。(X02NK)

 
Dscx144a

 駅と公園のあいだ、女鳥羽川のほとりにある、なわて通り商店街です。何か古いものなども売っている、不思議な雰囲気の商店街です。(X02NK)

 
Dscx145a

 なわて通りの入口にはガマとかカエルの飾り物が多いです。これはカエルの置物、でかいカエルです。(X02NK)

 
Dscx146a

 なわて通りの近くにある、時計博物館(らしい)です。大きな振り子は、ちゃんと動いています。写真を撮っていたら、通りかかった小父さんが、もう少し下がった欄干近くが良い写真スポットだと言っていきました。(X02NK)

 
Dsc02237a

 オフ会で松本へ行ったときの、もう一つの楽しみはこれです。野沢菜の漬け物です。もちろん、この時期は本来の野沢菜漬けはありません。(あっても味が変わってしまうし、、。)これは野沢菜漬けを、さらに醤油の溜まりにつけ込んだものです。毎回買ってきて食べています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MMClub オフ会 2

 前回のアップは、オフ会の席で人気のあった携帯電話を並べたものだけアップしました。皆さん、次期購入機器の腹づもりは決まりつつあるようです。
 しかし、席からのアップは、PCが無いと長文や沢山の写真は難しいですね。(と言うことで、この記事は帰宅後のアップです。)

 今回は、総勢12人の参加で、賑やかに行われました。今回の話題の中心は、やはりNokia E71、iPhone 3G、Samsung OMNIA、Nokia 8800 Arte でしょうか。

 今回私が持って行った、Wii リモコンとX02NKの組み合わせでのゲーム操作は、以外と好評でした。山根さんも、早速Wii リモコンを買って帰ると意気込んでいました。(向こうでは高いらしいです。)山根さんの目的は、プレゼンを行うときの操作用ですね。いやあ、意外でした、、、。

Dsc02228a

 お馴染み、最後の集合写真です。今回はE71を見るのが目的だったせいか、意外と数が少ないでしょうか。(DSC-FX77)
 

Dsc02232a

 最後の集合写真撮影風景です。これ、他の客から見たら変な風景でしょうね。もっとも、深夜1時ですから、周りには客はいません。遠くの方のコーナーに固まっています。我々の雰囲気が異様だから、避けたのだという意見もありました、、、毎回そうです(笑)。
(DSC-FX77)

 

Dsc02234a

 出席者の方から全員が戴いた、タイのSIMカードです。正式には期限が切れているとのことですが、コレクションですから構いません。なかなかの美人が写っていますね(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

MMClub オフ会

2008-07-18(金)晴れ(秦野、松本) 

MMClub オフ会

 今日は松本でMMClub オフ会が行われています。最新の携帯電話が現れます。席上からX02NKでアップロードしていますので、あまり、沢山はアップロードできません。
(X02NK)

左からiPhone、OMNIA、E71、Nokia8800 Arteです。(この部分、後日追記)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

Py???シリーズ PyTalkTime

 HiisiさんのPyTaskServerが発表されてから、いずれはやりたいと思っていた「時報と時刻読み上げ」(*1)ですが、ようやくスクリプトができて、運用テストに入りました。(*2)

 *1: S60 2ndのときはTimeToolを使っていましたが、先頃までS60 3rd版はありませんでした。S60 3rd V1.00 が出てきましたが、PyTaskServerがあれば、自分で何とかできそうということで、Pythonスクリプトを考えてきました。

 *2: スクリプト中に、HiisiさんのPyTaskServerで使われている get_time() を使わせていただきました。スクリプト中にも、その旨を記述しました。

 

 スクリプトは2種類作ってみました。なお、音声ファイルはJJYの時報ファイルとか、色々探してみると面白いと思います。(テスト用には、以前購入したTimeTool、フリーのBMDTalking Clockアプリのファイル、などを使用させていただきました。)
 

(1)PyTalkTime.py

 これは、TalkTime.iniファイルに、読み上げたい時刻ごとに読み上げたい音声ファイルを列記しておき、それを再生するものです。再生したい時刻は、PyTaskServerに登録しておき、このスクリプトを起動します。
 この方式の良いところは、時刻ごとに読み上げたいファイルを自由に設定できること、時刻を自由に(1分単位に)設定できることです。

  TalkTime.ini の例(一番左が時刻、右は音声ファイルの列記です。)

   Talktime01

 

(2)PyTalkTimeS.py

 これは、iniファイルを作るのが面倒な場合に使うものです。時刻は毎時0分のほか、5分単位に設定できます。再生したい時刻は、PyTaskServerに登録しておき、このスクリプトを起動します。
 音声ファイルは下記に決めうちです。変えたい場合はスクリプトの中を変更します。

 時間:12.wav/1.wav/2.wav/.....10.wav/11.wav
 分 :5.wav/10.wav/15.wav/20.wave....50.wav/55.wav
 その他:its.wav/oc.wav/am.wav/pm.wav
 時報 :00.mp3

 例: 5時0分 -> 00.mp3  its.wav   5.wav   oc.wav   am.wav      (oc :o'clockです)
    5時10分 ->00.mp3  its.wav  5.wav  10.wav  am.wav

 何とか動くようになって、ほっとしています。

 「talktime001.zip」をダウンロード *3
   (PyTalkTime.py、TalkTime.ini、PyTalkTimeS.py)  *3:get_time 注変更

 ファイルや記事は下記にまとめました。(2008-08-21)

「Python スクリプト 雑記」の
「1.PyTaskserverと使うシリーズ」


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川の風景比較と道路

2008-07-17(木)晴れ

 夕方、川(水無川)の近くを通ったとき、ブログ用の写真を撮ろうかと思ったときにふと思いついて比較の写真を撮ってみました。橋の上から、上流と下流の比較です。

 

Dscx127a

  こちら(上の写真)が下流、運動公園と市役所のある側です。なかなか、整った見栄えです。(X02NK)

 

Dscx126a

 次が上流側、家のある側です。鳥も魚も住めそうな風景ですね。鳥も魚も住める街、、と銘打っていますが、だとしたら、下の方がふさわしいような気がします。私自身は、こちらの方が好きです。真夏に見ると、よく分かります。上の写真の方は、凄く暑苦しいのですが、下の方は、もっと涼しげになります。

 橋を隔てて、がらっと違いますね、、、(他意はありません、、(笑))。

 
Dscx128a

 いつも出てくる、家の方へ登るところの崖の道路です。舗装も終わっています。工事が終われば(車止めが設けられて車通行止めでも)、人は通れると思います。待ち遠しいです。(X02NK)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

iPhone 3G

 今夜も、ギター練習に行ってきました。そこでは、、、ご多分に漏れずメンバーの一人が、iPhoneを買って持ってきておりました。皆で、触った後、おもむろに持ち主と私で、以前書いた「すごなあ、○○○SIM...」の、あれを使ってSIMを入れてみました。

 第一回の記事はこれでした。

 う~ん、ネットワーク検索ができない。やはり使えないのかなあ。まあ、使えても通話とSMSしか駄目なので、仕方がないか、、という結論になりました。

 結論はいいのですが、、、、抜けなくなってしまいました(泣)。練習の場所では抜けず、帰宅後に苦労して抜きました。SIMスペースはかなり薄いので、無理な事はしないほうがよさそうです。それにしても、本体が無事で良かったあ~。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Py???シリーズ PyTodo2Event

2008-07-16(水)晴れ

 一昨日の「Py???シリーズ その5」のときに、PyTodo2Eventがどういうものか、まだ分かりませんと書きましたら、作者の方(Hiisiさん)からコメントを戴きました。

 これは、未完了Todoが複数ある場合、「未完了Todo何件」と表示されるだけで内容が表示されないことから、未完了Todoをイベントに変換して、アクティブスタンバイ画面で表示されるようにするスクリプトだそうです。
 毎日、0時過ぎに実行すると、表示されるようになって嬉しい人がいるのではないかとのことでした。

 早速試してみました。

Sscx0158 これは、3件のテスト用Todoを入力してから実行した結果です。このように、イベントとして内容が表示されるようになりました。


 

下の左は実行前、もともとのイベントが一件、表示されています。右が実行結果で、Todoがイベントに変換されて表示されています。ただ、表示行が少ないので、色々な項目があるときは、なかなか難しいかもしれませんね。暫く、試してみようと思います。

Sscx0159   Sscx0160

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

TimeTool S60 3rd 1.00

2008-07-15(火)曇り、晴れ
 702NK(S60 2nd OS)の時に随分お世話になったアプリ TimeToolが、ようやくS60 3rd対応になって出たようです。

 TimeToolのサイト TimeTool for S60 3rd

 以前の記事  TimeTool その後

 このアプリはクロック、タイマー、ストップウオッチなどのアプリですが、一番重宝していたのはトーキングクロックです。即ち時報や時刻読み上げをしてくれるのです。
 その、時報や時刻読み上げの時刻は、10分おきとか15分おき、30分おき、或いは毎時のみとか指定できますし、音のファイルは自由に組み合わせて指定できます。音のファイルを列記しておくと、それを発音してくれるわけです。かなり自由度が高く、重宝していましたが、S60 3rd対応にならなかったため、そのままになっていました。

Timetools603rd スクリーンショットはこんな感じです。インストールしていないので、画像は上記サイトのものをお借りしています。

 なかなか便利だし、トーキングクロックは良い音で発声してくれます。(添付されている音声ファイルが良いと言うことかもしれませんが。)
 使ってみるのも面白いと思います。


 

 ということで、今回S60 3rd対応版を見つけたので買おうかどうしようか大分迷いました。が、やめました。
 その理由は、、、必要なのはトーキングクロックの機能だけなので、昨日の「Py???シリーズ その5」で書いたように、PyTaskServerを活用して、スクリプトを使って(自分で書いて)なんとかしてみようと思ったからです。それ用のスクリプトは、かなり形になってきました。もうじき、何とかなりそうです。

 先日のHiisiさんの記事(これ)で言えば、「すぐに書き始める、、」という悪いパターンかもしれませんが、iniファイルのフォーマットと音ファイルの再生ロジックだけは考えてから書き始めました。ま、それで良しとしましょう、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

このブログの検索について

 以前から気になっていたのですが、このページの中にある検索ウインドで、以前の記事を検索しても全く出てきません。ココログの検索、Niftyページの検索とか、WEBのときには代わりに使っていたGoogle検索とかを使っても出てきません。

 以前の記事を参照して書く場合など、見つからないと面倒です。とりあえずは、カテゴリをクリックしたり、月をクリックして、ずらっと出た後にページ内検索で代用していました。でも、不便なことには変わりありません。
 いっそのこと、WEBに戻ろうかな、、なんて思っていました。

 さて、何故かなあ、、と思ってヘルプを見ていたら、更新通知をオフにしていると、検索しないようになっているらしいことが分かりました。検索拒否フラグというか、検索を拒否するようです。とりあえず更新通知をオンにしてブログに反映、、を実行し、ついでにGoogleへのping通知もオンにしました。

 まだ、検索できないようですが、検索にかかるようになるには時間も必要みたいです。いずれは検索できるようになりそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Py???シリーズ その5

2008-07-14(月)曇り
 Hiisiさんの、PyTaskServerを中心にしたアプリ群Py???シリーズについては、以前書きましたが、その後大きくバージョンアップされています。
  Py???シリーズ その1 の記事はこちらでした

Hiisiさんのサイトはこちらです。 「Hiisi Proxy 開発後記
 

前回もあったもののバージョンアップ
 PyTaskServer  011RC3
 PyReboot  004
 PyWeather  011
 PyStation  002

新たに加わったもの
 PyShutDown  001
 PyDownLoad  002  (これは若干TaskServerシリーズとは違うかも、、)

PyTaskServerに同梱されているスクリプト例
 PyProfileNormal  001
 PyProfileSilent   001
 PyTodo2Event  001  (これはどういうものか、まだ知りません)

 注意:PyTaskServerは 001RC2から、PyTaskServer.ini の格納場所が変わっています。001RC3では自動的に引き継いで移してくれますが、知っていないと慌てます。

 私が一番待ち望んでいたものは、PyTaskServerのバージョンアップでした。

  ・時刻スケジュール(アプリ起動)の見直し  最初のものは時刻になったら即実行される。どれを一番にするか、優先順位が決められる。

  ・設定用コンフィグファイルを作るGUIが導入された。

  ・時刻指定にHH:MMフォーマットが導入された。(今までは3.5(3時30分)の形式

  ・曜日指定ができるようになった。

 これで、PyTaskServerを使って、今まで以上に色々なことができるようになりました。新しい運用関係図は以下のようになります。
 (時刻の前に小さく*をつけているところは、まだ実際にやってみていません。)

Pytasksvr02

 
 以前より改善したのは、時報です。毎時00分、毎時30分に時報を鳴らすのですが、時刻になると即、鳴るようになりました。実は、これがやりたかったんですよね。
 従って、TimeBarの起動は外しました。TimeBarもなかなか良いのですが、毎時00分しか慣らせないのと、音のファイルが一度にはひとつしか慣らせないことです。次は、音のファイルを組み合わせて、時刻読み上げを実現したいと思っています。

 時刻読み上げにはTimeToolというアプリがあるのですが、有料アプリを買うのではなく、PyTaskServerを使って自分で実現してみたいと思っています。その為にはPythonでスクリプトを書く必要があるのですが、、、これも、また楽しみです。
 なお、時刻読み上げに使えるような音声ファイルとしては、JJYの時刻読み上げファイルが使えそうです。

 図に入れたスクリプトも使うと、プロファイル(モード)の切替もできそうですね。こうやってゆくと、常駐アプリは少なくすることができそうです。

 皆さんも、色々試してみませんか、、、。

 
ファイルや記事は下記にまとめました。(2008-08-21)

「Python スクリプト 雑記」の
「1.PyTaskserverと使うシリーズ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

こんなものを買ってみました。

 散歩のついでにダイソーに入ったら、こんなものが目についたので買ってみました。

Dscx125a

 直径75ミリのルーペとポーチです。ルーペは、携帯電話の画面を見るときに使います。画面に使えるくらいの大きさのものを探していましたが、普通のものを買うと1000円~2000円もかかるので、100円のこの品を早速買い込みました。

 ポーチは携帯電話の電源関係(アダプタとかケーブル、充電台など)を入れます。早速、週末のMMClubオフ会には、これに入れて参加する事にしましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Handy Safe desktop Professional 日本語化 続き

2008-07-13(日)晴れ

 Handy Safe desktop Professional の日本語版(beta)も2回目ができたようです。先日、送ってきました。もちろん、まだ入れ込んでいない機能もありますが、カードデータのチェックやメニューの言葉のチェック用には使えます。

 前回の記事「Handy Safe desktop Professional

前回の汗、汗、汗、、の部分も直っていました。

Hsafedesk01 潜水免許、社会保障番号、アメリカンエクスプレス(*1)、は修正を送ったら、直ってました。左図あたりが無難でしょう(笑)。

 (*1):正しくはアメリカンエキスプレスだそうです。


 

 で、また新しいファイルが来ました。ヘルプファイルができたのでよろしく、、との事です。ま、ヘルプファイルぐらいは大したことないだろう、、と思ったら、、、え~、これってマニュアルじゃん。同梱するマニュアルのファイルでした。

 ついでに書いたあった内容は、、、「量があって大変だけど、、これから、こっちは2週間のバカンスだから、14日間もあるよ~ん」ですって(笑)。そういえば、Handy calendar 2 betaのフォーラムでも、全然反応が無くなったのはバカンスのせいですか、いいなあ、、、。
 と言うことで、少しずつやってみました。何とか、最後までいきましたが、出来はどうかな、ま、いいか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

X02NK Wii化計画

2008-07-12(土)晴れ、のち雨、曇り

 マクドナルドでコーラを飲むのですが、その直ぐ隣はトイザらスになっています。フラフラと入って歩いている内に、こんなものを買ってしまいました。

Dscx121a

 Wii用のリモコンですね。リモコンとシリコンのカバーです。ジャケットとか言ってカバーがついているのですが、これは全面カバーになっています。
 Wiiも持っていないのにどうするのか、そうです、X02NKのWii化計画です(笑)。要は、ゲームパッドとして使うと言うわけですね。
 ちなみに、Wiiリモコンとは言わないんですね、外国のWEBを見たら、ウィモート(Wii Mote)って書いてありました。

(1)Wii Connect
   Projects: WiiConnect / WiiRider
   http://symbianresources.com/projects/wiirider.php

 これは、ウィモートをひねる、傾ける、、という動きも含めてゲームをコントロールしようというドライバです。ただし、Wii Connectに対応したゲームでないと駄目だそうです。まあ、そういう動きは特殊ですから、仕方がないかもしれません。
 ドライバのアーカイブファイルには、対応ゲーム(Wii Driver というオートバイレース)も同梱されていました。

Sscx0151   Sscx0152

 左がWii Connect画面で、ブルートゥースで検索中の画面です。右がWii Riderの画面です。ウィモートを、バイクハンドルの右グリップのように握り、手前にひねるとアクセルオン、向こうへひねるとアクセルオフ、左右に傾けるとバイクが左右に動きます。ひねりはスムースですが、左右の傾きによるハンドルさばきは、あまりスムースではありません。若干、振り回し気味するといいようですが、、、。

(2)mobiPad
   The mobiPad project
   http://www.mobi-pad.com/download.html

 これは、純粋にキーパッドの代わりに使うためのドライバです。

Sscx0154 上下左右キー、エンターキー、右/左ソフトキーぐらいですが、ゲーム用にはこの位で良いのかもしれません。制御(動き)は比較的スムーズです。


 

 同じものには、2年前くらいの製品でGamePadというのがありました。
     http://www.omiz.net/new/products.asp?cat=8

Dscx122a

 ユニークな製品ですが、今では入手できません。代わりとしてウィモートが使えるので、 ゲームの好きな方はウィモートも如何ですか(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

Nokia Email service その後

2008-07-11(金)晴れ

 iPhone 3G の発売日ですね。あちこちで話題になっているようです。MMClubのメンバーの方も朝からショップ前で書き込んでいる方もいましたから、今日は休んで行ったのかなあ、、(笑)。

 さて、題名のNokia Email serviceをX02NKで使った第一印象は、以前書きましたが(Nokia Email serviceの記事)、その後もNokia E60とNokia 5700で使ってみました。やはり、色々試してみるのが良いかなと思ったわけです。

 携帯電話の変更は、Nokia Email service のWEBにログインして、右上のChange Phone(だったかな)をクリックすると手続きが行えます。
 なお、アプリは1.8MBありますので、無線LANのない機種ではアプリのダウンロードは要注意です。パケット代に注意して下さい。私は、SMSの文面をPCにコピーペーストして、PCでダウンロードしました。

 まず、自分の結論としては、、今後も使うかと言われると使わないですね。なかなか良い、使いやすいサービスではあるのですが、、、。
 プロバイダのメールは、SBMの携帯メールに転送し、SMSでの着信通知を受け取る、、という使い方を続けることになります。

(1)電池の持ちが悪くなる。X02NKでは2日とも、1日いや半日に近いところでローバッテリーになりました。X02NKは元々、電池の持ちは良くないのですが、通常はココまで悪くはありません。Nokia 5700では1日、E60では1日+αでしょうか。

(2)パケット代がかかる。同じように読んでしまえば、どういうやり方でも同じパケット代はかかります。しかし、携帯電話メールへ転送してのSMSの着信通知であれば、不要なメールは読まないのですが、Nokia Email は、ある程度転送するようです。このため、パケット代は高くなるようです。

(3)操作が重くなる。SISファイルで1.8MBほどの大きなアプリです。ユーザインタフェースも凝った動きをします。そのせいか携帯電話によっては動作が重くなります。Nokia Email Serviceのサイトでも、対象携帯電話は新しいものに限られているのは、そういう意味もあるのかも、、と思いました。

 ということで、外国(へ長期で行って、そこ)で、パケット代が安いSIMで使う場合には良いサービスだと思います。日本では代替案があるかな、と言う感じです。

 

Nokia 5700での画面の様子です。Nokia 5700はアプリがサクサクと動くと言われるように、操作はまずまず軽快です。

Sscp0105   Sscp0106_2

 
 Nokia E60です。E60では、動作がかなり重く感じます。

Sscr0366   Sscr0367

Sscr0368 E60では通常のメールの他にNokia Emailのメールが、アクティブスタンバイ画面に表示されます。これは、新着メールが分かりやすいです。こういう所は使いやすそうなのですが、、ちょっと残念です。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

凄いなあ~○○○SIM。その3

2008-07-10(木)曇り

 X02NKで使ってみて第2回(ココ)まで書いた後、放ってあった○○○SIMですが、その他の機種には入るのかどうか、試してみました。重ねて入れるので、SIM部分の構造によっては入らない機種もあります。

Dscx111a   Dscx117a

 左は705NKです。金属カバーで抑えている構造の場合は、金属カバーが若干たわむので、何とか入ります。
 右は702NKです。このようにスロットに差し込んだあと倒していれる構造だと、隙間に余裕がないので入りませんでした。まあ、702NKには6630日本語版というスタンダード版もあるので、この○○○SIMは不要かもしれませんが、、、。

Dscx112a 705NKの電源を入れてみました。普段は見られないキャリヤ表示の画面になりました。
 それにしても、X02NKを使い始めてからは久々に705NKや702NKを使ってみましたが、なかなか使いやすくて良い端末だなあと、改めて感じました。スライド機構のないのも構造的に安心できます。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路と川

2008-07-10(木)曇り

 帰宅途中に見た景色です。記録代わりに、いつも撮っています。水無川と、駅と家の途中の道路工事です。

Dscx114a

 水無川です。運動公園から市役所側は芝生のような感じになっていますが、運動公園から山側は、そろそろ草や灌木が茂っています。正直に言うと、こちらの景色の方が好きです。夏でも涼しそうですし、鳥や魚が住めそうな雰囲気ですよね。(X02NK)

 

Dscx115a

 電車の最寄り駅から家の方向には一直線の道路が造られつつあります。その中間にある崖の部分です。この先の家の向こう側が家なのですが、今はまだ、1.8キロほど歩かないとたどり着きません(迂回するので)。かなり前から、もうちょっと、、と言う感じでしたが、ようやく近いうちにできあがりそうな雰囲気です。でも、何か2年くらい工事をしているような、、、。もっとも、駅から家の方向に道路ができるという話がでてから、30年ちょっと経つはずです。(X02NK)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

ギターの練習

2008-07-09(水)曇り

 今日も、夜はギターの合奏練習です。週一回の練習ですが、なかなか全員そろうのは難しいですね。新人が増えず、メンバーは高齢化と数のじり貧が悩みです(笑)。それでも、昨年は1名入ったので、有力メンバーに育つのを期待しています。

Dscx113a 最初は、最古参のメンバーが、若手(?)の独奏の指導をしています。我々は、後ろで合奏の個人練習です。この後、みんなで合奏の練習をします。
 とりあえずは演奏できるものの、曲想がなかなかつかないのが悩みです。思い切ってフォルテ、思い切ってピアノ、、というダイナミックレンジの幅が、なかなか広がらないんですよね。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

掛け時計の分解掃除

2008-07-08(火)曇り

 先月に分解掃除に出していた掛け時計を、夕方に受け取ってきました。2週間ほど預けていたでしょうか。30日巻きのゼンマイ式振り子時計です。

Dscx110a

それほど大したものではありません。昔で言えば、ごく一般に売られていた家庭用の時計です。時計屋さん曰く、「掃除しますか?当分使えますが、費用はかかりますよ」と言うことでした。単に掛け時計として、時間が分かればよいのであれば、買った方が安いのは確かです。

 しかし、田舎の家で、今は亡き両親が使っていたものなので、当分は掃除して使おうかと思っています。この時計の先代は、大正のころ(明治ではないと思うけど、実際は不明)の古いものでした。親父が生まれたときからあったはずと言ってましたから、それが本当なら明治だなあ。
 その後、多分昭和40年代終わりか50年代初頭に、この時計に変わりました。ということで、親父は先代の時計、私はこの時計との長いつきあい、、と言うことのようです。

 掃除に出す前は、たまにギクシャクしていましたが、今は軽やかに動いています、、、。カチコチと大きな音がしています。30分ごとに大きな音でボーンとなるのも、昔風の音で何ともいいですね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

Nokia Email service

2008-07-07(月)雨、曇り

 せっかくの七夕の日なのに、昨日までとは打って変わって雨と曇りの日です。ままならないものです。

 さて、プロバイダメールのプッシュメール化を実現してくれるという、Nokia Email serviceを試してみました。現在、ベータとしてサービスされており無料です。
 発端は下記です。MMClubのメンバーが試行してみた記事です。

B助的 人生楽ありゃ苦もあるさ
http://blogs.yahoo.co.jp/bsuke1978/archive/2008/07/03
http://blogs.yahoo.co.jp/bsuke1978/archive/2008/7/4

E70 Fan *Life
http://e70fan.seesaa.net/article/102104449.html

 お二方はGMailを対象に行ったのですが、文字化けしておられるようです。私はNiftyのメールを対象にしてみました。

結論から言うと、文字化けなどの問題もなく使用できました。詳細な手順の流れやスクリーンショットなどは上記を参考にしていただくとして、Gmailではないプロバイダメールの結果を書いてみます。

 まず、私の理解している関係を図にしてみました。
  Nokia Email:登録後インストールされたアプリ
  Eメールクライアント:携帯電話に元からインストールされているメールアプリ

 Nokia Email serverがプロバイダサーバから読んで、インストールしたNokai Email アプリへ新着メールをプッシュしてくれると言うことだと思います。(図はクリックすると大きくなります。)

Nokiaemail

 Nokia Email serviceのページからSign Inして、必要事項を記入すると登録ができて、登録した携帯電話にSMSが来ます。そのSMSからリンクをたどって、アプリをインストールします。

 このSign Inのときの注意です。Sign Inには、対象とするEメールのEメールアドレスとパスワードが必要です。このEメールアドレスは、サーバにログインできるアドレスです。即ち、別名アドレスサービスなどで使っているアドレスでは有りません。
 あと、niftyの場合は会員によって(*1)注意が必要かもしれません。私の場合は
nifID@nifty.com では駄目でした。nifID@nifty.ne.jpでは問題なくできました。

*1:niftyには色々な会員種別が有ります。niftyserve会員とかinfoseek会員とかnifty.comになってからの会員とかで違うのかもしれません。

さて、無事にSMSが届きリンクをたどるとアプリがインストールされます。

Sscx0147 @のアイコンの2つがインストールされたアプリです。

 Email:インストールされたNokiaEmail アプリ

 E-Mail setup :インストールされた、設定用アプリ


 

 インストール時に、このsetupのアプリが走り、うまくいけばEメールクライアントの中にフォルダができます。私の場合は失敗してしまいましたが、後でこのアプリをクリックして設定しました。もっとも、これでEメールクライアントの中にできるフォルダは、普通作るように自分で全部入力して作っても問題有りません。(私はできたものの中の設定を変えて、昔作ったものと同じにしています。)

Sscx0139 nifty-nokiaというのが今回できたものですが、以前自分で作成したmasa-niftyと同じ内容に修正しました。


 

 なお、Wizardで設定されたまままでは、全文受信、全メール受信になっています。設定を変えた方が良いと思います。私はヘッダ+5KB、メール30件にしています。

 Sscx0140   Sscx0141

 インストールし、設定が終わると自動的に動作が始まります。数分~10分位で、新着メールが通知されます(即時ではないです)。

 インストールされたNokia Emailで、題名も内容も問題なく読めます。この画面から直接、返信、転送、送信ができます。

 Sscx0145   Sscx0146

 
 Eメールクライアントにできたフォルダでも、受信、送信ができます。メール削除の関係は以下の通りです。

  Nokia Email    :このアプリの中とNokia Serverから削除できる。
             (プロバイダのサーバは無関係)
  Eメールクライアント:このアプリの中とプロバイダのサーバから削除できる。

 ということで、問題なく使えるようになりましたが、疑問点や感想などを、、、。

(1) プロバイダメールから携帯電話のEメールアドレスに転送してプッシュメールとして使っている方は不要かもしれません。そういう携帯電話メールがない外国では有用だと思います。
  携帯電話のEメールアドレスに転送 :比較的、即届く。
  Nokai Email service          :数分から10分で届く。

(2) 携帯電話の通信履歴のコネクションやパケットデータ量に見えてこない。どういう制御、通信をしているんでしょう。ちょっと、パケット代が不安です。毎日、My SoftBankで見てみます。

(3) パケットは常時接続です。常時接続でも、いつもパケットが流れているわけではありませんが。バッテリーへの負荷はどうなんだろう、、、。

(4) ローバッテリー表示が出ると、常時オンラインは解除され、プッシュは止まるようです。ローバッテリー表示が出たら気をつけた方がよいです。(設定が有るようですが。)

 以上、試してみた内容をまとめてみました。間違いがあったらごめんなさい、指摘をお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

Py???シリーズ その4

2008-07-06(日)晴れ

 この題名も大分引っ張っているなあ、、書くことがないんだろうって?、そんなことはないですが、、、。
 PyDinDong(とPyWakeUp)については、今回で終わりになります。

 さて、昨日のPyWakeUpは、とりあえずWakeUp.iniファイルを読み込んで、シャッフル再生ができるようになりました。しかし、エラー処理が入っていませんでした。ファイルが読めなかったから目覚ましが鳴らなくて寝過ごした、、、なんてのは洒落になりません。

 そこで、WEBにあるPythonマニュアルを参考にさせて貰ってエラー処理を入れました。ファイルからデータが取得できなかったら、強制的に固定のファイルをセットします。
 但し、ファイルの中身がおかしかったとか、パスの先に音楽ファイルを入れ忘れたというのは対象外です。
 次のステップとして、そこまで入れてみようとは思っていますが、実際的には何度かPythonから起動してみれば良いわけで、現状でも問題はないと思っています。

 
PyWakeUp.pyの新版です。

#-*- coding:utf-8 -*-
# PyWakeUp.py

import e32
import audio
import random

try :
	f = open('E:\\python\\WakeUp.ini','r')
	fData = f.read()
	f.close

except :
	fData = u'E:\\Sounds\\Simple\\Bach.aac'
#	fData = u'E:\\Music\\WakeUp.mp3'

musics = fData.split("\n")

MUSIC = musics[random.randint(0, (len(musics) - 1))]

S = audio.Sound.open(MUSIC)
S.set_volume(4)
S.play()
e32.ao_sleep(40)

 何とか、ここまで来ました。勉強におつき合い戴き有り難うございました。m(..)mペコ

 
ファイルや記事は下記にまとめました。(2008-08-21)

「Python スクリプト 雑記」の
「1.PyTaskserverと使うシリーズ」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありゃ、ひっついちゃった、、、

2008-07-06(日)晴れ

 今日は天気が良く暑いとはいうものの、窓を開け払っていると気持ちの良い風が通ります。せっかくなので、PCを使っている机の上も拭いてやろうかと、掃除を始めました。

 マウスを使うところには、会社で使わなくなったマウスパッドを敷いています。注注注:自分のお金で買って使っていたものですよ、備品を持ち帰ったわけではありません、為念(笑)。
 このマウスパッドは、新(化学)素材を使って、机の上で滑りにくくマウスを使いやすい、、といううたい文句のものでした。確かに机の上にぴたっと張り付いて、マウスが使いやすいです。半年くらい、敷いたまま動かしていませんでした。

 どかして雑巾がけをしようとしたら、、、、

Dscx105a ひっついていて離れません(涙)。無理矢理はがしているところです。はがした後にはマウスパッドの素材の名残なのか、机の塗料が化学変化でおかしくなったのか、ベタベタとします。


 

Dscx106a はがした後、クレジットカード様のプラスティックカードで、ベタベタしたものをはがしました。3時間ぐらいかかりました。
机の塗料がはがれて、見事な跡が残っています(涙、涙)。安い机を買ったのが良くないのかなあ、もっとも、こうなってみると安いやつで良かったなあ、、と安心もしています。

 まだ、ベタベタするので、イソプロピルアルコールで何度もごしごしと拭いてやりました。もう少し、なんか手入れしないと駄目みたいです。

 
 皆さんも化学素材のものを使うときは、確かめながら使った方が良いです。何ヶ月も敷きっぱなしだったのは迂闊でした。確か説明書にも、注意しろと書いてあったような気はしますが、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

Py???シリーズ その3

2008-07-05(土)晴れ、暑い日

 今日も、Pythonのスクリプトに関する雑談です。昨日、PyTaskServerの運用のための、(実質)3行のスクリプトPyDingDong.pyの苦心惨憺談を書きましたら、Hiisiさんが返信記事を書いて下さいました。

    Hiisi Proxy 開発後記 「Re: Py???シリーズ その2」

 で、その記事では、きちんとコーディングされ説明コメントまで記入したスクリプトを書いて下さいました。PyBootSound.py です、教材ですね、こういうのが勉強になるんですよね。
  有り難うございます。>Hiisiさん
 そのスクリプトは、上記の記事を見て下さい。

 PyBootSound も昨日のPyDingDong も音声ファイルの部分を、いつも聞いている音楽ファイルへのパスに書き換えれば、音楽を再生することができます。二つの違いは下記です。
  PyBootSound:音楽ファイルも必ず最後まで再生できます。
  PyDingDong :最後の行の()内の秒数で打ち切られます。

 さて、その記事のコメントのやりとりで、シャッフル演奏のコーディングの例を教えて下さいました。これは、Tipsの記事(ココ)で、705NKのMusicPlayerでやった内容を、MusicPlayerのないX02NKでも実現するものです。考え方としては頭にあったのですが、いかんせんコーディングは出てきません。 早速、PyDingDong に入れて、PyWakeUp としてみました。

 Hiisiさんの教えて下さったのは下記です。音楽ファイルへのパス名を list(配列)として書いておき、randomで発生させたインデックスで取りだして使うものです。

import random
musics = [
u'E:\\Sounds\\Simple\\music1.mp3',
u'E:\\Sounds\\Simple\\music2.mp3',
u'E:\\Sounds\\Simple\\music3.mp3'
]
MUSIC = musics[random.randint(0, (len() - 1))]

 
 下記がPyDingDongに入れた結果です。PyWakeUpとしてみました。

#-*- coding:utf-8 -*-
# PyWakeUp.py

import e32
import audio
import random

musics = [
u'E:\\Music\\Favorites\011_OMBRA_MAI_FU.mp3',
u'E:\\Music\\Favorites\\013_AVE_MARIA_SCHUBERT.mp3',
u'E:\\Music\\Favorites\\014_AVE_MARIA_GOUNOD.mp3',
u'E:\\Music\\Favorites\\015_SONGS_MY_MOTHER_TAUGHT_ME.mp3',
u'E:\\Music\\Favorites\\016_ON_WINGS_OF_SONG.mp3'
]

MUSIC = musics[random.randint(0, (len(musics) - 1))]

S = audio.Sound.open(MUSIC)
S.set_volume(5)
S.play()
e32.ao_sleep(30)

 何とか動きました。散歩のときに、6分おきに起動するようにして確認していましたが、問題ないようです。確認も結構時間がかかります(笑)。

 この例では、スクリプトの中に直接音楽ファイル名を書いていますが、PyBootSoundと共通に使えるようにと、音楽ファイルのリストを外出しにしてみました。

音楽ファイルを列記したファイルを WakeUp.ini とします。

E:\Music\Favorites\011_OMBRA_MAI_FU.mp3
E:\Music\Favorites\013_AVE_MARIA_SCHUBERT.mp3
E:\Music\Favorites\014_AVE_MARIA_GOUNOD.mp3
E:\Music\Favorites\015_SONGS_MY_MOTHER_TAUGHT_ME.mp3
E:\Music\Favorites\016_ON_WINGS_OF_SONG.mp3

 
 PyWakeUpの書き直したものは下記です。

#-*- coding:utf-8 -*-
# PyWakeUp.py

import e32
import audio
import random

f = open('e:\\python\\WakeUp.ini','r')
fData = f.read()
f.close

musics = fData.split("\n")

MUSIC = musics[random.randint(0, (len(musics) - 1))]

S = audio.Sound.open(MUSIC)
S.set_volume(4)
S.play()
e32.ao_sleep(40)

 これも、散歩しながら確認しましたが、何とか動くようです。ただ、ファイルオープンのエラー処理などは省いているので、このままで良いかとなると疑問がありますが、自分用としては当面これでいくことにします。その間にエラー処理などを勉強します。
 まあ、これを目覚ましに使うかと言うことになると、使用する音楽は選んでおかないといけません。余り静かで心地よくて、余計眠り込んでしまう音楽はまずいですよねえ(笑)。

 ファイルや記事は下記にまとめました。(2008-08-21)

「Python スクリプト 雑記」の
「1.PyTaskserverと使うシリーズ」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

Py???シリーズ その2

2008-07-04(金)雨、のち曇り、のち晴れ

 HiisiさんのPyTaskServerで使うスクリプトPyDingDong.pyの話です。スクリプトの作り方などという話ではなくて、苦労したなあ、、という雑談です。

 昨日の「Py???シリーズ その1」の運用関係の図には、昨日の話に出てこないスクリプトがありました。それが、PyDingDong.pyです。
 これは、その名前の通り、ディンドンと鐘の音(時報とか注意喚起用の時報のために、鐘の音のmp3ファイルの音を鳴らすスクリプトです。

 注意喚起といえば時計アプリのアラームとか、HiisiさんのWEBにあるTips(ココです)のごとく、MediaPlayerなどで音楽をならしても良い訳ですが、これらは起動された後で止めるとか、アプリを終了させる操作が必要です。そこまでの必要はない、、単純にディンドンと一回音が鳴ってくれればよい、、と言うときに必要なスクリプトを作ろうというわけです。

 使い方としては、例えば会社だと始業5分前、昼休み5分前、終業時刻などにならすとか、でしょうかねえ。あまり大した利用法ではないですね(汗)。

 とはいえ、Pythonのマニュアル、コマンドのリファレンスどころか、「Pythonチュートリアル」の本も30ページ読んだだけで放り出してある状態で、ゼロから書けるわけがありません(汗)。
 そこで参考になるスクリプトがあります。PyTaskServerに同梱されているPyVoiceAlarm.pyです。このスクリプトは、ライブラリaudio.pyのsayコマンドを使って、ひらがなで書いてあるテキストを発声させて目覚ましにしようというスクリプトです。この例では「おきてください」などという文章を発生させます。
 audio.pyにはopenとかplay等もあるので、再生できるのではないかと考えたわけです。

PyVoiceAlarm.pyです。

Voicealarm

 話が外れますが、この発声機能は木で鼻をくくったような平板な合成音声で、若干不気味です。この目覚ましが早朝、暗い中の頭の上で発声されたら、ぎょっとして飛び起きそうです。もっとも、一発で目が覚めるという効能は有りそうですが、、(笑)。この音声では、、、ということで、チャイムとか鐘の音のmp3ファイルを再生しようと言うわけです。

 PyVoiceAlarm.pyスクリプトを参考に、audio.py のリストを睨み、更に他のスクリプトも見ながら、mp3ファイルを再生するスクリプトをでっち上げてみました。

Dingdong01

 これで実行してみると、Pythonから起動するとOKなのですが、PyTaskSeverからでは音が出ません。色々試行錯誤し、まずは記述をきちんとしてみようと変更してみました。即ち、コマンドをきちんとライブラリのトップからの記述にしてみました。

Dingdong02

これで、色々やっている内に音が出るようになりましたが、出たり出なかったりになることもあります。

結論:
 で、最後に分かりました。問題は最後の行(e32.ao........)を削除したり、時間値(秒数)を小さくすると駄目なことが分かりました。音が出る前に止められてしまうようです。

 分かっている方から見ると何だ、という程度ですが、これでも自分で書いたものが動くと嬉しいものです。大体、プログラム言語の勉強始めは 「Hello World」 の表示から始めるわけですから、、。こうやって、深みにはまってゆくわけです(笑)。

 最終形です。ボリュームコントロール(効いているかどうか不明ですが)も入れて、こうしました。

PyDingDong.py

Dingdong03

「PyDingDong.zip」をダウンロード

 ファイルや記事は下記にまとめました(2008-08-21)

「Python スクリプト 雑記」の
「1.PyTaskserverと使うシリーズ」

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

Py???シリーズ その1

2008-07-03(金)晴れ

 HiisiさんのPythonスクリプトによるアプリの話です。「Py???シリーズ その1」と銘打っていますが、「その2」が有るかどうかは不明です(笑)。

 Hiisiさんは以前から色々とアプリを公開されていますが今回、セットで使うと便利なアプリを公開/バージョンアップされました。全て、Pythonによるアプリです。

Hiisiさんのサイトはここです

今回公開/バージョンアップされたアプリは下記の通りです。

  PyTaskServer V.002
  PyReboot       V.002
  PyNTP           V.011
  PyWeather      V.010 (注1)
  PyStation
    PyStation Weather          天気予報 (PyWeatherと連動)
    PyStation News                総合ニュース
    PyStation Sports             スポーツニュース
    PyStation Entertainment   芸能ニュース

 この中で中心は「PyTaskServer」です。これは常駐して、指定した時刻にアプリを起動するアプリです。アプリと起動時刻は PyTaskServer.ini に書きます。
 このアプリを使って各アプリを起動することで、毎日を便利にしようとするものです。

 起動するアプリは .exe ファイルだけでなく、Pythonスクリプト(XXX.py のファイル)も起動できます。但し、起動できるスクリプトの条件がありますので、PyTaskServer のReadMe.txtを良く読んで下さい。(私はこれではまってしまいました。)

注意:
 なお、PyReboot、PyWeather は以前のバージョンは常駐と自動起動の機能が有りましたが、今回からその機能は無くなりました。即ち、時刻での起動は PyTaskServer を使います。

 PyNTP、PyWeather はインストールしたら、一回アイコンをクリックして起動させます。このときアクセスポイントや地域の指定などを行います。この内容はiniファイルに書き込まれ、次回からはユーザへの質問が出ないので、 PyTaskServer から起動させて使うことができます。

 さて、私も色々試行錯誤しながら、運用方法を考えました。現状は下図のような関係で使うことを考えています。左側のアプリが矢印の右側のアプリを起動します。
 この中で、PyRebootはまだ設定を有効にしていません。まあ、毎日再起動する必要を感じていないこともありますので、、、。(図はクリックすると大きな図が出ます。)

Pytasksvr01_2

(図が間違っていたので訂正しました。PyRebootが間違ってました。)

 今後、どの様なアプリを入れていくか、楽しみな面もあります。
 

(注1)
 今日現在のPyWeatherはバグがあるそうです。天気予報表示を「2日」にすると1日しか表示されないので、一週間の指定にします。
 また、PyTaskServerからの起動は必ず、PyStation Weatherを挟みます。(PyTaskServer.iniではPyStationWeather.pyを指定します。)

 使うときの詳細は、各アプリに同梱されているReadMe.txtを良く読んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

穏やかな日

2008-07-02(水)晴れ

 穏やかな日でした。穏やかというのは、久しぶりにからっとした晴れでまずまずの天気だったというのと、久しぶりに携帯電話の話ではない、、と言う意味です(笑)。携帯電話とかHP200LXのことを書こうと思うのですが、頭の中がまとまっていないと言うわけです。

 今日も夜はギター合奏の練習です。先日の日曜日、と続けての練習なので、皆いつもよりは弾けているようです。コンサートマスターの席に座っている人が暫く休んでいるので、アルトギターのトップ(メロディーパート)は私一人です。これは、結構きついですね。本番もこの状態だったら、、と思うと冷や汗を流しながらの練習です。本番は10月です。

 現在の練習曲
   ・ドンジョバンニのセレナーデ
   ・ピアノソナタ「悲愴」
   ・マイフェアレディ
   ・ライムライト

 ぼけ防止には良い、指の運動だそうです(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

MMClub オフ会

 冬、或いは夏に恒例になっている「MMClub オフ会」が近づいて来ました。毎回、Y師匠の来日or帰国(どちらが本当なんだろ、、、)にあわせて行われています。
 なかなか面白いオフ会で、いつも楽しみにしています。

MMClub 2008夏 オフ会のご案内 

日時:7月18日(金) 18:30~
場所:松本 デニーズ渚店

 案内とか過去の報告のWEBはこちらです。

http://6326.teacup.com/mmclub/bbs/790

http://mmclub.at.infoseek.co.jp/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凄いなあ~○○○SIM。その2

2008-07-01(火)晴れ、若干曇り

 6月19日に、同じ題名で書いた記事(ココ)の続きです。また、買ってみました。

Dsc02225a

 似ているけど、全く同じ製品ではないですね。プリント配線のパターンが違います。もっとも、ぱっと見たところでは違うけど、結果的には同じ配線のようです。ICは同じものでしょう。前回買ったのは7千円だけど、これは999円、う~ん、この違いは、、と唸ってしまいましたが、前回も納得して買ったので、とやかく言うつもりは有りません。効果を考えると、まあ、いいかと言う感じです。

 なぜ、こんなに買ったかというと、、、予備と、あとは友人がiPhoneを買ったら、試してみたいという理由です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »