« X02NK SymSMB その4(日本化その2) | トップページ | X02NK 時刻あわせ その2 pyNTP »

2008年5月20日 (火)

X02NK 時刻あわせ その1 DayTime

1008-05-20(火)雨、曇り、晴れ

 以前、auのある携帯電話を愛用していたとき、その携帯電話はauのネットワークに流れている時刻情報で自動的に時刻あわせをしてくれる機種でした。それほど、時計や携帯電話の時刻表示にシビアではなかった(*1)のですが、自動的に補正されるのは便利ではありました。
 現在使っている携帯電話(Nokia)には、本来そのような機能がついているはずですが、ネットワークサポートがないので、機能していないようです。

 *1:会議には5分前に出るようにしていたし、電車でも飛び乗るようなタイミングで駅に行くようなことはしなかったので、時計は数秒から数十秒進んでいれば問題なしとしていました(笑)。

 とはいえ、電話で117以外に時刻が分かるというのも便利かなと思い、DayTimeというJavaのアプリを入れてみました。以前、705NKに入れたときは、うまく動かなかったので諦めていましたが、再度確認してみました。再度ダウンロードしてみました。jarファイルは変わっているようにも見えなかったのですが、jadファイルは変わっていました。

   DayTime ダウンロードはココです。

 このアプリは時刻サーバからデータを取得して、日時を表示してくれるアプリです。携帯電話への設定はしてくれません。
 試してみましたところ、うまく動きました。日時は表示だけで、設定してくれるわけでは内ですが、便利かもしれません。

Sscx0042  実行した結果です。問題なく動くようです。


 

Sscx0043  これが時刻サーバ登録画面です。1つ入っているのは最初から入っているものです。このサーバでは、上図のように動きました。どういうサーバを設定すればいいのかは、理解できていません。国内のNTPサーバを設定してみたのですが、うまくいきませんでした。
 このまま使えばいいか、、と思っています。


 

Sscx0044  これは設定画面です。これで、自分が携帯電話に設定している都市の時刻ゾーン(GMTからの時刻のずれ、日本は+9時間)を設定しておけば、一番上の図のように時刻を直して表示してくれます。


 

 

|

« X02NK SymSMB その4(日本化その2) | トップページ | X02NK 時刻あわせ その2 pyNTP »

携帯電話アプリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/41268927

この記事へのトラックバック一覧です: X02NK 時刻あわせ その1 DayTime:

« X02NK SymSMB その4(日本化その2) | トップページ | X02NK 時刻あわせ その2 pyNTP »